結婚式の司会を頼まれた時の披露宴での原稿の作り方【体験談あり】

私が大学時代からの友だちに、
どうしても私に結婚式の司会をしてほしいと頼まれた時は、
はっきり言って目が点になりました(笑)

と言うのは、私は結婚式場での披露宴には
生まれてから一度も経験したことがありませんでした^^;

その私が、どうしてもの友だちの頼みごとに
何とか無事に終えることができた結婚式での
披露宴の司会にについて経験談をお伝えしたいと思います。

参考になれば幸いで~す!

スポンサードリンク

一度も結婚式に出たことのがないのに結婚式の司会を頼まれたら受けるべき?/h2>

生まれて一度も結婚式を経験したことのない私が、
披露宴の司会を頼まれたのは、ビックリしたけど正直うれしかったです。

なので私は、後先考えないで
1つ返事でやってもいいと言いました。

本当は、それはどれほど大変のなのか?
調べてから返事すべきですが即答したわけです。

正式には、私は結婚式には何度か出ていますが、
それは今ではやらなくなった実家での結婚式でした。

私がまだ実家に住んでいた小さい頃は、
結婚式というと結婚式場を使わないで、お互いの家でやっていました。

つまり、私は上京するまでは、そのお互いの家での結婚式しか経験していなく、
今のような結婚式場での結婚式は出たことがなかったわけです。

結果はとても楽しかったです♪

私は、特段話が上手いわけでもなく、もちろん素人なのでベタベタですが、
それなりに皆さんからは評価を得たと思います。

それに図に乗って、いままでに2回結婚式の司会を経験しました。

もし、あなたが結婚式の披露宴の司会を頼まれたなら、
口下手の私でもで来たので是非トライしてみて下さい!

結婚式の披露宴の司会の原稿の作り方

私がまず始めたのは、結婚式の披露宴がどのようなものか?
理解するための資料集めでした。

結婚式の司会の本を古本屋さんでよさそうな物を
3冊買って読んで勉強しました。

結婚式の司会は、時代によってそれほど変わりがないと思ったので、
古本でさがして節約した訳です。

また、友だちの結婚式で撮ったビデオを借りて、
映像で結婚式の雰囲気をイメージしました。

実際に司会を頼まれてやられた方にもお会いして、
アドバイスを受けました。

こうして結婚式の大体の流れと雰囲気を知ってから、
友だちの新郎新婦とあってどのような内容の披露宴にしたいのか
インタビューして実際のタイムスケジュールを知りました。

新郎新婦がやりたいこと、誰にスピーチを頼み、
誰がどのような出し物をするのかも把握しました。

スポンサードリンク

そしてそれを全体の限られた時間に割り振って、
項目別の詳しいタイムスケジュールを作って行きました。

その中で、どうしても時間配分の中で、
短くしたり省略しなくてはいけないことの出てきます。

また、親戚の誰々がどうしてもスピーチしたがっているとか、
この人が出てこの人が出ないのはおかしいとかのしがらみもあります。

何度かの打合せのなかでようやく時間配分がきまったら、
今度はその項目ごとにどのようなことを言わなくてはいけないのか?
言うセリフを紙にそっくり書いていきました。

そして、各々のセリフの時間も実際にしゃべってみて、
どれくらいで言えるのかも全部書きました。

例えば、13時00分~13時15分まで新郎側挨拶

「次は、新郎側の会社の代表取締役であられます~」

みたいな感じですべての項目について、時間付きでセリフを
すべて書いたファイルを作りました。

もうこれだけできると、そのまま何回も実際に言って練習して
イメージもしながら本番に近い状態にしていきました。

これだけ書いてあれば精神的にも安心で、
実際も安心して進行することができほんとに作ってよかったです。

結婚式で司会を実際に披露宴でやった結果は?

それでは、実際の結婚式の披露宴で、
無事に司会ができたのでしゅうか?

おかげさまで大成功で、
披露宴を終えることができ新郎新婦にも喜ばれました。

100人以上の大きめの披露宴でしたが、
正直全然あがることもなく楽しめました。

会場の下見をしたり、
式場の方とも事前に打ち合わせしていたりで楽勝でした^^v

ただ、残念だったことがひとつあって、
やはりひとりスピーチが長い人がいてスケジュールがずれてしまったことです。

そのため、ひとりの方のスピーチの時間がなくなってしまい、
すごく申し訳ないことをしました。(私のせいではないですが・・・)

このようなことも想定して、
とこかに時間調整できるところを設けたほうがいいかと思います。

まとめ

以上、私のはじめての結婚式場での披露宴で、
はじめての司会をした経験談でした。

備えあれば憂い無しとは言いますが、
準備をおこたらず練習を重ねると何とか司会もできるものです。

プロの司会ももちろんいいですが、
友だちの司会もアットホームな感じでなごんだ披露宴になると思います。

是非、トライしてみてはいかがでしょうか?
いい経験になると思います^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする