おしゃれなこたつを探す方法とは?天板の種類とこたつ布団の選び方

冬になると日本人はこたつが
なつかしく恋しくなってきますね。

経済的にも暖房費が節約できて
冬に必要なものです。

しかし、従来のこたつを奥にはかっこうが悪く
おしゃれでないのでやはりおしゃれなこたつがほしいです。

そして、冬以外でも普通のテーブルとして使えるのがいいし、
その時もおしゃれなものがいいです。



インテリアの仕事をしている私が、
仕事目線でおしゃれなこたつを選ぶポイントをお伝えします。

スポンサードリンク

おしゃれなこたつを失敗しないで買う方法は?

最近は、おしゃれなこたつが昔に比べて
かなり増えてきましたし、値段もそれほど高くないです。

今人気の北欧スタイルのものまであり、
選択肢もだいぶ広がってきたと思います。

ただ、家具業者の目で見て、
この値段ではきっとあとあと問題がおきるのではと、
思えるものも結構あります

従って、事前に前知識として知っていれば
買って使ってから問題が起きることをある程度
回避できる可能性もあります。

私が仕事からこたつを買われるときに、
注意してほしいことを以下にまとめましたので
買う時に参考にして下さい。

こたつの天板の種類と注意点

こたつの一番上の板を天板といいますが、
おしゃれなこたつを探す上で天板のことを知ることは大事です。

一般的には、天板の材質としては、メラミン・突板塗装仕上げ・ムク材塗装仕上げの
3通りがおおいですが、それぞれの特徴とメリット・デメリットをお伝えします。

■メラミン樹脂

・メラミンは、木目や抽象柄を印刷したメラミン樹脂のプラスチックの板でできています。
かなり丈夫ではありますが、あくまで印刷ですので天然の木材の質感はないです。
なのでおしゃれであっても高級感はないので注意して下さい。

・価格的には一番やすいですので、見た目の木柄が気に入れば実用面を重視されるには
おすすめできると思います。

■天然木突板塗装

・天然木の突板で仕上がっているものは、木材を紙のようにうすくスライスして、
合板などに貼りつけたものです。おしゃれなこたつを探されている方には、
一番おすすめの仕上げです。

・やはり本物の天然木ですので、たとえ薄いものであっても高級感がでます。
一般てきには突板の上にウレタン塗装をしますが、UV塗装の方が傷には強いです。

・最近、塗装をしたとは思えないほど塗装を薄く塗って、ムク材風に木材の素地の
質感を出した塗装もありますが、塗装が薄いので将来的には傷がつきやすく
傷だらけになる可能性があるのであまりおすすめできません。

・やはり塗装は、厚く塗るほど丈夫です。

・突板の場合に、天板の厚み方向も突板を貼る場合と、
似た木材の厚み3~10ミリくらいの突板と似た木材を貼る場合がありますが、
やはり木材を貼る方が丈夫です。

■天然ムク材

・こちらは、天板全体が木そのものでできているので、
一番高級な仕上げになります。この上にウレタン塗装をしたものが一般的ですが、
オイル塗装と言ってオイルだけを浸み来ませて塗装する方法もあるます。

・オイル塗装の場合は、木そのものの質感が一番でますが、
傷がつきやすく、また定期的にオイルを塗るメンテエナンスが必要です。

・一枚の木ではなく、木を細かく接着してつくった
集成材で作る場合もあります。

スポンサードリンク

以上が、天板の主な種類になりますが、
突板仕上げの天板がおしゃれなこたつを選ぶ場合に、
おすすめの仕上げになります。

また、天板の色については、
床がフローリングの場合はそれに近い色が無難です。

もし、カーペットの場合は、
ドアやキッチン、食器棚、テレビボードなどと
統一感があるといいと思います。

こたつ布団の種類と選び方

次に、おしゃれなこたつを買う場合に、
こたつ布団もおおきなポイントになります。

つまり、おしゃれなこたつ布団を
見つけてこたつをいっそうおしゃれにしたいところです。

ただ、ここでこたつ布団の種類について、
少し整理したいと思います。

こたつ布団を買うと言った場合に、
こたつ布団、こたつ布団カバー、中掛け、上掛け、マルチカバーの
違いを知った方がいいかと思います。

なかなかわかりづらいですが、
特にネット販売で買う場合にそのものが何なのか?
知って買わないと、届いてみて違うことになります。

では、以下に説明したいと思ます。

■こたつ布団

・これは、一番メインのこたつにかける布団になりますが、
普通の布団でもそうですが布団をそのまま直に使うことは
あまりしないです。

■こたつ布団カバー

・上のこたつ布団ようのカバーです。おしゃれなこたつ布団を見つける場合に、
一般的な布団と同じですが、カバーをおしゃれなものを買うのがいいです。

■中掛け(毛布)

・中掛けは、こたつ布団の下にもう一枚こたつ用の毛布をいれるものですが、
特に寒いところは寒さを感じる人が使っています。

・保温力がたかまり電気代も少しでしょうが節約できると思います。

・おしゃれの観点からでは、特に見えないところなのでそれほど
デザインなど気にしないで、一番肌に触れるところですので
肌触りのよいものがいいと思います。

・もちろん冬以外の使わない時にかさばりますので保管法も
真空パックに入れるんど工夫も必要です。

■上掛け

・上掛けは、こたつ布団の上にかぶせるものです。特にお子さんのいらっしゃる方は、
食事や飲み物をこぼしたりして汚すので撥水性のものなどあります。

・おしゃれの観点から言うと、こたつ布団カバーより上に来て、
一番上にきますので、ここがダサいと台無しになりますので、
おしゃれなものを探したいところですが、もしみつからない時は、
こたつ布団カバーを2枚買って洗濯を交換してするなど工夫が必要になります。

・逆にいいますと、布団カバーがあまりおしゃれなものでなくても、
上掛けをおしゃれなものにしてこたつ布団カバーより少し大きめで買うと
安上がりになる場合があります。

■マルチカバー

・これは、上掛けと同じような使い方ですが、こたつの上掛けだけでなく、
ソファーのカバーなどこたつ以外でも多用途で使えるものです。

・上掛けと同じで、マルチカバーをおしゃれなものにして、
こたつ布団カバーにかぶせると安上がりに行きます。

<オススメのおしゃれなこたつはこちら>

まとめ

以上、おしゃれなこたつを探す場合の、
ポイントをインテリの仕事をしている立場から
アドバイスさせていただきましたので
参考にしてみて下さい。

最後に、もうひとつ、デザイン的におしゃれなこたつでも、
構造的にまたは材料的に問題があって、
脚がぐらぐらして壊れたりしますので気を付けて下さい。

特に、脚がほそくやぐらかれ出ているだけのものは、
強度的に弱いでので口コミなど事前にチェックしてから
購入した方がいいですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする