30代女性で独身の場合の保険料の平均は?おすすめ保険と会社の選び方

30代も半ばでまだ独身だけどこのまま結婚の予定もなく、
これからの事を考えることも多くなると思います。

保険も忙しさにかまけて入りそびれていまい、
入らないわけにはいかないのでそろそろ入らないとヤバい。

30代の独身女性の人が保険に入るための
いろいろな情報をまとめましたので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

30代の女性で独身の人が払ってる保険料は平均でいくら?

最初に、30代の独身ん女性はいったいどれくらいの保険料を
払っているのか調べてみました。

基本に日本人の保険加入率は、男女とも80%くらいの人が加入していて、
欧米の50%くらいに比べてもかなり高い加入率です。

それだけ、保険に感心があることだと思いますが、
自分が入ってないことが稀だと言うことがわかります。

では、独身の女性の方はどれくらいの加入率か、
ニッセイ基礎研究所の「平成21年度生命保険マーケット調査」
で垣間見ることができます。

その調査報告によりますと、独身の女性の生命保険加入率は、
20代が46.1%,30代が71.6%,40代が84.6%との結果です。

また、参考に既婚者を含む女性全体では、
20代が52.1%,30代が86.0%,40代が91.9%と高くなっています。

これを逆に言えば、独身女性のほうが、
保険に入ってない人が多いことがわかります。

さらに、その中で一番おおく入っている保険は、
医療保険・入院保険になります。

その加入率は、20代が64.2%,30代が70.7%,40代が54.5%で
いずれの年代でも一番多いです。

その次に多いのが終身保険ですが、その中でも独身の女性には、
個人年金保険が関心あるようです。

その加入率は、20代が4.2%,30代が20.7%,40代が22.7%となっていて、
30代以上の独身女性の加入率が一気に増えています。

また、その中でも変額個人年金保険は、20代が0%,30代が3.4%,40代が9.1%と、
こちらは40代の独身女性の方が急に増えています。

変額個人年金保険は、自分にもどる将来の年金額が運用成績でかわりますが、
老後の生活資金を準備したい気持ちのあらわれだと思います。

それでは、本題の保険料の件ですが、
いったいどれくらい皆さん払っているのでしょうか?

こちらは、生命保険文化センターの「平成25年度生活保障に関する調査」の
データーよりその傾向がわかります。

それによると、独身女性の約半分の人が、年間に支払う保険料が12万円未満
つまり毎月の支払が1万円未満だと言うことです。

この金額は、低いと思いますが、死亡保障つきの定期保険や終身保険に
加入している方が少なく、保険料を抑えているためだと思います。

でも、これでいいのかというと、ちょっと不十分だと思いますので
次項でその点についてお伝えします。

30代の独身に必要な保険は女性の場合には何がおすすめ?

前項で、30代の独身女性にとって、
老後を考えての保険に関心があることがわかりました。

では、どのようなものがおすすめなのか、
たくさんある保険の中でどのように選ぶのかまとめてみました。

まずは、皆さん一番人気のある医療保険について
具体的にどのような内容がおすすめか以下にまとめました。

スポンサードリンク

・女性の平均寿命は、約84歳で男性より長生きですが、
今後も医療技術の進歩で伸びる可能性あるが、食生活の
欧米化や生活習慣の変化で病気のリスクは高くなる。

・少子高齢化による社会保障制度の資金不足が深刻化していくので
国民の自己負担の率が高くなるかの性があるます。

・自己で今後切り抜いていく力が必要のため、
このような中での生きるために保障がさらに重要になっていく。

・120日型の保険がおすすめですが、それはいつどんな病気になるか
わかりませんし、平均の入院数は、約35日ですがもっと長くかかる病気も
あるので備えは万全がいいです。

・入院日数限度は、1000日以上は必要です。

・保険料の支払期間は、短期払い方法の60歳までまたは30年など期間を定めたものと、
一生払いの二通りがありますが、後者の方が支払額がやすいのでおすすめです。

・がん保険に加入するかどうかで医療保険の選び方が変わるので、
まずはがん保険を調べた上で衣装保険を選ぶのがよい。

・がん保険は、徹底的にがんと戦えるような十分な
保証内容が必要ですので、数回支払や上皮内がんも50%以上給付される内容の診断給付金や
入院日数無制限の保障内容である。

・医療相談や専門医の紹介のサービスや
セカンドオピニオンの付帯サービスががついてること。

次に、生命保険の基本である終身保険
皆さん加入されてます。

終身保険に入る時のポイントになるのは、
やはり死亡保険金についてです。

これらをふまえて以下にまとめましたので
参考に下みて下さい。

・死亡保険金は、いつ、誰に、いくら残すかで決めるのがよい。

・葬儀費用、身の回りの整理資金などを考えて300万くらいがよいのでは。

・独身女性の場合は、それほど死亡保険金の額を高く設定しない人が多い。

・定額終身保険(保険金も解約金も加入時に決められてもので約束される)

・変額終身保険(支払った保険料を株式や債券に投資してその運用実績で
保険金も解約金も変動する自己責任型ですが、死亡保険金は保証される)

・外貨建終身保険(アメリカやオーストラリアドルで外貨預金する感じで、
運用は日本円よりいいが為替のリスクが有る)

・死亡保険金の支払以外に、病気やケガでの入院や手術した時に保険金がでるものあるが、
女性だけの特有の病気や成人病での入院に特化したものもある。

・貯蓄型と掛け捨て型があるが、この低金利時代には貯蓄型はメリットがないので、
掛け捨て型がおすすめ。

・県民共済や全労済、通販の保険会社なども選択肢としてある。

以上独身の女性が多く入る保険について
お伝えしました。

安心で信頼できる保険会社の選び方

では、最後に保険会社の選び方について、
簡単ではありますがまとめてみました。

・保険会社に相談するとどうしても自分のところの商品をすすめるので、
第三者的な、友人や親戚、知人に聞くのもいい。特に、その人が
ファイナンシャルプランナーであればなおさらよい。

・どうしてもこわいのが保険会社の破綻ですが、
そのためにソルベンシーマージン比率(保険会社から引き受けた保険金に、どれくらいの積み増し
をしているかをはかる比率)が400以上の高い会社を選ぶ。

スタンダート&プアーズ社の保険会社の評価も参考にでき、
Aの数が多い会社ほど安定した保険会社といえます。

・外資系は、保険料が安いですがいろいろなリスクも高いので、
十分に検討した方がいいです。

まとめ

以上、私なりにまとめてみましたが、
保険は多種多様にあるのでむずかしい面があります。

もちろん、その人によっての条件もまちまちですので、
一概にこの保険がいいとは言えない場合もあります。

また、保険会社の営業の人は、どうしても高い保険料のものを
狙って色々付けて提案してくると思いますので注意が必要です。

付帯していていい面もありますが、
そのためにコストアップになる面もあります。

従って、自分の条件だったら
これはあってもあまり意味がないと思うものは外して下さい。

そして、今後のために安心して毎日おくれることを、
私も願っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする