尿が出にくい人必見!その原因と結石の疑いのある人の改善方法とは?

40代を過ぎてからだと思うけど
知らぬ間に尿が出にくくなってきました。
最初は気になりませんでしたが、
あまりにも尿のキレが悪くこれはちょっと問題かな?と思い始めました。
そこで頭をよぎるのが、最近よく耳にする
前立腺がんです。
まだ、サラリーマンですので、
一年に一回会社の健康診断がありますので、
追加ではありますが、必ず前立腺がんの検査は受けています。
結果は、いつも異常なしで安心するのですが、
それでも尿が出にくいのが続いています。
もうひとつ、以前に尿管結石をしたことがあり
その再発かもと思ったりもします。

ただ、それもいまのところ検査にはひっかかっていないので
大丈夫のようです。
それでは他に原因があるということですので、
色々自分なりに調べてみましたので同じような症状の方は参考にしてみて下さい。

<!–more–>

<h2>尿が出にくい人の原因にはどんなものがあるの?</h2>
尿意をもよおしてトイレにすぐい行きたくなるのですが、
トイレに行ってもなかなか出ない。
トイレをしていても、後から入ってきた人が
どんどん先に出ていく^^;
どうしても、残尿感があり終わったと思っても
また数滴出てくるので終われない・・・・
このような症状の人は、ほんとうに高年齢の方に
おこることが多いようで私もいよいよ仲間入りのようです(笑)

では、その原因はどこにあるのでしょうか?

それは、尿をつくる腎臓と尿を貯める膀胱

そして尿を排出する尿道のどこかに原因があります。

疲れやすかったり、むくみをともなう場合は、
腎炎やネフローゼ症候群などの、腎臓に異常があることもあります。
また、血尿が出る場合は、尿道に以上がある場合があり、
前立腺肥大症や尿道結石の疑いもあります。

その中で、50代になりますと前立腺肥大症
なる方がかなり増えてくるので以下の症状が出る人はかなり確率が高いです。

・尿の線が細くて勢いがない。

・尿が出にくい。

・トイレが近い。

・トイレに行ってもすっきりしなくて、残尿感がある。

・夜寝ている間に何回もトイレに行く。

・尿を漏らすことが多い。
もちろん、前立腺がんなどのその他の原因もありますので、
尿が出にくい場合が続く時は、一度病院の医師の診断を受けた方がいいです。

<h2>尿が出にくい人はどのようにしたら改善方法は?</h2>

尿が出ない時の改善法は、
利尿作用のある食品をとることがいいです。
また、逆に利尿を抑制するような食品は、
なるべく避けるようにいたいものです。
では、利尿作用のあるものには、
どのようなものがあるのか?また、その食べ方を調べました。
利尿作用のあるものの代表的なものが、
とうがん、きょうり、かぼちゃなどの瓜類があります。
なかでもとうがんは、利尿促進作用がすぐれていて、
むかしから膀胱炎や腎臓病の自宅療法で用いられていたようです。
特に、とうがんスープは症状が重い人に効果的で、
薄切りした500gを600mlの水で、弱火で半分になるまで煮て、
これを一日分として朝夕の二回に分けて飲みます。
もしとうがんが手に入らない場合は、
かんぴょう30gをこの代用にしてもいいです。
次に大豆がおすすめですが、
その中でも黒豆が特にすぐれた補腎・利尿作用があります。
黒豆を味をつけずにやわらかく煮たものを食べてもよいですが、
酢大豆を作って一日10粒から20粒くらい食べるとよいです。
その作り方は、大豆200gを少し洗って乾かしてから、
弱火で皮が破けるくらいにあまりいりすぎないようにいります。
それを、密閉容器に入れてその中にお酢を大豆が全部かぶるくらいに入れて、
一晩おいたら朝から食べることができます。
すっぱいので、そのまま食べることがむずかしい人は、
サラダなどにいれるなど工夫して下さい。
また、魚のイシモチも効果があり、尿が出にくい時や血尿が出る時の
食事療法として昔から用いられ、なるべく塩を使わないで焼いて
何もつけないで食べます。
その他、トウモロコシのヒゲもすぐれた利尿作用があり、
ヒゲ15gを600mlの水で弱火で煎じて漉したものを
1日3回にわけて毎食前か空腹時に服用します。

スポンサードリンク

逆に、利尿を抑制するものに、お餅や赤飯などに使うもち米やぎんなんが
ありますのでなるべく食べないようにします。
<h2>結石の疑いで尿が出にくい人が食べたらいいものと悪いものは?</h2>
私は、以前に尿管結石になったことがあり、
あの今までに経験したことのない痛みをいまだに忘れません。
なので、尿がでにくくなると
あの時の恐怖が脳裏をかすめて心配になります。
と言うのは、一度結石になった人は、
再発することが多いと聞くからです。
現に私の友達でも再発してクセになっている人もいますのでますます心配です。
一応、健康診断では超音波などで結石ができてないか
いつも聞いているので今のところは大丈夫です。
しかし、毎日の生活の中で再発防止に
できることはしておいた方がいいと思っています。
例えば、ホウレンソウをあまり食べないとか、
水分をたくさん取るなどは一応知っています。
ただ、もっとそれ以外にもありますので
そのあたりを調べてみました。
食べない方がいいものは、さきほどのホウレンソウの他、
タケノコがあります。
ともに、しゅう酸が石をつくるもとになるので食べない方がいいと言われていますが、
それも毎日たくさん食べないなら大丈夫です。
それ以外では、肉類の動物性タンパク質チーズバターの取りすぎも
結石の誘因と言われているのであまり食べないようにしたいものです。
では、食べたらいいものはどのようなものがあるのか、
ちょっと意外なものがありますが紹介します。
まずは、クルミです。

以外にも、クルミは尿管結石にはすぐれもので、とくにクルミのゴマ油練りを食べると、
早い人では1~3日で排出することができるようです。
その作り方は、フライパンにゴマ油をしいてカップ1弱のクルミを入れ、
弱火で茶褐色になるまでいります。
次に、クルミをとりだしすり鉢ですってつぶし、
それをまた先ほどのフライパンにもどし弱火であたためカップ1/3の氷砂糖を加えます。
そして、氷砂糖がドロドロに溶けるまで弱火で熱し、
火を止めてある程度冷めてから容器にうつし冷めるまで時々かき混ぜ、
それを一日4~5回、大さじ2杯ずつ食べます。
次の方法として、シイタケがあります。
乾燥シイタケをアルミホイルに包んでフライパンで黒くなるまで焼き、
それをすり鉢などで粉末になるまですりつぶし、
一日二回2gずつお湯か水で飲みます。

最後にもうひとつ驚きの食材が効きます。

それは、魚のタイです。
タイは、昔から造血作用があるとされ、腎臓の機能を助け、
むくみをとり、胃腸の弱い体質を改善してくれると言われています。
また、すごいのは、タイの頭の骨を油をしかないフライパンで、真っ黒になるまで焼きます。

そして、それを細かく砕いて保存し、毎食前に1gずつ食べると
なんと結石が自然ととれると昔から言われているようです。

<h2>まとめ</h2>
以上、私もまさにそうであるように
尿が出にくい場合の原因と改善方法を主に食べ物でお伝えしました。
また、私の心配事である尿管結石の場合に
食べ物で改善できる方法をおつたえしました。
心配事の多いこととは思いますが、まずは病院に行ってみてもらいながら原因を調べて
あとは自分なりに改善できるように食事を工夫してみて下さい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする