アマチュア無線一戸建てのアンテナは屋根かベランダでhfを楽しむ!

中学時代に始めたアマチュア無線ですが、
30年以上ぶりに一戸建てを買ったのを機会にまた始めました。

もともとDXが好きでしたが、
海外の人と英語で話して英語の勉強になればいいくらいの気持ちでした。

しかし、再度はじめて1ヶ月も経ったら
ぞっこんのめり込んで行って貧弱な設備では物足りなくなりました。

人間の欲は困ったものですが、
だんだんエスカレートしていったのですがそこで事件が起きました。

派手にアンテナを倒してしまったのです!

その事故後にはもうアマチュア無線は近所の手前と妻の反対で
もうあきらめていました。

でも、どうしてもやりたくて何とかアマチュア無線ができないものか、
軽くて安心、でもDXができるアンテナを探しました。

そしてやっと理想のアンテナを見つけて、
今がアマチュア無線のDXを楽しんでいます。

そして、ベランダにアンテナも増やして
出れるバンドの幅を広げてますますアクティブになりました。

私のこの体験をお伝えしながら、
安心してアンテナを上げての楽しめる方法をお伝えします。

スポンサードリンク

アマチュア無線で一戸建でアンテナを倒したその大事件のいきさつ

30年以上振りに再開したアマチュア無線ですが、
最初はベランダにあげた3.5,7,14,21,28のマルチバンドのバーチカルでした。

最初はそれで満足してたのですが、
DX好きの私にとってすぐに不満を覚えました。

14や21で皆がDXを楽しんでいるのに
私には、せいぜい近場の国しかできませんでした。

それで、再開して2ヶ月も経たないうちに
4mのルーフタワーに14,21,28のマルチバンドの八木を上げましたが、
それはまるで別世界でDXが楽しくてしょうがありませんでした。

そのルーフタワーは、ネットで探した比較的自宅に近い業者さんで
すぐに自宅を確認してルーフタワーとアンテナを設置してくれました。

しかし、人間の欲というものは仕方ないもので、
次に7と10メガをやりたくなりました。

そして、また同じ業者さんと相談して
大丈夫だと言うことで4エレ八木の上にロータリーダイポールを上げ
またバンドが広がりました。

そして、その年の暮の押しせまった風の強い
土曜の夕方にその事件は起きました。

今日は木枯らしが吹いて風が強いなと思いながら
無線を楽しんでいまいたが、少し家がゆれたなぁと思った瞬間
上の屋根の方でドーンと音がしました。

一瞬何事かわからなかったのですが、
すぐにもしかしてを思いベランダから屋根をのぞくと
あるはずのアンテナが見えない!

あわてて外に出てみると
4エレとロータリーダイポールが倒れて道路の上で
電柱の支線にひっかかっている状態でした。

幸い電線に支障はなかったのですが、
どちらにしても一大事です。

すぐに工事店に電話をして事情を話すと
すぐに駆けつけてくれました。

ただ、風も強く引き上げることもできないし、
どうすることもできなく次の日にクレーン車をもって
撤去してもうしかなくなりました。

後から考えると道路にも落下しなくて、
近隣にも倒れなく、ちょうど電柱の支線にひっかかっていて
ここしかないという所に倒れていて不幸中の幸いでした。

次の日の日曜はすごくいい天気でしたが、
朝から近所の人がたくさん見てさらし者になり
本当に恥ずかしかったです。

日曜ということもあり、クレーン車が手配つかずに
夕方になるということで、妻にも日中はあんたはいないからいいけど
家にいる私が恥だと散々言われました。

この原因は、ルーフタワーのステーが壁に打ってあったのですが、
下地のないところだったり、ちゃんと打ってなくいい加減の手抜き工事でした。

もちろん屋根の補修費は出してもらいましたが、
保険に入っていましたので金額的にはマイナスにはなりませんでした。

スポンサードリンク

この大事件のためもうアマチュア無線はできないと
真剣に思い妻にも迷惑かけられないと思いあきらめました。

でも、1年も経たないうちに
アマチュア無線の虫が騒ぎはじめてどうにもならなくなりました。

アマチュア無線を屋根にアンテナを上げてDXを安心に楽しむ方法

そうなんです。無意識に何とかまたアンテナを
あげてアマチュア無線ができないものか探していました。

基本的には、もし倒れても他に危害を与えることのない
軽くて小さいアンテナを探してました。

もちろんある程度ゲインがあって、
DXを楽しめるアンテナでないと意味がありません。

そう考えると、どうしてもワイヤー系のアンテナになりますが、
HFでダイポールアンテナだけでも結構スペースを取るのと、
敷地が狭いのと3階建ての家が災いしてうまく張れない感じでした。

デルタループとか短縮形の八木アンテナなど
あらゆるものを検討していました。

でも、どうしても何か問題があり
いいアンテナがありませんでした。

そうしていた時、アマチュア無線の雑誌を見ていて
ついによさそうなアンテナを発見しまいた!

それは、重さが8.5しかなく回転半径も3mくらいで、
フルサイズの2エレの八木アンテナくらいの性能があるとのことでした。

そして、14,18,21,24,28の5バンド出ることができます!
パワーも1KWまでいけるまさにすぐれものです。

これなら例え倒れても屋根の中で完結するので
なんとか説得すれば大丈夫。

私はどしてもアマチュア無線がやりたくて、
説明書を作って妻を説得し、近隣にも説明してまわり了承を得ました^^;

そして念願のアンテナを再度上げることができ、
今はまたDXを楽しんでいます。

このアンテナは、本当によく飛び
CWを入れて280エンティティくらいまで100Wで
稼ぐこともできています。

難点は、10万以上の結構高いアンテナですが、
私としては、保険金が入ってましたので躊躇なく買うことができました。

もちろん今度は違う業者の方にお願いしましたが、
こちらの業者さんはていねいにやっていただきました。

アマチュア無線のアンテナでhfを本格的にベランダで楽しむ方法

一時はもうアマチュア無線ライフも終わりで
あきらめるくらいまで行ったなかでの新しいアンテナでは
もう満足できるはずでした。

それが、また悪い欲が出てきてしまい、
どうしても3.5はあきらめるとしても7と10に出たくなりました。

それにDXができるアンテナを
上げたくなったわけです(笑)

基本的にダイポールかスローパーくらいで検討しましたが、
どうしても敷地が限界ありダメでした。

前と同じロータリーダイポールを
今のアンテナの下に付けることも考えましたが、
屋根に近すぎて輻射角が高くてDXには向かないと思いました。

それで色々探した中で、2バンドのバーチカルアンテナを見つけ、
結構よさそうなのでそれを買うことにしました。

ただ、上の方にトラップコイルが入っているので
トップヘビーのためステーを張らないとダメな感じでした。

そこでベランダにつけるときに、振れ止めのステーを
4方に張れるように工夫して建てました。

ラジアル線を出して調整しましたが、
なかなかむずかしかったでしがなんとか追い込みました。

そして、今ではCWをメインにDXを
2バンドでも楽しんでいます。

まとめ

以上私の波瀾万丈(笑)のアマチュア無線での
屋根のアンテナ騒動を終わります。

少しでも参考になればと思いお伝えしましたが、
アマチュア無線は本当楽しく私は大好きです。

楽しいハムライフを皆さんもお過ごし下さい!

◆◆ アマチュア無線関連記事は以下から ◆◆

⇒ 私が受かったマチュア無線の試験の体験記!1級と2級の違いと勉強法

⇒ マインドマップの活用事例!アマチュア無線でのモールスの交信文章編

スポンサードリンク

コメント

  1. 山本 より:

    初めまして、2エレの八木アンテナくらいの性能のアンテナ・メーカー教えていただけたら幸いです、自分の自宅も狭くタワーを建てるようなスペースもありません、以前屋根に2mの八木と430の八木を上げてましたが台風が怖くて降ろしてしまいました、FHはワイヤーATで楽しんでますが性能はイマイチです。

    • luckyhappyennjoy より:

      山本様 お問い合わせありがとうございます。私が使っているのは、アメリカのHEX BEAMを
      直輸入で買って使っていますが、今は販売していなのかネットで調べても出てこないようです。

      ただ、同じようなものとして以下のものが売っているようです。

      http://www.radio-part.com/ca137/140/

      是非調べてあげられそうでしたら試してみて下さい。
      かなり私が満足しています。