銀山温泉の古勢起屋別館宿泊ブログ♪部屋と温泉そして朝食までの紹介

山形の銀山温泉にはじめて行ってきましたが、
なかなかすばらしい温泉でした。

11月半ばにノーマルタイヤで行きましたが、
思わぬ雪で大変なことになりましたが、問題なく着きました。

そして、逆に思ってみなかった雪化粧の
銀山温泉を見ることができ妻も大満足でした♪

そのハプニングの銀山温泉でしたが、
泊まった古勢起屋別館の紹介ブログをお伝えします。

スポンサードリンク

銀山温泉の古勢起屋別館の宿泊体験ブログ

今回泊まったプランは、【寛ぎ和室とベッド付き和室★2間続きの山側客室】
源泉かけ流し!銀山温泉で山形の旬の味覚を味わう!と言うプランでした。

金額は、夕・朝2食付2名で30,000円(税別)でした。

本当は、川側がよかったのですが、残念ながら
急に決まった旅行だったので川側が空いていませんでした。

この古勢起屋別館を選んだ理由は、
金額と評価と空いている旅館を検索した中で決めました。

最終的には、楽天トラベルさんに決めましたが、
ある程度評価が高くて金額も高めの中では予算内だったことです。

外観もいい感じだったので、
それも選択肢に多少あったと思います。

実際に、泊まってみて旅館自体は、
正直普通でしたが本館の銀山荘よりこの古勢起屋別館の方が、
たとえ山側であっても温泉街に泊まれてよかったです。

でも、もう一度来るとすると、
絶対に川側に泊まりたいと思います。

今回泊まった部屋から見えたのは、
隣の旅館の壁でした(笑)

銀山温泉の古勢起屋別館の部屋と温泉について

まず、今回泊まりました部屋について、
紹介したいと思います。

泊まったのは、3階のエレベーター出てすぐの角部屋でした。

カギは、昔ながらのにぎり玉の取っ手の
中央に差して回して開ける簡単なものでした。

出る時は、部屋側の取っ手の中央部分のボタンを
押してから閉める感じです。

入って少し驚いたのが、入り口を入って
普通ふすまなどの建具があってその次に部屋がありますが、
それがなく入り口入ってすぐ部屋でした。

部屋の中は一般的な感じですが、
奥の部屋にベッドがあり小型のテレビもありました。

当日は、その年はじめての雪化粧で寒い日でしたが、
セントラルヒーティングになっていて、部屋ごとの温度調節ができなく、
フロントに電話して温度を上げてもらいました。

奥のベッドの部屋にはエアコンがありましたので、
寝る時には寒さの心配はないです。

中は入っていませんが、
冷蔵庫と金庫もあります。

テレビは有料テレビはなく、
普通のテレビだけが見れました。

そして、難点としては、トイレとバスがついてない部屋で、
特にトイレは共有トイレでしたので少し不便でした。

次に、温泉ですが雪のなかやっとチェックインしたのが午後5時くらいで
食事が6時からと6時半からでしたが、遅い方にしてもらって
本館の銀山荘のお風呂に入ることにしました。

送迎バスが出ていますのでその時間に合わせて、
3件くらい隣の橋のところで乗って銀山荘へ行きました。

送迎バスだと5分くらいで着いてしまいますので、ストレスなく移動できました。

移動の間の防寒着は用意されていますので、
浴衣の上に防寒着を着て移動します。

銀山荘では、フロントに別館の宿泊者と一声かけると
何もなくそのままお風呂に行けます。

お風呂は、広めの室内風呂とそのままつながって
外の露天風呂があります。

夜でしたので景観はわからなかったですが、
雪がけっこうはげしく降っていて屋根が端にしかなく
端っこで雪をみながらの露天風呂でした。

その下にさらに寝ながら入れる風呂があったのですが、
さすがに雪がはげしいのと寒いので下まで降りませんでした。

ただ、あとから彼女のきいたら、屋根があって雪は大丈夫だったので、
ちゃんと寝風呂にも入ったと言っていました。

のんびりとお風呂で過ごしてから、
無料送迎のバスの時間にあわせて、
ロビーのラウンジで待ち合わせて帰りました。

スポンサードリンク

もちろん古勢起屋別荘にもお風呂がありますが、
内風呂だけで男性はひょうたんの形をしていました。

朝に入りましたが、ひょうたんの狭くなっているところから
熱さが変わっていましたが先の方がだれも入っていなかったので
かなり熱くて入れませんでした。

また、外湯もありますが、
次に日にひとつ入りましたがそこも熱くてはいれなく
かなり水を入れてゆもみをして入りました。

何故か公衆便所と一緒の入り口で(笑)
こんな外湯もはじめての体験でした。

銀山温泉の古勢起屋別館 の夕食と朝食は満足!

次に、古勢起屋別館の2回の食事について
紹介いたします。

夕方は、先ほど言いました通り、
6時半の遅い方の時間にしていただき
銀山荘のお風呂のあとに食べました。

飲み物は、部屋に最初に入った時に
食事の飲み物を聞かれましたので生ビールを頼んでいました。

食事は、2階の食事部屋で他の方も同じ部屋で
いただくようになっています。

畳座敷ですが、座テーブルのため
私的には畳に座ってはきついのでよかったです。

そして、風呂上りのお決まりの生ビールを
最初にいただきました。

そして、料理の方もかなりボリューム満点で
美味しく頂きました。

かなりお腹がいっぱいになりましたが、
最後に抹茶が出たのはよかったです!

次に、朝食ですが同じ共同の部屋で
一番早い時間の7時15分からでいただきました。

朝食も充実していて、私的にも昨夜もたくさん食べたので
これくらいで十分で満足でした。

まとめ

以上、はじめての銀山温泉の古勢起屋別館の
ブログ内容をお伝えしました。

うわさ通りの素敵な温泉街を
雪化粧でみれたのは本当にラッキーでした!

SNSにアップしてもかなりの反響があり、
その人気ぶりが伺えます。

是非今度は、川側を予約して、
のんびり温泉三昧したいと思います♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする