足立区花火大会の2017年でデートで使える裏ワザおすすめスポットは?

「夏の花火は足立から~」をテーマに、
今年も夏の花火に先人をきって足立区の花火大会が予定されています。

「関東で行ってみたい花火大会ランキングで第2位!」
さすが人気がありますが、昨年の観客は約60万人(汗)だったそうです。

花火好きな彼女にデートで誘って行きたいですが、
3~4時間も前に行って場所をとって待って、帰りも大変なのは
人混みが苦手で体の弱い彼女はたぶん無理だと思います。

私は、運よく北千住に荒川近くに親戚があり、
毎年そこで集まって花火見学パーティーを開いて満喫しています。

なので、その混雑ぶりはよく知っていますが、
たまたま昨年は親戚の都合でパーティーがありませんでした。

しかし、そこで思わぬことで何の混雑も気にすることなく
ストレスフリーで彼女にもすばらしい足立の花火を見せることができました。

その思わぬチョー穴場の足立の花火大会の
おすすめスポットをお知らせいたします。

スポンサードリンク

足立区花火大会の2017年の開催日は?

まずは、今年の足立区花火大会の開催予定日などの情報を
簡単にまとめました。

■名称:「第39回 足立の花火」

■日時:平成29年7月22日(土) 午後7時30分~8時30分
※荒天の場合は中止ですが、2年前くらいでしたか結構雨が降ってましたがやりました

■会場:荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
※打ち上げ場所は千住側(堤南)

■打上数:約1万2000発

■昨年の人出:約60万人

■特徴:明治時代に千住大橋の落成を祝って打ち上げられたのが始まりとされ、
約100年の歴史のある東京の伝統の花火大会

1017年5月で、「人気花火大会ランキング 関東4位」、
「行ってみたいランキング 関東2位」、「行ってみてよかったランキング関東3位」と、
人気があり、1時間に1万2000発あまりと高密度に凝縮された迫力のある花火大会

■関連リンク:「足立区/第39回足立の花火」

あだち観光ネット「第39回足立の花火」(外部サイトへリンク)

■問い合わせ先:一般財団法人足立区観光交流協会

電話:03-3880-5853
ファクス:03-3880-5769
E-Mail:info@kanko-adachi.jp

足立区花火大会のデートでのおすすめスポットは?

では、さっそく私がおすすめの
足立区花火大会のチョー穴場のスポットは、
ずばり”首都高速から見る!”と言う方法です。

えっ!首都高速から見ることできるの?

と、皆さん思われるでしょうが、
立派に見ることができます!

とは言っても車を止めて見ることはできませんが、
それでも昨年立派に見ることができ、
彼女もサプライズですごく喜んでもらいました^^v

これがその時に撮った写真ですが、
車のガラスに反射して見づらいのであしからずです(笑)

車は、のろのろ運転くらいでしたので、
ある程度ゆっくり見ることができました。

でも、願わくばもう少し渋滞してくれるといいので、
このブログを見た方は是非今年は実行してみて下さい。

そうして、車が渋滞してくれれば
皆さんで花火をゆっくり楽しまますので♫

では、私が通った首都高速のコースを
日中の写真を交えて説明しますので参考にして下さい。

会場近くの首都高速道路の地図を以下になりますが、
大体2キロくらい会場近くを走ることになります。

花火会場の荒川をはさんで反対側の真正面に通っているのは首都高環状線ですが、
私は首都高速6号三郷線(三郷より)から右に寄って入りました。

このように右に寄って首都高速環状線に入っていきます。

思ったより渋滞はしてなく、ノロノロ運転くらいでしたが、
左より首都高環状線に合流します。

スポンサードリンク

合流してしばらくすると、
東京メトロ千代田線鉄橋が見えてきます。

そして、常磐線や千代田線の鉄橋を過ぎて
いよいよ左手の荒川の向こう岸が花火会場になります。

千住新橋を過ぎてメインの会場になりますが、
こちらも真正面に見ることができます。

荒川の上には屋形船が何艘も浮かんで
けっこう絵になります。

地上から見るのとまた違って
ドライブしながらはいいものです♫

運転手の方は、脇見運転には気をつけてね!

そして、さらに裏ワザを発見しました!

首都高速からの花火大会ですが、
通り過ぎてこれで終わりでおいいんですが、
もっと見たいと彼女が言い出したら・・・・

大丈夫です!そういい方法がありました^^v

それは、もう一回もどってくる事が
以外と簡単にできることに気が付きました。

この首都高環状線から首都高速川口線通って、
東京外環自動車道路に抜けて、再び首都高速6号三郷線に入るコースです。

大体25キロくらいですので混み具合にもよりますが、
一周20分くらいで周回できると思います。

なので、うまく行けば3周できるかも知れませんが、
できれば最後のフィナーレに合わせたいものです。

途中にパーキングがあれば時間調整できるでしょうが、
残念ながらありません。

逆回りでしたら、首都高速川口線の東京外環自動車道近くに
川口PAがありますので可能かもしれませんが、
助手席が反対側になるのでひとりドライブに方にいいかもです。

帰りは、首都高速6号向島線を通れば、
スカイツリーも近くできれいに見れます

また、花火の前にこの首都高速6合向島線を通って、
スカイツリーを最初に見てから花火を見るのも
素敵なドライブになると思います。

まとめ

以上普通の花火大会とはちょっと違った、
首都高速から見る方法をお伝えしました。

実は、この方法は狙って昨年見たわけではなく、
偶然通りかかって見ることができたのでした。

しかし、彼女にとってはサプライズで
花火大好きだったのでほんとうに喜んでくれました^^

これは、皆さんにお伝えしなければと思ったわけです!

3時間も4時間も前に行って、帰りも人混みの中を変えることを考えると
かなりお手軽で二人っきりで過ごせる花火大会いいですよ~♪

スポンサードリンク