キッチンのカウンターの選び方を教えます!天板の素材とおすすめは?

私は住宅関係のしていますので、
キッチンの販売もたくさん行ってきました。

その中でキッチンを購入する時に、
カウンターを何にするかよく迷われています

最近は特に新しい材料がどんどん出てきていますので、
どれがいいのか?迷うところです。

そこで私の経験と最新情報をもとに
キッチンのカウンターの選び方をお伝えします。

スポンサードリンク

キッチンのカウンターの選び方とは?

キッチンを購入される時に、
どんなキッチンのカウンターがいいのか?
その選ぶ基準をまとめてみましたので参考にして下さい。

①耐久性

・やはりキッチのカウンターでは、かなりハードな条件で使われますので、
傷や水分などに対して大丈夫なものを使いたいものです。

②耐水性

・キッチンのカウンターでは、
シンク周りなど水がかかる事が多いので重要です。

③デザイン性

・やはり見栄えのよい物を使うと扉や部屋のインテリアとも
マッチしてくるとお思います。

④メンテナンスのし易さ

・キッチンのカウンターの上でいろいろなキッチン作業をしてますので、
傷や汚れが付きやすいものはNGです。

⑤加工性がよい

・例えば石を加工するのはかなり大変ですが、
メラミンだと比較的かんたんに着れます。

キッチンのカウンターの天板の素材はどんなものがあるの?

最近は、キッチンのカウンターの材料も
いろいろなものが出てきていますので
以下に整理してまとめてみました。

次に、キッチンのカウンターに適している
おすすめの材料をだいたいですが、コストの安いものから
説明させていただきます。

①メラミン化粧板仕上げ

・メラミン化粧板は、昔はデコラ板と言っていましたが、
表面は固いメラミン樹脂で仕上がっています。

・手前のところは、メラミンを曲げて接着した
ポストフォーム加工がされています。

・メラニン樹脂の板は、1㍉弱ですが丈夫で柄もたくさんあるので
カウンターには向いています。

・ただ、メラミンの下地は、水に弱いMDFやパーティクルボードでは、
水に弱いので耐水合板を使って下さい。

・価格面では、他のものより安いです。

②人工大理石

・草分け的なメーカーでヂュポン社のコーリアンは有名ですが、
アクリル樹脂でできています。

・白系だとだんだん使って入ルうちに水垢できたなくなってきますし、
黒系のものは、仕上げの細かい#1000程度で研磨しています。

③ステンレス

・ステンレスのカウンターは、丈夫でコストパーフォーマンスが
非常にいいと思います。

スポンサードリンク

④クウォーツストーン

・天然石にガラス繊維を混ぜて作った映画です。

・シーザーストーンやサイルストーンなどが有名ですが、
表面は天然石のように固いので丈夫です。

・価格面では天然石より高くなります。

⑤天然石

・天然石はキッチンでは高級感があるので一番いい材料と言ってもいいと思います。

・基本的のに大理石は酸に弱いのであまりおすすめできません。

⑥セラミックパネル

・陶器の大きな板を使うものですが、表面は固いです。

・厚みは5㍉くらいだっと思いますが、陶器そのものです。

キッチンのカウンターでおすすめのものは?

前項でキッチンに使うカウンターの種類を
お伝えしましたが、ではどれがおすすめなのでしょうか?

コストパーフォーマンスで言えば
メラミンになると思います。

アイカのメラミンポストフォーム加工を
使うのがお手頃ですし柄も豊富です。

次におすすめなのが、
クウォーツストンです。

表面がかなり丈夫なのでおすすめです。
サイルストーンでは、抗菌剤も入っているので安心です。

もう一つステンレスのカウンターも
丈夫でサイルストーンくらいの価格だと思います。

まとめ

以上、キッチンのカウンターを選び方を
大体ですが安いものからまとめました。

外見をとるのか?お手入れのしやすとるのか?
あなたの希望によって変わりますのでご検討下さい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする