尿漏れの原因とは?男性の40代の対策として簡単な運動での改善体験

尿漏れには、いろいろな原因がありますが、
男性特有の尿漏れがあります。

それは、小便の後に少しだけ尿漏れが起きることで、
40代くらいの男性からだんだん増えていきます。

50代の私も恥ずかしながら、完全に終わったはずなのに、
ズボンのチャックを締めた後に尿漏れが起きる時があります。

この恥ずかしい尿漏れを改善したいため、
私が調べて実行した結果を報告いたします。

スポンサードリンク

尿漏れの原因について男性の40代の場合

尿漏れについては、男女とも高齢になるにつれて
増えてくるのですが、その原因も様々です。

その中で、男性が小便の後に、
少しだけ尿漏れすることが知られています。

これは、追っかけ漏れ(排尿後尿滴下)と言われ、
男性独特のものです。

この原因は、男性の場合に女性と違って、
膀胱から排出するまでの尿道が長いです。

そして、小便後には本来その尿道の尿は、
外は排出されますが、尿道に尿が残っていて
それが外へあとから排出され尿漏れを起こします。

正常の場合は、尿道の周りの筋肉が収縮して
尿を外に導きますが、筋肉の衰えでできなくなります。

スポンサードリンク

尿漏れの対策は、簡単な運動がおすすめ!男性の私も実行しています

男性特有の尿漏れを改善する対策は、
主に3つあると思いますのでご説明します。

一つ目の尿漏れの対策は、
応急的ではありますが防ぐ方法があります。

それは、尿道に溜まった尿を、
外へ出しやすくする方法でミルキングといいます。

これは、小便をして最後の方で、
肛門の手前あたりから睾丸の後ろあたりまで、
手でさすって尿を排出する方法です。

2つ目は、男性用の尿パッドを使う方法ですが、
なかなか抵抗があって使うことができない人が多いと思います。

3つ目は、簡単な運動で尿漏れを改善する方法で、
肛門を締めて尿を出す筋肉を鍛える方法です。

この筋肉は、骨盤底筋といいますが、
高齢になるにつれて弱ってきます。

その方法は、椅子に座っている時や、
立っている時そして寝ている姿勢などで
肛門を締める運動をします。

姿勢を正して、息を少しはきながら、
肛門を5秒程度締めます。

これを5回くらい繰り返しますが、
私は電車を待っている時や座っている時、
そして寝るときなどの合間にやっています。

尿漏れの対策をやって改善できたか?男性特有の問題を解決

前項で男性特有の尿漏れについての対策案を
お伝えしましたが実際に自分でやってみました。

まず、ミルキングをやってみましたが、
思ったより残った尿が出て尿漏れをほとんどしなくなりました。

睾丸の後ろあたりまで指でしごくと、
尿が行きよいよく出てくれます。

このミルキングは、即効性の改善方法として、
男性特有の追っかけ漏れを防ぐことができおすすめの方法です!

次に、肛門を締めつける運動ですが、
通常2か月くらい毎日続けると少しずつ改善が見られるようです。

私は、まだはじめて1カ月くらいですので、
目だった効果は見られませんが、
何となく毎日やっていると改善してきている気がします。

まだ、時間がかかると思いますが、
骨盤底筋をしっかりと鍛えていきたいと思います。

まとめ

以上、男性の尿漏れの原因と対策を
私の実体験でお伝えしました。

私的には、さすがにトイレパッドは使いたくないですが、
ミルキングは即効性があっておすすめです。

そして、長期的には、肛門を締める運動をして、
骨盤底筋を鍛えて尿漏れを改善したいと思います。

この2段構えで尿漏れを改善するのが、
私的にはおすすめなので試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする