銀山温泉へのアクセス東京から車で冬季に体験!所要時間はどれくらい?

山形の人気の銀山温泉へ東京から車で行ったのですが、
途中で雪がひどくなりノーマルタイヤだったので、
途中で車をあきらめて送迎バスで行きました。

まだ雪の積もらない11月半ばでしたが、
思わぬ雪でしたが結果的に雪景色の銀山温泉に行けたので、
逆にラッキーでした~♪

車を置いたのもただでしたし、
送迎バスでしたので無料でホテルまで行けました。

冬季の銀山温泉でも比較的危なくない
来るまでのおすすめのアクセス方法をお伝えします。

スポンサードリンク

銀山温泉へのアクセスは、東京から車では新しく2通りになります!

東京から銀山温泉へのアクセスは、
従来の方法では、東北自動車道から村田JCTから山形自動車道に入り、
山形JCTから東北中央自動車道に入る方法が一般的です。

しかし、いよいよ東北中央自動車道が福島JCTから山形JCTまで開通したので、
こちらの方が30分程度早くなってきました。

まだ、ナビでもでないようですが、
いまなら途中が無料のところがあるのでお得ですよ~♪

今はまだ東北中央自動車道は、
山形を過ぎて東根までしか開通していません。

そこからは、下に降りて国道278号線を通って
少し行って山形北バイパスを走ります。

そして、大石田あたりで右の山に向かってはしり、
尾花沢市を通って、銀山温泉へと行きます。

私も、山形まで順調に走りましたが、
天気予報で強い冬型といってましたが、
地元の人たちも11月に雪が降ってもすぐに
とけるから大丈夫と言われ安心していました。

すると、雪がますますひどくなり、
途中でもうノーマルではこれ以上無理そうな感じになってきました^^;

銀山温泉へのアクセスで冬季にノーマルで向かったのですが・・・

山形北バイパスを降りたあたりから、
雪が本降りになってきました。

そして大石田あたりでは、
道路に雪がどんどん積もってきました。

さすがにノーマルでは、
これ以上行くのは山道もあり
危険なので車をどこかに置くしかないと思いました。

そして、宿泊するホテルでは、
大石田駅までの無料の送迎があることも知っていました。

そして、大石田駅には無料のパーキングスペースが
かなり広い敷地なのでありがたいです。

この無料のパーキングは駅のロータリーの隣の
広い敷地にありますがありがたいです。

スポンサードリンク

大石田駅に着いた頃はけっこう雪が多くて、
ギブアップで荷物をコンパクトに持ってバスに乗りました。

そして、山に向かって走り、
はじめての銀山温泉に無事に到着しました!

当日の夜朝まで雪が積もると最悪ですし、
ちゃんと帰れるか心配でした。

最悪チェーンでも買おうかと思ましたが、
次に日には除雪してくれていて
思った以上に少なく溶けていてホッとしました。

銀山温泉へのアクセスの所要時間は?

まず、東京から従来の方法で東北自動車像と
山形自動車道などで使って東根まで行きます。

ゆっくり高速を走って東根まで、
東京から5~6時間くらいはかかると思います。

今回のように大石田に車を置いて銀山温泉に
送迎バスで行くと大体30分くらいですので、
待ち時間を入れても7時間くらいで着くことになります。

尚、大石田駅から銀山温泉へは、路線バスを使っても行けますが、
料金は思ったより高くて700円くらいはしたと思います。

まとめ

以上東京から銀山温泉までの
来るまでのアクセス方法をお伝えしました。

今回、私の経験では11月のめずらしい雪に会い
思わぬ事態になってしまいました。

しかし、結果的にはそれほどロスもなく
車を大石田駅に止めて無料送迎バスに乗りました。

そして、雪景色の銀山温泉を体験でき
逆にラッキーでした。

大石田駅あたりから、山の方の銀山温泉へは
例えスノータイヤであっても道がせまく
危険なので今回の方法は安全でおすすめできると思ます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする