日記を書いて夢を叶える方法とは?5年日記のおすすめと書き方とコツ

私は、5年日記をつけていますが、
この日記によって夢を叶えることができました!

毎日でなくてもいいですが、自分の夢を書いていると
不思議なことにその夢が叶ってしまいます。

もし、自分の夢が叶ったらいいですよね?
私は5年日記をおすすめしますが、
その書き方やコツをお伝えします。

スポンサードリンク

日記を書いて夢を叶えることは本当にできるの?

日記を書いて夢が叶えられたら
本当に夢のような話ですね(笑)

でも、実際に私はこれまでに
日記に自分の夢を書いてその通りになってきました。

ほんとうに不思議なことなのですが、
これまでに何回もありましたので日記のおかげ
といってもいいのではと思います。

また、そのようなことがあると楽しいですし、
ワクワクしながらその日の出来事を記すのは
楽しいことではないでしょうか?

では、どんなことが実際に起こったのでしょうか?

日記に夢を書くのですが、
その中でタイに行きたいと前から書いていました。

海外旅行は大好きですが、
タイには行ったことがなかったので
一度は行ってみたいと思っただけです。

そうしていたある日、友達から夜に電話があり、
「旅費も食事代も出すので、お土産代くらいで手ぶらで
タイに一緒に行ってほしい。」という内容でした。

ほんとうに急な話でしたが、
友達がタイで事業をおこすのに
現地で私のアドバイスが欲しいとのことでした。

今の仕事が忙しくて本当はいける状態ではなかったですが、
長年つきあっている友達なので快諾しました。

そして、その後2回タイに行ってきましたが、
現地では至れり尽くせりで楽しんできました♪

これはほんの一例ですが、
このように夢を日記に書いていると
思いがけないとこから夢が降って湧いてきます。

このように夢が叶うと書いていても楽しいですし、
どんな夢を書こうか?ワクワクしますよね~♪

楽しみながら日記を書くのは、
何かウキウキしてきて楽しいですよ!

5年日記のおすすめ!

日記の書き方にもいろいろあると思いますが、
私は5年日記に手書きで書いています。

パソコンや携帯かけるアプリもあると思いますが、
自分で手で夢を書いた方がより実現性があると思います。

その理由を書くとむずかしくなりますが、
手で書くことで脳が夢を受けとり安くなって
脳が夢の実現のために無意識のうちに働きかけてくれる。

廻りくどいような言い方ですが、
このように思っていただいてもいいと思います。

日記を紙に書く用紙は日記帳でも大学ノートでも
なんでもいいと思います。

ただ、書くより毎年の同じ日に自分がどのようなことがしていたのか、
どんな考えを持っていたのか見比べられるので5年日記が私はおすすめです。

3年では短すぎるし、10年だと厚くなったり書ける文字数が減るので
5年がちょうど私的にはいいです。

私は、高橋の5年日記を使っていますが、
書きやすくてちょうどいい文字数なのでおすすめです。

スポンサードリンク

実際の日記の書き方とコツ

では、実際にどのように私が書いているのか、
内緒にお伝えします(笑)

まず、自分の夢を10個書きます。

そして、その夢の文章のそれぞれの最後に
必ず「~できて感謝してます。」と書きます。

つまり、「~したい。」と希望を書くのではなく、
すでに夢が実現していてそれに感謝していると書くのです。

そのように書いていると、自分の脳は夢が実現したと
勘違いして実現したことを本当に実現した方向へ
働きかけてくれます。

それは、誰に働きかけるかと言うとむずかしくなりますが、
自然というかこの自然界や宇宙を作った誰かになります^^;

ちょっと宗教チックですがそれとは関係なく、
自然のことと理解して下さい。

まぁ固いことは抜きにして、
楽しみながら書いて見てはいかがでしょうか?

10個全部とはいかないかも知れませんが、
ポロポロとそのうちのどれかが実現してくれるかも知れません。

それから、夢が叶うのに、どのようにして叶うのか、
途中のことは一切考えなくていいです。

ただ、何年書いても全然実現しないじゃぁないか!
とか文句や不平は言わないで下さいね。

そういう人は、もともと実現しないように、
なっていますので。

ダメ元で遊ぶ感覚が一番いいです。
また、毎日でなくても自然に書きたい時に書いてもいいです。

また、10個の願い以外にその日のコメントを入れておくと、
毎年のその日のできごとが分かるのでいいです。

まとめ

以上、私の夢が叶う5年日記の
書き方とコツをお伝えしました。

是非、楽しみながら5年日記をつけて見て、
ある日突然夢が叶うかも知れません~♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする