飛行機を予約しても乗れない満席の時や乗り遅れした場合の海外対処法

私は、海外旅行が大好きでよく飛行機でいきますが、
その中でいろいろなハプニングもありました。

と言ってもほとんど私のしでかしたものがほとんどですが(笑)
その私の飛行機でのハプニング集をお伝えします。

スポンサードリンク

飛行機を予約しても乗れない失態をしました!

私はいつも飛行機のチケットは、
ネットを使って安いものを見つけて買っています。

つまり、ネットで予約をして事前にネットでチェックインし、
その用紙を空港の航空会社のカウンターに行って荷物を預けて出国します。

ですので、普通は予約ができていれば気象条件や航空会社の都合で
運休にならない限り、また乗り遅れないかぎり飛行機に乗れるはずです。

でも、予約したにもかかわらず二回も
飛行機に乗れないことがありました。

一つは、マレーシアのペナン島に遊びに行くため、
羽田を夜の十二時前に出る格安チケットを買ってました。

そして、ぎりぎりまで仕事をして
急いで羽田へ向かい航空会社のカウンターで事は起きました。

予約の用紙とパスポートを渡して待っていると、
あきれた感じでこのパスポートでは飛行機に乗れないと。

つまり、パスポートの期限がないのでダメだと!

マレーシアでは、パスポートの期限が、
6か月以上残っていないと入国できないと。

きつねにつままれたような事で、
私は何とかならないのか必死にお願いしました。

すると、乗ってマレーシアの空港まで行くのはいいけど、
向こうの入国の時に前科がついて強制に帰させられると。

さすがに私はあきらめました。

そして、格安の飛行機とホテルを予約してたので、
すべてのお金が帰らぬものとなりました。

私としては、予約の時にパスポートの情報も送ってるのに、
なぜ知らせてくれなかったのか食いつきましたがどうにもなりません。

結構、そういう人が多いみたいで、航空会社のスタッフとしては、
またどうしようもない人が出たみたいな言い方でした。

東南アジアは、パスポートの期限が
6か月残っていなければいけない国が多いので気を付けた方がいいです。

もう一つ私の恥をお伝えいますが、
これは予約以前の思い違いです。

それは、パリに旅行に行く時の話ですが、
急な話で行くことになったのですが、
いつものようにネットでなるべく安いチケットを見つけて予約を入れました。

そして、明日の午前中に成田を立つという前の日が仕事で遅くなり、
自宅に帰ったのは0時を過ぎた当日の1時ころになってしまいました。

準備もしてると2時もまわってそろそろパソコンを開いて
予約の紙をプリントアウトしようと画面を開いて唖然!

あなたの予約は、完了していませんとか出ている・・・

眠いのもあって夢ではないか?
何かの間違いではと思って何回画面を見てもダメ。

そこで航空会社に何とか連絡取れて調べてもらったら、
パスポートの名前を書くところの名前と苗字を逆に書いていたようでした^^;

航空会社の人もメールと送ったり、
電話をしてくれたらしいのですが私の返事がなかったと・・・

メールは、1日にかなり来るので見逃していて、
電話も知らない番号は売り込みかも知らないのでまず出ません。

従ってもうこの時間ではどうにもなりませんが、
よかったのは予約ができてなかったので支払も当然してなかった事です。

先ほどのお金が戻ってこないよりはましですが、
どちらにしても私のちょんぼです^^;

何とか、当日の午後便がとれたので
少し高くなり現地が夜中に着く便になってしまいましたが何とかパリに着きました。

教訓ですが、予約したらまず画面で確かめてから
その時にプリントアウトすると言うことです。

飛行機を予約してたのに満席で乗れない事態に!

今度は、パリからの帰りに起きた、
またまたのハプニングです。

と言っても、今度は私のミスではないです(笑)

空港には早めに着いたのですが、
けっこうカウンターに人が並んでいたので
急ぐこともないし椅子でのんびりしてようとのんびりしていました。

そして、休んだあとにそろそろと思い、
カウンターあたりに行ったら何か変な雰囲気が漂っていました。

真剣に航空会社の人と話している人がちらほら、
俺には関係ないと思っていたら俺のところに来て信じられない言葉が・・・

スポンサードリンク

申し訳ないけどもう満席になってあなたは乗れませんと!

エッどういう事? ちゃんと予約してあるんだけど。
と、言ってもだめ。

そうしてると、日本人のスタッフが来て言うには、
前に週に大雪がヨーロッパに降って日本に帰れない人が多くいて、
順繰りに乗っていてこの便もそういう人で満席だと。

そうは言われても帰った次の日は大事な仕事もあり、
絶対に帰らないといけない。

先方としては、8万くらいお金を払うので
何とか明日にしてくれないかと。

もし仕事がなければ、お金をもらって1日いられるのはいいけど、
外せない仕事があったのでどうしてもダメでした。

私以外にも何人か乗れない人がいて、
誰の帰りたいと言ってました。

何とかしてほしいと食い下がりましたが、
チョット待っていてほしいと言われ待ってました。

そうして、しばらしてスタッフがきて
あなたは大丈夫だから乗っていいと。

何とか出発の時間にも間に合って、
無事に予定通りに日本へ帰ってきました。

どうやら、私の近くに新婚のカップルがいたのですが、
その二人が1日のばしてくれたようです。

その時わかっていればお礼も言えたのですが
カップルにとってはプレゼントだったかも知れませんが・・・^^

飛行機を乗り遅れたのが海外の場合はどうする?

最後にもう一つ、私のまたまたの最新チョンボですが、
こうなったらもうどうしようもない自分がいます。

そうです!ちゃんと予約していても、
乗り遅れたら当然飛行機に乗れませんよね^^;

それをしでかしました。
それも海外での帰りの便でした。

それもフライトの2時間半前にはちゃんと
空港に着いていたのですが・・・

今回はお連れ様のいましたが、
早く着いたので俺はカフェで仕事してるから、
お土産見てきたら。

なんて余裕かまして、スタバで仕事をしていましたが、
だんだん会社とのやり取りが加熱してきて、ハッと気づいたら
もう1時間以上も経ってるではないですか!

これはまずいと連れを探しましたが、
買い物に熱中しているのか戻ってきません。

やっと戻って来たのであわててカウンターに行きましたが、
カウンターは閉まっていました。

聞こうと思っても見事誰もいなくて、
しようもないですが、LCCの場合は特にきびしいようです。

日本の航空会社だと少しくらい待っててくれたりしますが、
LCCではまったくダメですごく慣れている感じでした。

よく見ると、隣のその航空会社のサービスカウンターには、
10人くらいの人が並んでいました。

やはり、乗り遅れた人たちみたいですが、
私の後ろの中国人の学生風の3人が話しかけてきました。

今日はもうだめなのか?私はどうするのか?とか
色々聞いてきましたが私もまだどうするかはっきりと決まってなかったので
返事のしようもありませんでした。

並んでやっと順番がきたので、
払い戻しできないか聞いたけどダメで明日の便が取れるか聞きました。

幸いあるとのことでほしいようなら1時間後に
また同じカウンターに来てほしいと。

その間にお連れと他の便がないか?ホテルはあるのか?
二人で検索しましたが、夜中の成田への便がありました。

それで帰ってもいいのですが、
車が羽田の一般パーキングに停めていたので、
成田から遠いのであきらめました。

それで街のホテルがとれたので
一泊して次の同じ便でやはり帰ることにしました。

格安で来た今回の旅行でしたが、一般料金になってしましましたけど、
もう1日すごく楽しめましたので良かったです♪

今回の教訓でも、やはり早めにチェックインして荷物も預け
それから時間を見はからかって買い物などすべきだと。

出国の審査をすぎてから
買い物などするのが一番安心だと思います。

まとめ

以上私のお恥ずかしい飛行機のチョンボなど
お伝えしましたが、自分でもちょっと多いと改めて感じました(笑)

こうしてみての教訓は、ちゃんと確認することと、
早めの余裕のある行動だと思いました。

皆さんは、このようなことのないようにして、
素敵な旅行を楽しんで下さいね~♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする