東海道を歩くブログ!舞阪宿~新居宿~白洲賀宿~二川宿では駅のはずが・・

浜松駅での宿泊は、キヨスクの前で寝ていて、
ラッシュ時になりびっくりで起きました。

今日は、浜松宿から舞阪宿そして浜名湖の出口の新居宿
から白州賀宿そして宿泊先の二川宿まで
これまでの最長を歩きました。

今夜の宿泊先は、二川の駅の中のつもりで安心していましたが、
最後に大どんでん返しがありました^^;

スポンサードリンク

東海道53次を歩く旅で浜松宿は浜松駅に宿泊しその朝は?

浜松駅では、売店のキヨスク前あたりに、
三人それぞれ寝袋で寝てました。

そうすると、夜中にキヨスクのドアの中から
何か音がするので、眠気まなこで起きると、
荷物が通るので起きて欲しいと。

自分も半分意識が飛んでいる状態で、
二人を起こして避けてまた寝ました。

そうしてまた朝の6時頃にキヨスクのおばちゃんが、
荷物を通すので避けて欲しいと言われ
3人とも起きてしまいましま。

それは、考えなくても当たり前のことで、
売店の前に寝袋で3人寝ていては、
営業妨害と言われても仕方ないくらいです(笑)

寝袋からチャックを開けて周りを見たら、
結構人が歩いてました。

もちろん変な目では見られましたが(笑)
改めて見ると結構ベンチで寝て夜を明かしてる人がいて、
そういうものなんだなぁ〜と同類に親近覚えました。

駅の洗面所で歯磨きをしていても、
同じようように、歯磨きをしている人がいたりでした。

そうして、ラッシュ時間にさしかう7時過ぎに、
浜松駅を離れました。

高塚をすぎた所で、パンと牛乳を買って朝食を済ませてから、
そのまま浜名湖の端のところまで来ました。

弁天島を挟んでの療法の橋は、
釣りや投網をする人達が多く、
15分くらい見てました。

スポンサードリンク

その後浜名湖を渡って、
新居の関所跡まで行き、資料館に入って
色々な古い品や文書を見て、昔のこの辺りの様子を偲びました。

新居の関所跡で写真を撮った後に、
みやげ物やでお土産を買って、昼食もとって
1時半くらいに出発しました。

東海道53次で舞阪宿、新居宿、白洲賀宿とこれまでで最長歩きました!

心配した雨が降りだし、歩いている間はポツポツ降ったりやんだりしていましたが、
白洲賀野の坂を登ったあたりで激しくなってきました。

私以外は、カッパを着て私は傘を差して歩きましたが、
そのまま白洲賀の町へと下って行きました。

1号線に入るころにはかなり濡れてきて、
二川方面に向かう車のはげしい往来の横を
濡れながら歩きました。

途中1号線沿いだったら喫茶店があるだろうと思い、
そこで休憩する予定でしたが、まったくなかったですが、
二川手前1キロくらいでレストランを見つけました。

そして、やっとの思いでレストランへ入ったのですが、
お店の人の愛想が悪くて居心地が悪くジュースを飲んで、
すぐに出てしましました。

そして、二川の町に入り、長い町並みを歩いて、
二川の駅に到着しました。

東海道53次の二川宿での今日の宿は二川駅のはずでしたが・・・そして感動の宿が!

二川の駅ですこし休んでから、
夕食を食べに行ってふたたび二川駅に戻ってきました。

この駅は、さびれてはいますが、
戸があるので寒さをしのげて快適に寝れそうでした。

念のため、一人が駅員さんにここで泊まっていいか聞いてきたら、
なんとこの戸は締めてしまうので泊まるのはダメだと言われてしまいました!

もう一人も駅員さんのところに行って頼んだのですが、
やっぱりだめでした^^;

これは想定外で、慌てふためいていると、
駅に一人だけいた若い人が松音寺なら泊めてくれるかも知れないと
親切に道順まで教えてくれました。

二川駅から1キロくらい歩いて、
松音寺に着いた頃には午後十時くらいでした。

着いたお寺に住居では、
テレビのにぎやかな音がしていて、
中を呼んでもその音に消されてなかなか気づいてくれませんでした。

そして、10分くらい呼び続けた末、
奥さんなのか女性の方が出てきてくれました。

そして、事情を説明して、学生証をみせて、
なんと止めて頂けることになりました^^v

藤沢のあのお寺とはえらい違いでしたが、
ほんとうにありがたかったです。

そして、部屋に案内されたのですが、
もう普通のちゃんとした部屋で感激しました。

察するに、テニスコートが一面あるのですが、
ここに寝泊まりのして合宿ができるようになっているようでした。

三人で感激しながら、久しぶりにマッサージをお互いにして、
寝袋を床に敷いてぐっすり寝ました。

こうしたちゃんとした部屋で寝るのも、
沼津の旅館以来でしたが、寒さもなく快適に寝ることができました。

本当に、松音寺さんには感謝しますが、
いつも夜になるとどこか寝るところがないとすごく不安になりますが、
毎度なんとかなるのが本当に映画の主人公のようにスリルがあります。

最後に

今日も、また色々なハプニングがありましたが、
またしても温かい人たちの助けによって解決できました。

これから先も色々なことがたぶん起きると思いますが、
映画の主人公のように、ワクワクしながら明日も歩きたいと思います♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする