髭剃りでブラウンを12年間使ったおすすめの理由とは?お手入れと歯の交換について

私の学生時代に髭剃りを買ってから
かれこれ40年近くになります。

その中で色々なメーカーの髭剃りを使ってきましたし、
今も何社かの髭剃りを持っています。

その中で、12年間もの間同じものを
使ってきた機種もあります。

それは、ブラウンですが、
12年間もの間どのように使っていたのでお伝えします。

スポンサードリンク

髭剃りでやはりブラウンすすめるわけ

かれこれ私が12年間くらい使っていたのは、
ブラウンのフレックスXP BS5611Y (5720)と言う機種でした。

当時、パナソニックから変えて始めてのブラウンでしたが、
使いはじめてまず剃っている時にジェリジェリと音がほとんどしないことでした。

私的には、音がしないということは、
それだけ切れ味がいいとうことだと思います。

それの前までは、パナソニックの普通のものだったと思いますが、
ジェリジェリと音がしていました(笑)

では、何故12年間もの間同じ種類のブラウンを使ってきたかというと、
髭剃り自体が丈夫で刃さえ変えていれば問題がなかったからです。

では、もう少し具体的に
どのようなところがよかったのかまとめてみました。

①パワフルで深ゾリができ、朝の忙しい時でも早く剃れた。

②電池も比較的持った。

③水を使いならがでも剃れた。

④しっかりとした作りで、丈夫だった。

逆に、デメリットはどうだったでしょうか?

①細かいところで剃り残しがあった。

②のどぼとけあたりは、凹凸があるので皮膚が削れるのか
血がすこしにじむ時がある。

③本体も少し重いし、アダプターも重くて旅行にアダプターを
もっていくのはちょっと無理があります。

以上、メリットとデメリットをお伝えしましたが、
今のものより少し古いので、これを元に新期買われる時は、
参考にしていただけましたら幸いです。

ブラウンの髭剃りのお手入れ方法は?

では、具体的に私がやっている
髭剃りのお手入れ方法をお伝えします。

と言ってもじつは、私は無精なので^^;
それほど多くはやりません。

私がとっている方法は、
外刃を外して付属のブラシて外刃と内刃を
ブラッシングしてヒゲの粉を取る感じです。

掃除が終わったら、ブラウンのシェーバークリーナー
吹きかけて終わりです。

これを私は、月に2回くらいしかしていません^^;
でも実際はクリーニングするとすごく切れ味もかわり
よく切れるようになります。

水でもながせますので、
フラッシングした後に水道で洗い流せます。

スポンサードリンク

ブラウンの髭剃りの刃の交換について

最後に刃の交換について同じように
まとめておくといいです。

まず、替刃ですが、
どのタイミングがいいのでしょうか?

一番わかりやすいのは、外刃のネット部分が
破れていまったときです。

この場合は、刃が直接肌にふれて
けっこう痛いので気を付けてください。

次に、そこまで行かなくても、
最近ちょっと髭が抵抗なくきれいにそれなくなったら替えます。

では、替刃はどこで買うのがいいのかというと、
ネットで買うほうが安いです。

私が、最初は大型家電ショップで買っていましたが、
ある時に値段を比べてみて気が付きました。

まとめ

以上、ブラウンの髭剃りを長年使ってきた
私の体験談をお伝えしました。

しかし、実は今はあたらしいパナソニックの
髭剃りを使っています

浮気をしてしまいましたが、
人間の欲はもっと良いものがないのか探求心がでました。

結果は、満足はしてますが、
ブラウンのよさもありました。

従ってお互いのよさも尊重して、
髭剃りを買われるのがいいと思います。

ただ、これらを教訓に
どのような選択基準があるといいのかまとめました。

①剃り残しがなくきれいに剃れる。

②肌に優しい。

③早く剃れる。

④軽い。

⑤電池が長持ちする。

⑥海外で使う時にアダプターがかるい。

⑦替刃があまり高くない。

⑧掃除がしやすい。

以上、このようなものを判断に
あたらしい髭剃りを買われるといいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする