リフォームの見積もりの依頼はどこへ頼むのか?数社への依頼の方法

自宅をリフォームする時に、
どこへ頼んだらいいのか迷うところです。

同じ工事をしてもかなりの差が出るのも事実ですが、
ただ安いだけでも心配な面があります。

と言う私の会社もリフォーム工事をやっていますが、
立場的にはリフォーム工事店になると思います。

リフォームの工事店からみた
リフォームをするのにおすすめの方法をお伝えします。

私どもはリフォームはメインでやっていませんので、
決して売り込みのではなく正直な視点でお伝えしますのでご安心下さい。

スポンサードリンク

リフォームの見積もりの依頼はどこの頼めばいいの?

リフォームをしたい場合にどこへ頼めばいいのか?
業者の目からの視点で正直にお伝えします。

まず最初に言えるのが、
リフォームの内容によって変わると言えます。

つまり、単純にクロスやフローリングの張替などの
単純な工事は、地元のリフォーム会社や工務店でいいと思います。

また、トイレの交換やキッチンの交換など機器のみの交換は
それ専門にやっていますホームセンターや家電ショップなどが
安いと思いますし、かなりシステム的に価格も競合があるのでそれなりにこなれています。

たた、実績のあるところの方が何かと
あと後のメンテナンスを考えるといいと思います。

そして、間取り変更や大がかりな工事の場合は、
プランナーや建築士などの設計力やインテリアコーディネート力のある
ところに頼んだ方がいいと思います。

また、ハウスメーカーに新築時頼んでいる場合は、
構造に絡むような工事の場合は、構造に詳しいまた同じ部材を使える
同じハウスメーカのリフォーム部門の方が安心おけると思います。

また、かなり高級なリフォームをお考えの時は、
ハウスメーカー系のリフォーム会社・デザインリフォームをしているリフォーム会社・百貨店などに
頼むといいと思いますが、ホームページに施工例が出ていると思いますのでそのグレード感で
どれくらいの施工をやっているのか実績がわかると思います。

建築士に頼む場合は、施工会社を建築士の方ですすめてくれると思いますが、
どれくらいの実績があるのかチェックはした方がいいでです。

リフォームの相見積を数社から取る方法

ある程度どこに頼むかしぼられたら、
相見積の依頼を数社にするようになります。

3社くらいでいいと思いますが、
見積もり依頼からの対応もチェックした方がいいです。

まず下見をしてもらい、そこの建築図などの資料があれば渡した方が
より正確な見積もりができると思います。

もし、リフォームが間仕切りをかえたり
インテリアのコーディネートなどをしてより快適な空間を作ってもらいたく
色々は提案を希望されている場合は以下の点中止してください。

下見の時に、インテリアコーディネーターや建築士の資格をもったプランナーなどと、
工事の責任者など技術的にスキルのある人が来ているかが重要です。

スポンサードリンク

営業マンだけとか、工事の人だけでは、
いいリフォームプランにならなかったりします。

もしリフォームを頼んだ場合に、
どれだけちゃんと現場を把握しているか?
はすごく重要なことですので。

読みがあまいと実際に工事が始まって
壁を壊してみらら配管が出ていたとか、梁があったとか
色々なことが出てきて追加で支払う金額が予想以上に膨らむ場合がよくあります。

下見の手際よさ、下見のするのに施主さんにどれくらい気づかいしているか?
あいさつひとつにしても、違いが出るものなのでしっかりと見て下さい。

最終的にリフォームはどこへ頼むのがいいの?

リフォームの相見積を数社にとって
出てきたプランがどうなのか?

予算を含めて検討することになりますが、
まずは気に入ったプランがあるかです。

気に入ったプラント見積が予算と見合えばいいでしょうが
オーバーしている場合は、仕様を落とすとか今のプランをもとに
減案を提示してもらうといいと思います。

また、クロスやフローリング等単価を比較しやすいものなど
項目別に比較してみてください。

その場合でも、明細がちゃんと出ていて、1式で表示されているものが多いと
あまりちゃんとしていない可能性あります。

また、見積に含まれているものと含まれていないものが
ちゃんと書かれているかもチェックして下さい。

リフォーム工事でフタを開けてみたら
それは見てなかったとか、別途とか言われて問題になる場合は多いです。

そして、数社のなかで完全にダメと思ったところは除いて
よさそうなところで決めればいいと思います。

ただ、新築でもリフォームでも会社の違いより
工事やコーディネーターの技量による違いのほうが大きいです。

なかなかこちらでは選べないですが、
契約する前に人気の担当者をつける条件で契約するのも
ひとつの手だと思いますが、もし担当者を変えてほしいときでも
約束が違うとの事で変えてもらうのにも言いやすくなると思います。

このようにどこに頼むかは、リフォームの規模にもよりますが、
やはり実績のあるところが安心です。

最後に、数社に相見積もりをとって自分に気に入ったプランに対して、
見積が高く減案でも追いつかなくなった場合に、
そのプランの図面を使って他の所に見積を取ることはモラル的にオススメできません。

どうしてもそのプランで予算があわなく他の所に見積を取る場合は
もともとのプランを作ったところに事情をはなしてちゃんと
話を通してからのほうがいいと思います。

まとめ

自宅のリフォームをやる場合の
見積の依頼の仕方からどこに最終的に頼むのか?
について業者の立場からお伝えしました。

お伝えしたように、リフォームの規模や内容によって
どこへ頼むのがいいのか違ってきます。

その内容が得意な業者の数社に相見積もりをとって
比較しながら良い業者を決めて、その会社でもいい担当者を
付けてもらえるようにされるのが理想です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする