中性脂肪とコレステロールが高い人必見!原因と食生活で改善する方法

会社の健康診断うけた結果で、
中性脂肪とコレステロールの値が高くて
ひっかる人も多いと思います。

実は、私も以前に引っかかったことがあり、
途方にくれた時がありました。

それは、営業職から事務職に配置換えになった時で、
ほとんど座りっぱなしで、缶コーヒーを毎日飲んでました。

車通勤なのでほとん動くこともなく、
帰ったらビールを飲んだりしてました。

そして、一年後の健康診断では、
中性脂肪とコレステロールがかなり上がりました。

A~FまでのランクでEの精密検査が必要なランクでしたので、
さっそく病院に行きましたが薬は拒否しました。

でも、このまま放っておくと間違いなく、
動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の道へすすみますので
私なりに勉強して色々実行しました。

それから一年後にはみごと数値は下がりましたが、
それは薬ではなく他の方法で治しました。

その方をふまえて私が調べたことを加えて、
以下にお伝えしますので悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

中性脂肪とコレステロールが高い人の原因は?

中性脂肪やコレステロールが高い人の原因は、
もうだいたいおわかりだと思います。

原因となるものを簡単にまとめると下の感じになります。

①パン、うどん、そば、ラーメン、パスタ、ピザ、グラタン、
やきそば、お好み焼きなどの炭水化物をよく食べる。

②ケーキ、甘いスイーツ、砂糖、甘いお菓子などの糖質の食べ過ぎ。

③バター、霜降り肉、バラ肉、ベーコン、卵黄、エビ、レバーなど
コレステロールをたくさん含むものをよく食べる。

④お酒を飲み過ぎるし、つまみもたくさん食べる。

⑤コーヒーや紅茶をよく飲む。(カフェインがよくないが、
1日6杯以上飲む人は、心筋梗塞になる確率が2倍以上になる)

⑥運動をしない。

これを見ると、ほとんどの方が
ヤバイと思われるのではないでしょうか^^;

私も、健康診断で引っかかった時に思い返すと、
上の項目がすべてあてはまってました(笑)

この時点で私は、健康診断で要精密検査でしたので、
総合病院に行って相談してみました。

もちろんその時には、基準値をけっこう越えていましたが、
医師の方の話しでは、これだけ高いと食生活の改善では
治らないので薬を出すとのことでした。

でも、私はほんらい薬はなるべく飲まない方なので、
一度検討してからにしたとその場では断りました。

そして、自分なりに色々調べて、
みごと基準値以内にどれも下げることに成功しました。

中性脂肪とコレステロールを下げた食生活とは?

私が、やって中性脂肪とコレステロールを下げた方法は、
前の項の原因となるものを徹底的に止めたことです。

前の項に従って、私が方法をお伝えします。

①炭水化物

・私は、朝からご飯3杯でも食べられるくらい食欲旺盛でしたが、
ご飯やパスタなど大盛りで頼まなくなりました。

・食事は、腹8分目にしてますが、最初はきつかったですが
今はだいぶなれました。

・うどんやラーメンを食べる時は、野菜など具の多いもの頼みます。

②糖類

・甘いものを食べれないのはけっこうきついですが(笑)
これはまったく止めるのではなくなるべく控える感じです。

・かりんとうやチョコがだいすきですが、
これはお酒でも言えますが、家に置いておかないことです。

・甘い缶コーヒーもなるべく飲まないで、ブラックにしました。

③コレステロールの高い食品

・これは、もうそうしたものをなるべく食べなくしました。

・たらこ、いくら、ウニ、すじこなど魚卵もやめました。

・卵とエビは極端に多く食べなければいいと思い食べてます。

。肉も牛はさけて、豚か鳥を食べますが、主体は魚にしてます。

④お酒

・ビールを毎日特に夏は飲んでましたが、
炭酸水とか発泡酒とかして毎日飲まないようにしてます。

・お酒といっしょにつまみを食べすぎないようにしてます。

⑤コーヒー・紅茶などカフェイン

・砂糖は少なめで、ノンカフェインのものも買って
その時の雰囲気で代るがわる飲んでます。

・牛乳も低脂肪のものを入れて飲んでます。

⑥運動

スポンサードリンク

・会社までの以前は車でしたが、5キロくらいなので
自転車痛勤にかえました。

・なるべくエスカレーターやエレベーターを
使わないで階段を歩くようにしてます。

・自宅で、家でできる簡単な筋トレや体操をしています。

以上の内容が私が改善した方法ですが、
これをかなり厳密にやったわけではなくゆるゆるにやりました。

やはり、あまり厳密にやり過ぎると
続かないのはわかっているのでマイペースがいいです。

これらを始める時は最初、
ちょっと抵抗がありますがそこを乗り越えて下さい。

そうしていくうちに、
だんだん慣れてくると思います。

中性脂肪とコレステロールを改善するその他に大事なポイント!

これまで、私が改善した方法を
お伝えしましたがさらにもう少し大事なポイント
ありますのでお伝えしますので参考にして下さい。

①一口10回かんで、早食いを止める。

・ようは、食べ過ぎを予防するのが一番なのですが、
そのためにゆっくり食べることが一番効果的です。

②間食を止める。

・10時と15時あたりの時に小腹がすきますが、
食べないにこしたことがないですが、低糖のものにする。

③飲料は砂糖を避ける。

・濃縮還元ジュース、清涼飲料水、スポーツドリンク、缶コーヒー
カフェのカフェオレなどにはかなりの砂糖が入ってるので止める。

・飲むなら、水、お茶、無糖のコーヒーや紅茶、人工甘味料を使用した
ゼロキロカロリー飲料以外はなるべく週1~2本にする。

④炭水化物は、連続2回続けて食べない。

・お昼は、ラーメン食べて夜はスパゲティなど続けないようにします。

・餃子やしゅうまいの皮も炭水化物なので、ラーメン餃子もさけます。

⑤揚げ物は、食べてもいいが工夫する。

・衣が厚いほどカロリーが高いが、素揚げ→唐揚→天ぷら→フライの順に
だんだん厚くなるので注文の参考にする。

・天丼や天ぷらうどんは、ヤバそうならご飯やうどんを少し残す。

⑥お酒の肴は、ヌルヌル・ネバネバしたものを頼む。

・腸からの糖質や脂質の吸収を抑えてくれる、オクラ、里芋、山芋、海藻類を頼む。

・具体的には、もずく酢、ワカメときゅうりの酢の物、里芋の煮物、山芋の千切りなど。

⑦脂と油を意識して、なるべく脂を避ける。

・脂は、脂身の牛や豚肉などで不飽和脂肪酸といい、肝臓で合成されるコレステロールの
原料になり、バターやチーズ、生クリーム、マーガリン、ショートニング、ココナツオイル
などもこの仲間になり、常温で固まる脂なので取らにようにします。

・油は、サラダ油、ごま油、オリーブ油、魚油などの植物性脂肪で、常温でも固まらなく、
不飽和脂肪酸とも言われある程度はとってもいいです。

⑧甘いお菓子がどうしても食べたい時は、和菓子にする。

・プリン、ショートケーキ、クッキー、カステラ、ドーナツの原料は、
すべてコレステロール食品なので避けたい。

・どうしてもなら、みつ豆、大福、みたらし団子などは、糖分は多いが、
コレステロールを上げるような食品はないのでこちらのほうがまだいい。

・アイスクリームは、乳脂肪なので食べない。どうしてもなら小さいものにするか、
シャーベットやかき氷にする。

⑨コレステロール改善の味方のきのこ類、海藻類、大豆製品を毎日欠かさない。

・コレステロールを下げる食品で、もっとも使いやすいきのこ類を冷蔵庫にいつも入れておく。

・海藻類やこんにゃくもかなりおすすめ。

・豆腐、油揚げ、がんもどき、おからなど酒の肴にもよいが、特に高野豆腐はおすすめ。

⑩お酒の肴として、内臓系と魚卵系はなるべく避ける。

・塩辛、あん肝、レバー、ミノ、砂肝、モツ鍋、ホルモン、
魚の血合いなどは酒のツマミでも避ける。

・いくら、たらこ、すじこ、からすみ、キャビアなどは、ほどほどにする。

・二次会のつまみで出るポテトチップスやチョコもなるべくひかえる。

まとめ

以上、中性脂肪とコレステロールを
下げる方法を私の体験をもとにお伝えしました。

けっこう我慢する必要がある方も
多いと思います。

しかし、動脈硬化などは一旦硬化すると、
もとに戻らないようです。

命にかかわることですので、
いっぺんに出なくていいと思いますが、
できることを少しずつでもやったほうがいいです。

スポンサードリンク