紅葉がきれいな日帰り温泉で埼玉県では秩父と飯能がおすすめです!

東京から日帰りで行ける温泉の中で、
紅葉を楽しむとなるとやはり山沿いになります。

そうなると、埼玉・群馬・栃木あたリになると思いますが、
埼玉県に住んでいる私がよく行くおすすめの埼玉の温泉を紹介します。

スポンサードリンク

日帰りで紅葉がきれいな温泉では埼玉県がおすすめ

近場の埼玉県で紅葉を楽しみながらの
おすすめの温泉はたくさんあります。

何と言っても、東京から近い事がメリットですが、
日帰りで余裕を持って紅葉を見ながらの温泉は格別です。

エリア的には、やはり秩父方面が一番だとおもいますが、
それ以外にももっと手前の飯能や北方面の小川あたりの
山の近くがおすすめです。

私は、所沢に住んでいますので
そのエリアによく行っています。

さらに、圏央道が充実して東名高速と東北道につながり、
関越道との連絡もよくなりさらに便利になりました。

やっぱり紅葉が見れる温泉は秩父がメインです!

埼玉県で紅葉が見れる温泉は、
やはり秩父がメインになります。

秩父エリアにはたくさんの
紅葉におすすめの温泉がありますが、
私が好きなおすすめの温泉を2つ紹介します。

まず、鉄板なのが『満願の湯』ですね。

→ http://www.chichibuonsen.co.jp/

秩父では一番有名な温泉だと思いますが、
まだ、行ったことのない方は是非一度は行って下さい。

奥長瀞渓谷にある100%天然温泉ですが、
露天風呂で渓流のせせらぎを聴きながら満願滝も眼下に見れ、
紅葉の樹木のマイナスイオンを浴びながらリラックスできます。

泉質は、水素イオン濃度9.3phの全国でも有数の極めて高いアルカリ性が特徴で、
美肌にもいいので女性の方にもおすすめです。

もう一つ、私のお気に入りを紹介しますが、
こちらはどちらかと言うとその温泉に行くまでの
ドライブや散歩で紅葉を楽しんでいただくコースです。

ちょっと遠くになりますが、秩父から奥に入って
秩父湖あたりの紅葉を楽しみます。

そして、そこから山の上にあるパワースポットでも有名な
三峯神社は紅葉を皆上がら車で登ります。

この三峯神社は、よくこんな所にこんな立派な神社を
建てたものだと感心するくらい立派で神秘的です。

そして、私がおすすめなのは、この三峯神社内にある
『三峰神の湯』です。

スポンサードリンク

→ http://www.mitsuminejinja.or.jp/kounkaku/onsen/
ここでは、残念ながら露天風呂はありませんが、
泉質はナトリウムー塩化温泉で、含有成分の種類が多く、
また含有量も多く優秀で関東でも1,2を誇る温泉だそうです。

朝少し早めに出て、奥秩父を紅葉狩りして
神秘的な三峯神社でパワーもらいながら温泉でリラックスして
余裕をもって帰って来るのはいかがでしょうか?

近場では飯能の紅葉がきれいな温泉がおすすめ

最後に埼玉でもっと近場の紅葉がきれいな
私がお気に入りの温泉を紹介します。

この温泉は本当に気に入っていて
紹介する人は皆ファンになっています。

都心からもわざわざ行く方も多く、
私の知りありでも何人か行ってると聞いてびっくりするくらいです。
それは、飯能近くの宮沢湖の湖畔にあります、
『宮沢湖温泉 喜楽里 別邸』です。

→ http://www.yurakirari.com/kirari-net/miyazawako_top.html

ここの特徴は、
何と言ってものんびりできることです。
私の場合は、1人で4時間くらいいたことがりますが^^;

露天風呂の眺めもいいし、寝そべっていられるお風呂や
たくさんの広い休憩室などとにかくゆるゆるになれます。

また、カップルの方にもおすすめですが、
特に岩盤浴の中に二人だけで入れる洞窟があり
ここでラブラブになれます。

この岩盤浴もついて土日でも1,510円なのはリーズナブルで、
朝9時から夜0時までの遅くまでやっているのも助かります。

電車の方も、西武池袋線の飯能駅からバスで約10分ですので
便利ですが、都心からは池袋からレッドアロー号を利用すると早いです。

90分1,580円のバイキングスタイルのビュッフェで
お風呂上がりにお酒をのんでも最高です。

広いので休日でもムチャ混みの感じは無いですし、
小学生以上しか入館できないのでうるさい子供がいなくて静かです。

また、宮沢湖を散策したり、釣りをしてから
ゆっくりと温泉につかるのもいいと思います。

まとめ

以上埼玉県で行ける紅葉を楽しめる温泉について
私のおすすめを紹介しました。

秩父を中心に、もっと奥から手前の飯能までお伝えしましたが、
出発されるところからの距離を参考に紅葉と温泉を
楽しまれたらと思います。

都心からでも近いですし、
気軽に行ける距離だと思いますので是非参考にして下さい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする