洗面ボウルのひび割れは補修できるの?できない時の交換方法と費用

洗面ボウルにものを落として、
ひび割れができて困っている方は多いようです。

私も、建築をやっている関係上、
ずいぶんそのような光景をみてきました。

自分の家でもかなりショックだと思いますが、
賃貸だと返す時に弁償しないといけないのでマジ心配ですよね。

なんとか自分でなおすことができないか?
また、交換しなくてはいけないとどれくらいの費用がかかるものなのか?

私がこれまで経験してきた洗面ボウルのひび割れについて、
どのようにするのがいいのかお伝えします。

スポンサードリンク

洗面ボウルのひび割れは補修できるの?

洗面ボウルにひび割れが出来た場合に、
まず確認するのは材質が何かです

いちばん多い洗面ボウルは、
何と言っても白色の陶器製のものだと思います。

白色の陶器にボウルの場合は、
ひび割れに黒い隙間や汚れが入って目立ちやすいです。

その他の洗面ボウルの材質として、
ホーローや樹脂製、ステンレス、ガラスなどがあります。

その中で、ひび割れがおきる可能性のあるものは、
ガラスと樹脂製です。

金属のものはひび割れは起きませんので、
今回の場合には該当しないはずです。

また、ガラスの洗面ボウルは、誰でも材質がガラスだとわかると思いますが、
ガラスの場合は水漏れの可能性がありますので交換するのがいいです。

そして、樹脂製の場合もひびが入る可能性がなとは言えないでしょうが、
陶器よりは丈夫ですので私の経験ではないです。

例えば、デュポン社のコーリアンの場合でも、
シーム材という補修材があります。

シーム材と言いますが、カメオホワイトといったような
ボウルと同じ色のものを使います。

ただし、素人ではむずかしいと思いますので、
プロの方にやってもらったほうがいいです。

水道屋さんではできませんので、
補修屋さんに依頼するようになると思います。

オーダーの家具屋さんに依頼してもできると思いますが、
メーカーさんに問い合わせてもいいかも知れません。

では、本題の陶器の場合の洗面ボウルのひび割れは、
補修できるのでしょうか?

これは、同じ陶器のお茶碗と同じことなのですが、
小さいひび割れでしたら補修でいいと思います。

でも、ひび割れが大きいとお茶碗が完全に割れてしまうように、
洗面ボウルが割れて水が漏れてしまい危険です!

なのでかなりひび割れが大きいようでしたら、
洗面ボウルを交換したほうがいいと思います。

先日も洗面ボウルを交換したいというお客様が
いらっしゃって伺いましたが、完全に割れていて箱の中がみえてました^^;

従って、補修するのはまだ小さい状態の時になりますが、
補修の方法はホームセンターやネットで補修材が売っています

たた、細かい筋だけのひび割れには、
補修はむずかしいのでそのままにするしかないです。

もう1つの補修方法は、プロの補修屋さんに、
補修を頼むことです。

扇面ボウルの補修を専門とするところもあり、
ひび割れを塗装してなおします。

正直どれくらい持つのか疑問もありますが、
4万もしないようですので洗面ボウルを交換するよりは安いです。

洗面ボウルの交換方法はどうするの?

ひび割れが大きい場合は、
ボウルを交換するしかないと思います。

その場合は水道屋さんに頼むことになりますが、
業界的には設備屋さんと言います。

~設備とか~水道とかの名前がついている会社になりますが、
少し高くなるかもしれませんが、リフォーム屋さんに頼むこともできます。

と言うのは、設備屋さんの場合は、
ハウスメーカーとかの会社を取引先にしていて、
一般のお客さん相手にしてない所も多いです。

一般のお客さんを相手にしている
町の水道屋さんだと大丈夫だと思います。

交換に際しての問題として、
同じ品番の扇面ボウルがまだ在庫があるかです。

スポンサードリンク

これがないと問題ですが、TOTO などの大手のものであれば、
品番が違っても同じ大きさで付けることができることもあります。

ただ、もうその洗面ボウルがない場合は、
けっこう問題です。

この場合は、洗面ボウルがどのようにして、
カウンターに対してついているかで変わっています。

オーバーカウンターと言って、
カウンターに洗面ボウルがのっていたり、
かぶっている場合はまだ可能性があります。

基本的に、今ついている洗面ボウルより大きいものだと
今カウンターにあいている穴より大きいものだと付きます。

ただ、その場合には穴を今より大きくしなくてはいけなので、
設備屋さんではできないので大工さんや家具屋さんに頼むようになります。

また、今よりも穴が小さいものだと、
カウンターにあいた穴が出てしまうのでダメです。

そして、問題はアンダーカウンターと言って、
カウンターに穴が空いていて、洗面ボウルがカウンターの下についている場合です。

この場合は、今のカウンターの穴に合う洗面ボウルでないと、
きれいにつかないのでダメです。

でも、そんなにピッタリとあった他の洗面ボウルがあることは、
ないと思いますので、基本的にアンダーシンクの場合は交換がむずかしいです。

どうしても場合は、カウンターごとの交換になりますので、
かなりの金額がかかり大げさになります。

洗面ボウルの交換の費用は?

洗面ボウルを交換する場合の費用について、
お伝えしたいと思います。

その場合に前項でお伝えしましたとおり、
洗面ボウルの取り付いている状態によって変わります

ただ、今の洗面ボウルと同じもの
単に交換するのであれば一番安く上がります。

つまり、洗面ボウルの価格と水道屋さんの工賃だけで、
比較的かんたんに交換ができると思います。

ただ、洗面ボウルの水栓がついている場合は、
水栓も外さなくてはいけないので少し手間がかかります。

たいていお水とお湯の混合水栓だと思いますので、
2本の配管を外してまたつなぐ事になります。

洗面ボウルの価格は、定価に対していくらで買えるのかが
ポイントですが、品番がたいていボウルの裏あたりに書いてありますので、
メーカー名と品番を確認してネットで調べてみてもと思います。

ここでの注意点ですが、たぶんネットより高い価格で言われると思いますが、
それは仕方ないことです。

水道屋さんの利益がのりますので、仕方ないと思ったほうがいいですが、
逆に自分で買って支給して工事だけではなかなかやってれる業者さんはないと思います。

工賃は、だぶん1万五千円から3万あたりだと思いますが、
業者さんによって違うと思いますし、リフォーム屋さんだと利益が乗りますので高くなります。

しかし、カウンターを交換するとか、それによってタイル工事も発生するなど
水道屋さんだけですまないようになる可能性があるとリフォーム屋さんでないとむずかしいです。

もちろん、カウンターを交換によって、
タイル工事やクロス工事が発生すると、各々のコストがかかってきます。

その費用については、もちろん大きさや仕様によって、
かなり変わりますので見積もりをもらうしかないです。

まとめ

以上、戦面ボウルにひび割れができた場合に、
どのようになるのか私の経験からお伝えしました。

お分かりのようにひび割れも程度や設置方法で
かなり大事になることもありますのでよく検討された方がいいです。

それから、よくあることに古い水栓を一回外して
もう一度つなぎなした時に、パッキンが古くなっているなどで
水漏れが発生することがあるので工事が終わったあと何日かは
下の方に水が漏れていないか確認した方がいいです。

また、洗面ボウルとカウンターとのすき間などに、
シリコンのコーキングがもともとしてあったと思いますが、
交換の時に同じように水が入らないようにしてもらうように注意してください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする