海外のコンセントとの違いを知りたい方必見!使い方はどうするの?

海外にはじめていく人にとって、
携帯やカメラなどの充電はちゃんとできるのか心配だと思います。

確か日本の差し込みとも形が違うので、
差せないことを聞いたことがあると思いまます。

私は、年に何度か海外に行くことも多いですが、
その経験からはじめて海外に行く方へ海外のコンセントについて
お役立ち情報をお伝えしますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

海外のコンセントと日本のものとの違いは何なの?

日本のコンセントと海外にコンセントとの違いは、
二つありますのでどちらも気にする必要があります。

まず一つは、コンセントへ差し込むコンセントプラグの形状が、
日本と海外では違うことです。

なので、日本の差し込みプラグで
海外のコンセントに差し込むことはできません。

そしてもう一つは、
電圧が違いますので注意が必要です。

日本は、100V(100ボルト)ですが、
海外はもっと大きくて220~240Vくらいあります。

これは、どういうことかなかなか実感できないでしょうが、
読んで字のごとく電気の圧力が海外の方が高いと言うことです。

電気を水に例えてい以下の知れませんが、
海に潜っていくとだんだん水圧がかかりますがそんな感じです。

海の1メートルのところにいるのと、
海の2メートル深いところにいるとかなり押しつぶされ感があります。

従って、海外では電気の圧力が高い分丈夫でないと、
電気の圧力に負けてしまいます。

なので、日本の普通のコンセントを仮につないだり、
電気製品をつなぐことができたとしたら壊れてしまいます。

この、コンセントの形状が違う点と
電圧が海外の方が高い点はおよく認識しておいてください。

海外のコンセントの使い方はどうするの?

では、実際に海外でコンセントを
どのように使えばいいのでしょうか?

その方法は、やはり前項でお話ししました、
二つのことに対応する必要があります。

先ずは、コンセントプラグの差し込みの形状
海外のコンセントの形状に合わせる必要があります。

とはいっても、国によってその形状は違いますので、
それぞれに合わせる必要があります。

では、どのようにして合わせるかと言うと、
日本のコンセントの差し込みにその国にあった変換プラグをはめ込んで、
コンセントに差すようにします。

その変換プラグは、いろいろな形に対応できるように、
数種類がセットではいっているものがほとんどです。

なのでそれを買っていれば、
ほとんとの国のコンセントに合うので買っておくと便利です。

ただ、この変換プラグでは、一つのコンセントにしか差せませんので、
同時に使うものがあくさんんあると、その分買って持っていくようになるのでかさばります。

ホテルによっては、2口だけのところも多いですので、
携帯とサブバッテリーやWIFIルーターやノートパソコンを
いっぺんに充電したいとなるとかなり時間がかかってしまいます。

なので、日本でもたくさんコンセントを使う場合には、
コンセントがたくさん付いているタップコンセントをつかいますよね?

それと同じように、海外用のタップコンセントを買って持っていくと、
たくさん機器を一度に充電するのにすごく便利です。

スポンサードリンク

ただ、このあと説明しますが、
日本の普通の100V用でなく、海外用の220-250Vのものを買って下さい。

日本のものでも大丈夫だと言う人もいますが、
私は非常に危険ですのでおすすめしません。

そして補足ですがホテルによっては日本のコンセントでも差せるコンセントが
ついているところもありますが、それでも数は1~2口くらいです。

つぎに、日本より高い電圧についてですが、
これはほとんど問題になりません。

と言うのは、今の携帯やデジカメそしてノートパソコンなどは、
ほとんど海外で使える用になっています。

アダプターのあるものは写真のように小さい字で見づらいですが、
アダプターに220ー250Vと書いてあれば大丈夫です。

アダプターのないヒゲ剃りには、
本体の裏あたりに書いてありますので確認してみて下さい。

これが、かりに書いてないのに海外で使ってしまうと、
電気の圧力にまけてこわれてしまいますので注意して下さい。

ドライヤーやヘヤーアイロンなどは、
海外に対応したモデルでないと使えませんので注意して下さい。

私も一度重い思いをしてドライヤーを持って行って、
使う前に気づきましたので何も使わないで戻ってきたことがあります。

では、こうした日本の100Vの機器を使う場合には、
どのようにすればいいのでしょうか?

これは、変圧器と言って220Vの高い電圧を、
日本の100Vに変えてくれるものです。

これがあると重宝する感じがしますが、
これがけっこう値段が高くて重いのでわたしはおすすめしません。

ドライヤーは、たいてい普通のホテルではあるし、
ない場合には海外用のドライヤーを買った方が軽くてや安いです。

まとめ

以上、はじめて海外に行かれる方へ、
海外のコンセントについてお話いたしました。

私も最初のころは、
この電圧の高いコンセントがどうもにがてでした^^;

コンセントに差す時に、日本より電圧が高い分
バチッ!と音がします。

音を聞いていると怖い感じがしますが、
大丈夫ですのであわていようにして下さい。

私的には、少しかさばって重いものもありますが、
先ほどの海外でも使えるタップコンセントがおすすめです。

最近のものは、USBもついているものもありますので、
ほんとうに便利ですよ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする