金沢おでんを金沢駅の黒百合で食べてガッカリ!となりの山さんへハシゴ

金沢旅行にきた時に必ず食べたいのが、
お寿司と金沢おでんです。

もちろん金沢市内のもたくさんのお寿司屋さんと
おでんが食べれるところがあります。

ただ、あまり時間がない時や、
新幹線の帰る前の空いた時間に行くのなら
金沢駅の中にあるお店が便利です。

その中で今回の久しぶりの金沢旅行で、
黒百合」に並んでやっと入りました。

しかし、思わぬことに失望して、
すぐに隣りの「山さん」に移りました。

でも、そこでもガッカリすることが・・・

スポンサードリンク

金沢おでんは金沢駅内で食べるのが便利ですが・・・

金沢に久しぶりに旅行に来ましたが、
朝に東京を出で午後1時くらいに金沢駅に着きました。

ちょうどお昼時なので、
駅中の食堂で昼食をとるようにしました。

金沢駅の中には、お寿司屋さんやラーメン屋さん、
そして金沢発のゴーゴーカレーもあります。

でも、やはりまず食べたいのは金沢おでんでしたので、
迷わず有名なおでん屋さんの「黒百合」に向かいました。

食堂街は、少しわかりづらいですが、東京側の反対の西金沢側の
あんと館のお土産売り場の奥にほどんどあります。

あじわい小路という通りに、黒百合もありますが、
着くとやはり並んでいました。

金沢駅のおでん屋で有名な黒百合に並んで入ってがっかりしました!

記帳してから椅子の最後に座るので、
立って並ばなくてよかったのは少し助かりました。

3月初旬の平日月曜日の午後1時過ぎでしたが、
25分くらい並んで名前を呼ばれて中へ入りました。

この3月は、大学生の春休みにの時期なので、
学生がかなり多いのが印象的です。

さっそくカウンターに案内されて、
いよいよ久しぶりに金沢おでんが食べれるとうれしくなりました^^v

まず、生ビールを頼んでから、
おでんを注文しよとしたのですが・・・

金沢おでんと言えば、貝や魚介類がまず食べたいので
メニューを見ながら、バイ貝、ホタテ・・・

スポンサードリンク

と、順番に頼んだらことごとく仕込中でまだ出せないと言われ、
残念ながら普通のおでんしかなくてガッカリです!

確かに、入る時に仕込中のものがあると言われたのですが、
さすがに食べたいものがことごとくなくて、
せっかく並んでまで入ったのに失望しました。

この教訓から、並ぶ前に何が今食べれないのか、
事前に聞いてから並んだ方がいいように思いました。

なので、さっさと食べて出て、となりの山さんは並んでなかったので、
もっと具があるだろうと思い山さんへ入り直しました。

黒百合を出た午後2時くらいは、さすがに黒百合も
並んでなくてすぐに入れる状態でした。

また、夕方にも前を通ったのですが、
また並んでいましたので、午後2時から4時くらいが穴場の時間かも知れません。

金沢駅のもう一つのおでん屋の山さんにハシゴしました!

隣りの「山さん」は、お昼過ぎでも並んでいなかったので、
黒百合からすぐに移りました。

入ると座席はほとんど埋まっていましたが、
2人で座ってメニューを見ておでんを探しました。

そして、こんどこそバイ貝や巾着やこんにゃくなど
頼みました。

こちらは、黒百合と違ってゆっくり落ち着いた感じで、
リラックスできましたが、しばらくしておでんが来ました。

そして、それを見てちょっとびっくりでした!

と言うのは、値段の割に具が小さくて
ぼられた感じがしました^^;

バイ貝も少しで600円もしましたが、
黒百合では380円でした。

ちょっと高すぎでないかと思いますが、
味はよかったです。

黒百合より少し高級路線なのかと思いましたが、
こうしてレシートを比較するとそうでもないように思いますが、
量的には山さんの方が少ないように思いました。

まとめ

以上、金沢のおでんを食べるのに便利な、
金沢駅内のおでん屋さんを紹介しました。

お昼時間や夕方は、忙しくて並ばないと入れない黒百合ですが、
入ってもおでんが仕込中で食べたいものが食べれないことを
体験して勉強になりました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする