白髪染めを男性が床屋でやる時に髪が痛まない? 眉毛もやるべき?

知らぬ間に白髪が増えてきて、
気がついた時にはかなり増えていてびっくりします。

私のそのような時がありましが、
白髪がなくなる方法がないものか本気で探したものです。

しかし、そのようなものはなく、
あきらめるしかなかったです。

つまり髪を染めるしかなかったですが、
最初は自分で染めていました。

でも、うまく行かないしい時間もかかり、
まわりが汚れたりで辞めてしましました。

そして、いつも行く床屋さんで、
はじめて白髪染をしましたが、
ビックリするくらい若返りました。

そして、それから10年近く毎月白髪染めをしていますが、
その中での問題点やおすすめをお伝えします。

スポンサードリンク

白髪染めを男性が床屋でする場合の体験談

白髪染めを床屋で10年近く私がやってきた中で、
色々なことがありました。

その内容をしっていただき、
あなたがもし白髪染めをしたいと思っているなら参考にして下さい。

私の行っている床屋は、
関東の何店舗もあるチェーン店ですが、
すこしハイグレードの床屋です。

以前は、ほんとうの格安の床屋さんをずっと行っていましたが、
少し自分のセンスを高めるために今のところに行くようになりました。

やはり、少し高いところにいくと、
出来ばえにセンスが出ます。

ここで、月に一回カットと白髪染めをしていますが、
やはり1ヶ月たつと生え際の白髪がかなり目立ってきます。

生え際だけでもと、タッチアップ式の色付けの小さいブラシで
色を付けたりしています。

その床屋で、はじめて白髪染めを相談しましたが、
大丈夫そうでしたので頼むことにしました。

そして、はじめて白髪染めを体験しましたが、
それは衝撃的に感動しました。

やはり、白髪があるのとないのでは、
まったく見た感じが若返ります。

でも、急に白髪染めをしたら分かってしまって、
はずかしいのではと思う人もいると思います。

でも、かつらと違って白髪染めをして若返らせたことの方は、
笑われることでもなく、逆に素敵だと思われるはずです。

なので、大手を振って白髪染めをして、
気持ちも若返った方がいいと思いますので、
私的にはおすすめします。

スポンサードリンク

白髪染めを男性がする場合に髪は傷まない?

私が、白髪染めをはじめてしようと思った時に、
一番心配だったのは、髪が傷むのではといった心配でした。

はやり薬で髪を黒く染めるのは、
髪に負担がかかると思うしそのようなことを聞いたことがありました。

しかし、床屋の店長に聞くと、
そのお店の毛染め剤は髪にやさいいので大丈夫だと言っていました。

実際に白髪染めをしてもう10年近くになりますが、
髪が傷んできたということはなかったです。

ただ、安いお店ではやはり毛染め剤も安いものを使っていて
髪が傷むことがあるのかも知れませんが、
あなたも実際のお店でどうなのか聞いてみてはと思います。

また、途中で髪が染まるスピードが以前のものより
半分くらいなるものに変えたいと言われたことがあります。

前と基本的にはスピードが早くなるだけで
その他は変わらないとのことで試しに一回だけやりましたが、
染めた色落ちがするように感じて前のものに戻してもらったことがあります。

以上のように髪は痛まなかったのですが、
白髪染めしてから3日くらい頭がかゆくなります。

それで、染める前にかゆみどめのスプレーを無料でしてもらっていますが、
それでも少しはかゆいです。

ただ、がまんできる範囲ですし、
3日くらいたつと治るので毎月そういうものだと思って気にしていません。

白髪染めを男性がする時に眉毛もした方がいいの?

私は、今白髪染めをする時に、
別料金にはなりますが、眉毛も一緒にやってもらっています。

白髪染めは、5000円ですが、
眉毛を染めると1000円プラスされます。

正直、眉毛はけっこう早く白髪が目立つので、
お金をかけてやってももったいないと思った時もありました。

でも、眉毛を白髪染めしないともっと悲惨になり、
半月もしたら手に負えなくなります。

なので、また眉毛も白髪染めを再開しましたが、
一旦白髪染めをしてそれでも白髪がめだってきたら、
はさみで切ったり、生え際用の色付けブラシで色を付けています。

まとめ

以上、私が白髪染めをする場合の体験談を
お伝えしました。

ほんとうのところは、
白髪染めをしないで自然の状態でいるのがいいかも知れません。

ただ、白髪があるのとないのでは、
見た目はぜんぜん違いますのである程度年齢が行くまでは、
私は白髪染めをおすすめします。

やはり、外見だけでなく、
気持ちも若返りますので毎日が楽しいです♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする