マインドマップの活用事例!アマチュア無線でのモールスの交信文章編

マインドマップは、
アイディア出しの一つとして便利なツールです。

私も愛用していますが、
趣味のアマチュア無線でも活用してみました。

モールスでの交信につかう文章を
覚えるためのものです。

興味のある方は参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

私のマインドマップの活用事例

マインドマップは、
自分の潜在意識にも働きかけて、
色々なアイディアを出してくれます。

私は、手帳の中であるテーマに対して、
その要因をリストアップするためなどに使います。

また、本を読んだ時に、
その内容をまとめるのに使う時もあります。

または、その逆に何かをまとめる時に、
どのような項目をあるのかその要因や項目を
出すのに使う場合もあります。

最近は、手書きでなくて、
パソコンソフトでもたくさん出ていて、
それを使う方がかなり増えてきています。

やはり、手で書いた方が脳が働きやすいので、
ケースバイケースで併用するのがいいと思います。

アマチュア無線のモールスの交信の文章に活用した事例

私の趣味の中にアマチュア無線がありますが、
世界の人達と無線で交信して楽しんでいます。

交信するには、マイクで話す方法と
モールス信号を送って交信する方法があります。

スポンサードリンク

そのモールス信号は、アルファベット各々の英字に
割与えられたモールス信号で英文を作って送ります。

ただ、単語を全部打つと分が長くなるので、
See You を C U とかの略語を使い短縮します。

また、モールスで交信する時は、
かわす英文は、ほとんどお決まりの文章を使います。

例えば、自分の名前や住所の紹介とか、
その時の天気や気温なども伝えたりします。

なので、いつもよく使う英語の文章を
覚えてしますと交信がスムースに行きます。

従って、よく出る文章を覚えるのがいいのですが、
なかなか本番の交信中に出てこないし、
本で探しながらすることはむずかしいです。

そこで、項目ごとに一目でわかるような表があると、
交信がしやすいのではと思いました。

その表の作り方は、ただの文章の一覧表でもいいのですが、
右脳的にさっと出やすいようにマインドマップにしてみました。

こんな感じですが、見てても楽しいし、
見慣れてくると見やすいし、だんだん覚えてもきます。

こんな感じで是非遊び半分に、
作ってみてはいかがでしょうか♪

まとめ

今回は、ちょっとマニアックな話題になりましたが、
アマチュア無線だけでなく、
マインドマップは使いなれると使いやすいです。

マインドマップは、やはり自分で書いてみて
はじめて脳が活性化しますので、
是非ご自分で書いて見てはいかがでしょうか?

スポンサードリンク