海外のコンセントでアダプターやUSBを増やす方法と100V用でも大丈夫?

最近は、海外に行くことが多くなりましたが、
その時に必ず必要なのがいろいろな機器の充電です。

昔は、髭剃り用に変換プラグさえ持っていれば
何とかなったものです。

しかし、最近は充電するものがかなり増えてきましたので、
コンセント1個とか2個とかでは少なくてかなり不自由です。

でも、今は便利グッズも増えてきて、
かなりそのような不自由さは軽減されてきました。

そこで、私がこれまでにコンセントを
どのように増やしてきたのかお伝えします。

スポンサードリンク

海外でコンセントを増やすにはどうするの?

私が、昔に海外でコンセントを使う時には、
ひげそりと携帯くらいでしたのでコンセントの差し込みの
変換プラグを持っていけばことが足りていました

しかし、今の世の中では、かなりの電化製品をもっているので、
少しのコンセントでは足りません。

海外では、ホテルなどでは2口と洗面に1口とかくらいしかなく、
全体では同時に充電できるものは少ない状況でした。

従って、一つが充電できたら差し替えて
次のものを充電すると言ったようなかなり時間のかかる作業でした。

時間のある時はいいですが、
差し替えたりするのも手間のかかることです。

一晩で充電しなくてはいけない時には、
寝てから夜中や早朝に差し替えが必要でした。

そこで一つのコンセントで、
3口に分岐でじるコンセントをとも考えましたが、
アダプターだと他の穴にかぶってしまって使えなくなってしまいます。

なので、コンセントを増やす方法としては
かんたんでいいのですが実用的ではないと思いました。

そこで、ネットで海外用のコンセントを
検索して1っ評価の高いこのコンセントを購入しました。

コメントで、抜けやすいと書いてあり少し気になっていましたが、
実際に使ってみると案の定すぐに抜けてしまいそっとしておくのが面倒でした。

とにかくゆるくて、バネがぜんぜん効いていない感じで、
差してゆっくりとコードをひっぱるとそのまま抜けてしまいます。

特に重いアダプターは、ちょっと動くと
すぐに抜けてしまうのでなかなか使いづらかったです。

ただ、軽いので重量が気になる方は、
軽くていいと思います。

海外のコンセントでアダプターやUSBなどたくさん使う方法は?

しばらく前項のコンセントを使っていましたが、
どうしても抜けやすいのとそれでもコンセントの数も不足してきました。

機器は、どんどん増えてきますし、
同時に充電しないと時間がもったいないです。

では、どれくらいの機器を充電しなくてはいけなかったかと言うと、
ざっと以下の機器の充電が必要でした。

・携帯 会社用 1台

・携帯 個人用 1台

・電池パック  1台

・レンタルwifi 1台

・レンタルwifi用電池パック 1台

・ノートパソコン  個人用 1台

・ノートパソコン 会社用  1台

・デジカメ        1台

・ウォークマン用     1台

・ひげそり         1台

だいたいこんな感じです。

これらを一度に差せるようなコンセントがあると最適ですが、
海外用の220Vなどに一度で使えるものがるか探してみました。

そうすると、いいものがありました。

日本用の差し込み口が4個と、
USBの差し込みが4個付いていました。

スポンサードリンク

さっそく買ってみましたが、
思ったより重かったですがしっかりとしたつくりの印象です。

そのあと、タイに行った時に使ってみましたが、
これまでの中で一番便利につかえました

前のように抜けやすいことはなく、
差せばしっかりと差し込めて抜ける心配はありません。

何と言っても日本のコンセントの形状のままで直接させるのは、
すごく使いやすかったです。

また、USBについてもアダプターを通さなくても
そのままコンセントについているUSBにさせるのでよかったです。

これなら、アイフォンやウォークマンように、
アダプターを持ってこなくてもこれ1台で事たります。

すこし重くて大き目なことを差し引いも、
これからの海外旅行には手放せないと思います。

海外のコンセントに日本の100Vのコンセントは使える?

私は、前項のようなコンセントを使いましたが、
日本の普通の100Vのコンセントを使ってはダメなのか

これに対しては、調べると使っている人もいるようですし
賛否両論と言ったところでしょうか?

でも、私的にはやはり使わない方がいいと思います。

もちろん220V でも大丈夫なコンセントもあるかも知れませんが、
それがすべてではないですし、もし煙が出て火事になっても怖いです。

電圧が100Vから220Vと2倍以上になるということは、
水で言えば水圧が2倍以上になったと同じことです。

つまり、2倍以上の圧力に耐えるようになっていなと、
破損することになります。

こればまだ自分がいる時にだといいですが、
いない時や寝ている時では万一の時にすぐに対応できません。

私も以前写真のいつも日本で使っていたコンセントを
まったく考えずに海外に持っていって差したと同時にボン!と言って壊れました。

火事にはなりませんでしたが、
やはりどれも使える訳ではない証拠でした。

なので、やはり100V用の通常のコンセントを
海外で使うことは止めたほうがいいと思います。

まとめ

以上、海外で使うコンセントについて
私の経験をお伝えしました。

過去の比べてほんとうに機器類が増えたので
必需品となりましたが、もっと軽くてコンパクトだといいなと思います。

また、そのようなものが出たら
是非使ってレポートしたいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする