海外での下痢について知りたい方必見!予防法から原因と治し方まで

海外旅行は、日本にないものを経験でき
ほんとうに楽しいですよね。

でも、途中でおなかをこわしてしまい、
下痢をして止まらなくなったりするともう最悪です!

楽しいはずの海外旅行が
地獄のような状態になってしまします^^;

昨年も友達とタイのバンコクに海外旅行に行きましたが、
みごと食べたものにあたって下痢になって寝込んでしまいました。

まわりの友達などに話を聞くと
けっこう下痢をしたと言う人の話を聞きます。

そこで、身近でも出たし今後も海外旅行にいくことが多いので、
海外旅行で下痢をしない方法から治す方法までまとめてみました。

今回の友達の下痢でも、
現地の人に色々なアドバイスをもらいましたのでシェアしたいと思います。

そして、下痢の心配もしないで、
現地のおいしいものを食べて海外旅行を楽しんでもらえましたら幸いです。

スポンサードリンク

海外で下痢をしないための予防法とは?

今回のタイ旅行で友達が下痢をした時に、まっさきに現地の人に言われたのが、
生ものなどヤバそうなものを食べる時は、ご飯と一緒に食べるように言われました。

それは、ご飯がお腹の中に入ってご飯が
発酵して?菌をやっつけてくれるような説明でした。

なので、生もの以外にも辛い食べ物もそうですが、
なるべくご飯をいっしょに食べるようにいしていました。

そのほか、海外で下痢をしないために
どのようにしたらいいのか、以下にまとめてみました。

① 生水は飲まない

・やばそうなら歯磨きもミネラルウォーターで口ゆすいだ方がいいです。

・洗った生野菜もきれいな水にあらっていない可能性があるので
なるべく食べない方がいいです。

・屋台の場合は、食器が汚い水で洗っている可能性があるので、
あまり屋台で食べない方がいいです。

② ミネラルウォーターも飲み過ぎると下痢する場合があります

・ペットボトルのミネラルウォーターだから全部大丈夫と言えなく
軟水から鉱水までいろいろな種類があるので注意して下さい。

・飲んだペットボトルに、普通の水を入れて売っている場合があるので、
キャップがちゃんと新品かかくにんしてから飲む。

・大手のものを飲むか、ポカリスエットやコーラの方がいい場合もあります。

③ ジュースなどに入っている氷も避ける

・ジュースにはいっている氷が普通の水でつくられていることもあるので
なるべく氷を入れないで飲む。

④ もし生のものをどうしても食べたい場合は、1週間くらいしてからにする

・これも現地の人に教えてもらいましたが、1週間くらい現地で食事をするとお腹がなれるので、
それからトライした方がいい。

⑤冷たいものや辛いものをあまり食べたり飲んだりしない

・冷たいものや辛いものは、胃や腸に負担をかけるので
下痢につながりやすいです。

・暴飲暴食やお酒を呑みすぎても負担がかかりますので
胃や腸をいたわるように少し控えめに食べるようにして下さい

⑥食事の前や後に消化剤や胃薬をのむ

・私は、食前や食後に飲むパンシロンを飲んだり、
エビオス錠と言う消化剤を飲んでいます。

・乳酸菌のビオフェルミン錠を飲むといいという人も多いです。

⑦十分な休息や睡眠をとって疲れをためない

・身体が弱ったり疲れていると、どうしても抵抗力がおちて
下痢になりやすいので十分に休息や睡眠を取るようにした方がいいです。

⑧屋台には最初行かないで、室内のレストランで食べる

・屋台は、洗い物もあまりキレイでない水を使い、
全体的に清潔ではないです。

・肉系のものにハエがたかりますので不衛生です。

海外で下痢になった原因は?

海外旅行で下痢になった場合の原因として
考えられるものを以下にまとめました。

①生の魚介類を食べた

・何と言っても一番多い原因ではないでしょうか?
やはり生のものは慣れるまで食べないほうがいいです。

・かならず火を通したもので最初は食べるようにしましょう

・火を通したものでも貝類などたくさん食べないようにして下さい

・ちょっと半生みたいだと思ったら念のためにやめたほうがいいです。

スポンサードリンク

②生のくだものや野菜を食べた

・特に生の野菜は、あまりキレイに洗えてない可能性もあるので、
少しは言いとしてもあまりたくさんは果物とも食べない方がいいです

・果物は比較的大丈夫だとおもいますが、あまりキレイでなところからは
買わない方がいいと思います。

③ジュースや水のお氷を食べた

・ジュースに入っている氷は、水道水とも考えられるので
入れないか入れてあってもすぐに出す。

④熱いものを食べた後に、冷たいものをたべるとお腹を壊しやすいので
あまり冷たいものを飲んだり食べたりしない。

・温かい料理の後にお口直しで冷たいジュースを飲んだり、
アイスクリームなどを食べると胃や腸に負担をかけて下痢をする場合があります。

⑤ミネラルウォーターをたくさん飲まない

・ミネラルウォーターにも軟水から硬水まで色々あるので
なかにはたくさん飲むと下痢をする場合があるの気をつける。

海外で下痢になった時の治し方とは?

では、下痢になってしまった時には、
どのようにすればいいのでしょうか?

私の友達の場合は、屋台で食べたラーメンに入っていた
生のカニかその後に飲んだココナッツミルクの
氷入りのジュースのようでした。

宿泊してたのが、一般のタイの民家でしたので、
ご主人が薬局まで下痢止めを買いに行ってくれました。

その薬が効いたんだと思いますが、
次の日の朝には何とか治り観光に行くことができました。

下痢をした場合の対処の方法を
以下にまとめましたので参考にして下さい。

①なるべくその土地の薬を飲む

・日本で有名な正露丸や赤玉を持っていったほうがいいですが、
実際にのんでも効かない事が多いようです。

・一番いいのは、その地元の薬が一番効くようです。
その土地の風土にあった薬になっているようです。
現に私の友だちもそれで一晩で治りました。

・地元の薬局で買えるように、買うための言葉を調べて
話せるか見せられるようにして、
持っていったほうがいいと思います。

②ひどい場合は、病院に行く

・あまりひどい場合は、病院に行ったほうがいいです。
ただし、カードが使えないので現金をもってないと
見てもらえない所も多いので常に用意しておきましょう

・行く前に保険に入っておくか、クレジットカードでも
保険がついているものもあるので事前に確認しておきましょう。

・下痢止めの注射もありますが、なるべく自然に治りそうなら
病院に行かない方がいいかも知れません。

③下痢をして食慾がなくてもおかゆを食べる

・タイ人のかたから教わったのは、
下痢をして食慾がなくてもおかゆでもいいので
お米を食べたほうが下痢を止めるにはいい。

まとめ

以上、私の経験を含めて海外旅行で下痢をした場合に
どのようにすればいいのかまとめました。

油断すると、ちょっとしたことでも
下痢をしてしますので気をぬかないようにして下さいね。

美味しいものを食べて、
素敵な思い出深い海外旅行を楽しんでください~山口

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする