社員旅行でおすすめの海外は?【経験談あり】かかる費用と注意点

会社の社員旅行で最近海外に行く会社が
増えてきたように思います。

格安飛行機会社が増えたこともあると思いますが、
ほんとうに海外旅行が安く行けるようになりました。

ヘタに国内旅行に行くより、
海外旅行に行くほうが安い場合もかなりあります。

そのため私の会社の慰安旅行でも、
過去に3回海外に行きました。

社員にも好評でしたし、
思った以上に私も結構楽しめました。

その私の経験をもとに会社の社員旅行に関して
まとめましたので参考にして下さい。

スポンサードリンク

社員旅行でおすすめの海外は?

日本から海外に社員旅行で行く場合、
たいていが二泊三日ではないでしょうか?

それ以上社員全員で会社を休むことは、
現実問題としてなかなかむずかしいと思います。

なので、飛行機で片道6~7時間くらい
限度ではないでしょうか?

そうした場合にだいたい日本から行けるところは
限られてきますのでハワイなどはなかなか行けないと思います。

そうした中で、海外に社員旅行に行く場合に、
やはり一番人気は台湾だと思います。

現に私の会社でも候補として
海外の場合に台湾が一番人気です。

何故なら、やはり千と千尋の神隠しで有名だったり、
料理も日本人にあって食べやすいこともあると思います。

私の会社の社員旅行では、北京と韓国のソウルと同じく韓国の済州島の
過去3回海外に社員旅行にいきました。

この中で一番私的によかったのは、
中国の北京でした。

確か4万台の安いパックでしたが、
内容がよくてとても満足しました。

万里の長城や故宮博物館ふくめて
天安門や過去の王家の墓などを巡りました。

やはり中国5千年の歴史を感じて
ほんとうに見て満足しました。

私が行ったのは北京オリンピック少し前でしたが、
その時でもスモッグがひどくて、それがなければほんとうにおすすめです!

次に、ソウルですが、市内以外に北朝鮮のとの境まで行きましたが、
ほんとうに実際の見てなんとも言えない緊迫を覚えました。

ソウルの場合は、BBクリームなどやはり美容に
女性社員も興味があるようでした。

次に済州島ですが、ここは東洋のハワイ?とか言われているようですが、
私達が行った時は台風が近づいていたため天候がいまいちでした。

その他の人気なところとしては、
香港、バリ島、グアム・サイパン、セブ島あたりでしょうか。

私がよく行くクアラルンプルやシンガポール、ホーチミン、バンコク
あたりも少し遠いですがおすすめです。

社員旅行で海外に行く場合の費用は?

社員旅行で海外に行く場合の、ホテルや飛行機代は普通は会社で月に2千円くらい
天引きされて年間に2万4千円くらいたまります。

大体の社員旅行に行く会社の支給は半分の時が多いですので、
大体5万くらいが一つの目安になります。

ツアーの費用は、4万から7万くらいが予算なると思いますが、
それらはもう支払っていますので、あとはお小遣いくらいでしょう。

3食代は会社の旅行代金に含まれますので、
自分での飲食やお土産代になります。

大体5万もあればいいと思いますが、
かなりお土産を買う人や夜の遊びなどに行く人はその分かかります。

また、マッサージをやる人も多いですが、
海外はすごく安いですがその分の費用がプラスされます。

スポンサードリンク

社員旅行で海外に行く場合の注意点は?

社員旅行に行く場合の注意点ですが、
実際に何回会って感じたことをお伝えします。

まずは、格安のパックで海外に行く場合に
何故そんなに安く行けるのか疑問に思う人も多いと思います。

それにはちゃんとカラクリがありまして、
コースの途中に何度かお土産屋さんに連れて行かれます。

そこで強引な勧誘や雰囲気で
かなりのお土産をつい買ってしまします。

それがもともとのカラクリでお土産屋さんでお金を落とさせ
バックマージンをもらっているのです。

こんな時もありました。北京に社員旅行に行った時に、
何件かお土産屋さんに案の定連れて行かれたのですが、
こっちの都合でもなく一軒時間が押して寄れなかったのです。

そうしたら、帰国してからお土産屋さんによらなかった
ペナルティーで追加料金の請求が来たのです。

それには社長も激怒したのですが、
もう後の祭りで結局支払ったようです。

もう一つ事件がありました。

社員がひとりソウルに行った時に
みごとパスポートを忘れてきました^^;

あれほど忘れないように言ったのですが、
忘れていまい一緒に行けませんでした。

しかし、その社員は旅行会社の手配で
夕食までにソウルに来ました(笑)

聞くとこの旅行をかなり楽しみにしていたらしく、
どうしても来たかったようで夜のソウルの街に消えていきました(笑)

もちろん社員全員にパスポートを
作ってもらわないといけません。

そこでひとつ注意ですが、
東南アジアの国ではパスポートの期限が
6ヶ月以上必要なところが多いので注意して下さい。

私も一度羽田まで言ってチェックインカウンターで
期限が足りなかったので行けなく飛行代をパーにしたことがあります^^;

まとめ

以上、社員旅行を海外に行く場合のついて、
私の経験をもとにお伝えしました。

昔、バブルで儲かっている会社でも
海外旅行を敬遠するとところが多かったです。

それは、飛行機に社員全員が乗って、
もし飛行機がおちたら会社が潰れてしまうからです。

でも、今は進歩していて交通事故より
事故の確率が少なくなってその考えも薄れつつあります。

みなさんでよい社員旅行ができることを
お祈りしています~♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする