海外旅行でコンセントから充電する注意点とは?iPhoneと変圧器について

海外旅行に行く時に、今ではけっこうたくさんの電化製品を
持っていくようになりました。

iPhoneなどのスマホ、デジカメ、ウォークマン、
iPad、ノートブック、髭剃りなど・・・

でもこれらはほとんど充電して使いますので
現地にコンセントに差して使うようになります。

しかし、日本は100V ですが、
海外では220Vとか電圧が高いところばかりです。

そのまま使うと壊れてしまいようですし、
まして、つないで爆発なんかしたら怖いですよね^^;

では、実際に日本の家電製品を海外で充電しららどうなるのか?
海外に行くことが多い私が解説させていただきます。

スポンサードリンク

海外旅行でコンセントから充電する時に注意する事は

海外旅行に行く時に持っていく電化製品を
実際にコンセントにさしてもいいのでしょうか?

端的に言えば、充電器を使って充電しなくては行けないものは、
ほとんど海外でも大丈夫です。

ただ、何でも対応している訳ではないので、
アダプターに書いてある対応電圧を必ず調べて下さい。

写真のように110V~240Vのように書いてあれば大丈夫ですが、
110Vしか書いてないとほんとうにこわれますので注意して下さい。

たた、日本に差し込み口の形と
海外のものは合わないので変換プラグが必要です。

これ忘れると悲惨な事になりますので、
必ず買って言って下さいね。

もちろんアダプターも日本と同じように必要ですので
かならず持っていって下さい。

ただ、それが必要にない場合があります。

それは、海外でも使えるタップ
持って行ってつかうばあいです。

それには、2口のコンセントが何個か付いていて、
USBも何個か付いているものがあります。

そして、タップの電源の差し込みに
海外の色々な国につかえるプラグもついているので
ほとんどの世界中で使えます。

これは、色々な充電をしたい場合に
ほんとうに便利です。

ホテルでは、コンセントが1つとか2つくらいしかなく、
代るがわるに充電しなくてはいけなく時間もかかるし面倒です。

海外旅行でコンセントからiPhoneを充電する方法は?

海外旅行に行く時に、
iPhoneを持っていく人も多いと思います。

では、iPhoneは充電するかというと、
他のものと同じように100V~240Vまで大丈夫です。

なので白いアダプターに、
海外にコンセントに差す変換プラグを差せば大丈夫です。

または、さきほどのタップのUSBコンセントに
直接差しても大丈夫です。

スポンサードリンク

海外旅行でコンセントを使う時に変圧器が必要な時は?

海外旅行に行って心配なのに
どの家電がダメなのか分からないことです。

一般的には、アダプターのついているものは
写真のように100Vー240Vと表記いしてあるので確かめて下さい。

iPhoneなどのアダプターは、
文字が小さくてうすいので見えないですが、
その場合は取扱説明書で確認して下さい。

では、どのようなものが
海外で使ってダメなのでしょうか?

それは、アダプターがなくて、
器具から直接電源コードが出ているものです。

例えば、ドライヤー、ヘヤーアイロン、扇風機、
マッサージ機などです。

ドライヤーには、海外向けのもののありますので、
それは大丈夫ですのでやはり確かめて下さい。

写真のように125Vだけしか書いてないので
240V のようなところではダメです。

そうした電気機器をどうしても使いたい時は、
変圧器を使うしかないです。

変圧器は、例えば240V を100Vに買える機器ですが、
重いのが難点で持ち運びに大変なのであまりおすすめできません。

また、使えるW数もありますので、
確認してから使って下さい。

まとめ

以上、海外旅行で電気機器を持っていく場合に、
どのように充電したらいいのかお伝えしました。

ポイントをまとめますと、
充電する場合に、その国のコンセントの差し込みの
形状があうように変換プラグを持っていくこと。

そして、電気機器にはそのまま海外でも使えるものと、
変圧器を使わないとダメなものがるので調べてから使うことです。

以上電気は危ない面がありますので、
慎重にお願い致します。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする