子連れBBQのお役立ち情報!おすすめ持ち物と子供が喜ぶ遊びとメニュー

屋外でBBQするのは気持ちがよくて楽しくて、
是非子供にもその楽しさを味あわせてあげたいと思いますよね。

でも、子連れでBBQをやるのははじめての経験なので、
どんな用意をしたらいのか、どんなことをして遊んだらいいのか、
よく考えたらわからないものです。

私の子供はおおきくなってしましましたが、
アウトドアは大好きでよく子供とBBQに行ったものです。

そんな私の家の経験をもとに子連れでBBQに行く場合の
お役立ち情報をまとめましたのでよろしければ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

子連れのBBQであると便利な持ち物と注意事項とは?

子連れのBBQでどんな持ち物が必要なのかは、
季節と場所によって少し変わります。

しかし、あると言えども日が強く暑い日もありますし、
逆に寒い日もありますのでどちらの場合も含みます。

また、年齢によっても変わりますが、
比較的小さい子供という事にいたしますね。

では、まず一般的にBBQで必要なもの
ざっと以下に並べますので忘れ物のないようにして下さい。

□ 包丁・果物ナイフ・ナイフ

□ まな板

□ お皿 (調理前用と後要、取り皿、盛皿、大中小)

□ コップ・マグカップ

□ ボウル・ザル

□ お箸・菜箸・フォーク・ナイフ

□ アルミホイル・サランラップ

□ キッチンペーパー・紙ナプキン

□ ウエットティッシュ

□ ゴミ袋(分別用に何枚か)

□ ジッパーパック・タッパン

□ ビニール袋・ビニール袋クリップ

□ 油さし

□ ピーラー

□ マジックインキ(コップやお皿に名前書くため)

□ 調理用ビニール手袋・キッチンミトン

□ ふきん・タオル

□ 鉄板・バーベキュグリル・バーベキューグリル

□ トング(炭用、肉用、魚用、野菜用など分ける)

□ 炭・炭入れ・チャコスタ・火消し壷・消化器

□ 軍手や革グローブ(溶接用など)

□ ライター・チャッカマン・マッチ

□ カセットガストーチ

□ コテ・お玉

□ うちわ・渋団扇・火吹き竹

□ 着火剤(ゲル状のものは、途中で足すのは危険です)

□ クーラーボックス

□ 氷・保冷剤・蓄冷剤

□ 竹串・つまようじ

□ レジャーシート・マット(厚手の方がお尻が痛くない)

□ 椅子

□ テーブル

□ サンシェード

□ 洗剤・ハンドソープ・クレンザ

□ スポンジ・たわし・金たわし

□ 虫除けスプレー・煙のでる蚊取り線香

□ 虫刺され薬

□ 日焼け止め

□ 消毒液・バンドエイド

□ 帽子・日傘

□ 水用ポリタンク

□ タープ

□ ペグハンマー

□ 大きめのブルーシート

□ 道具・食材を入れるカゴや袋・段ボール

□ バケツ

□ ランタン・ヘッドランプ(夜になる時)・懐中電灯

□ CDプレイヤー・CD

さらに、お子さん用として
以下に特に用意するといいです。

□ 多めの着替え(以前川遊びさせていたら、少し傾斜のある石を
滑り台にして遊んで見事穴を開けてしまいました)

□ お昼寝マット

□ おんぶ紐

□ アイスノン(大人用の柔らかいものを夏暑いときに、お昼寝している横に
タオルに巻いて置くといいです。冷えすぎないよう注意して下さい)

□ 小さい保冷剤(おんぶの時に、背中にタオルを巻いて挟む)

□ バスタオル

BBQで子供が喜ぶ遊びとは?

BBQをしながらや終わった後に
子供が喜ぶ遊びはどんなものがあるのでしょうか?

もちろん、その会場あたりに遊ぶ遊戯や施設があると
そちらに行って遊ぶのもいいです。

例えば、釣り、アスレチック、遊園地、遊具、川や海で遊ぶ、スポーツ、
動物園、体験コーナー、ハイキングなどです。

その他のものとして私の経験から以下のような遊びを
BBQの時にやると子どもたちも喜ぶと思います。

・シャボン玉

スポンサードリンク

・水風船

・水鉄砲(あまり水の勢いが強くないもの)

・ビニールプール

・スイカ割り

・釣り竿・魚すくい網

・ビーチボール・バドミント

・花火(打ち上げはNG.)・風よけ

・バドミント・キャッチボール道具

・昆虫捕り用網

子連れのBBQで子供が喜ぶおすすめメニューとは?

やはりBBQのよいところは、いつもの自宅やレストランと違って
外部の気持ちのよい場所で、自分たちで作りながらたべることです。

その中で、子供たちが喜ぶメニューを
以下紹介したいと思います。

もちろん焼肉や魚介類など一般的なBBQの食材でも
子どもたちは喜ぶと思いますので今回は省略します。

ただ、ひとつ注意しなくては行けないのは、
特に小さい幼児の場合では、おとなと違ったものを食べさせると
自分だけ違うものを食べさせられていると嫌がる場合あります。

なので、一見おとなと同じものを食べていると
思わせるようにお母さんが大人用としてあるものを
分けてあげるようなイメージがいいと思います。

皮なしウインナーなども人気ありますが、
串焼きも子供が喜びます。

例えば、マシュマロ焼きやつくね焼き。
そして、ピザ用のチーズと味を付けたご飯で混ぜご飯をつくり
一口サイズにして串焼きにしても美味しいです。

また、ウインナーをパンに挟んでにしても喜ばれます。
また、おにぎりを持っていって焼きおにぎりにしても美味しいです。

さつまいもを生のままで新聞を何重にかに包んで、
それを濡らしてから火に入れると美味しくできます。
新聞紙は焦げても大丈夫です。

もちろん定番のアルミホイル焼きは、
じゃがいもなど色々できます。

どうしてもソース味に最後のほうでは飽きてくるので、
デザートとして、かき氷、杏仁豆腐、アイスクリームなども
お口直しにいいと思います。

まとめ

以上、ざっと私の経験をもとに
子連れのBBQの準備についてまとめました。

最後に、重要なことをお伝えしますが、
それは子供の安全性のことです。

よくニュースでも河原に遊びに来ていた子供が
溺れて亡くなるなどのニュースをききます。

ちょっと目をはなしただけで、
こともは何をするかも分かりません。

BBQの会場に来た時に、
まずまわりがどんな地形なのか、川は深くないのか、
崖や危ない箇所はないのかよく調べて下さい。

また、複数のグループで遊びに来ている場合は、
料理をしている時などに、目を話さないように
ひとり子供管理の担当者を決めた方がいいです。

調理の場所も火を使いますし、
危ない道具もたくさんありますのでよく注意して下さい。

では、楽しいBBQをお子さんと過ごされて下さい~♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする