カメラを真上から撮影するための携帯動画用スタンドの作り方【体験談】

動画を真上から撮影したい時に、専用のスタンドを買うのはもったいなし、ちょっと大げさなので自分で簡単に安くできる方法があればその方が助かります。

そこで、100円ショップに行って、何かいいものないか物色していいものを発見しました。

さっそく買って自宅にもどって組み立ててみましたが、なかなかいい感じでできましたので紹介させていただきます。

スポンサードリンク

携帯スタンドを手作りする方法

カメラを真上から撮影するためにどのようにするのがいいのか?
ネットでリサーチしながら思案していました。

その中で、ワイヤーネットでゲート状に組み立てて、上部の水平面に携帯を置いて真上からの撮影ができるようにしたものを見つけました。

それにならって100円ショップのダイソーに行って、同じようなものがあるのか店内で探しました。

すると、同じようなネットが売っていましたが、その横に違うタイプのものがあり、もしかしてそっちの方がいいように思えて必要と思える金物を買いました。

それは、水平方向のネットと4方にポールを立てるのでポールそして、固定部品を買いました。

ネットだけは、300円でしたが、その他は100円ですので、合計で800円+税になります。

こんな感じですが、さっそく組み立ててみましたが、固定金物をポールにはさんでネットの棚に差し込んで、最後にゴムハンマーでたたいてしっかりと差し込むだけです。

私は、ゴムハンマーがなかったので、木槌を使ってゆっくりとたたいて入れました。

こんな感じでまず固定金物の上下を間違いないようにして、細い溝にちょうどはまるようになっていますので溝に合わせてポールをはさんで止めます。

スポンサードリンク

そして、棚に差し込んでいきますが最後まで入るのに固くなっているので、ゴムハンマーでたたいてしっかりと差し込みます。

同じように4本ともやって完成です!

さっそくアイフォンを棚のワイヤーの合間にレンズが来るようにして置きましたが、この高さでは4本のポールが見えてしまいました。

そこで、棚の高さを低くしないとポールが見えなくならないので、分解して固定金物を下げて付け直して、再度棚を固定しました。

そして、アイフォンを置いてみましたが今度は、見事ポールは見えなくなりましたので成功です^^v

ただ、難点は低くなった分画像が大きくなるのであまり大きなものを撮影するとはみ出したり、画面いっぱいになってしまいます。

その対策として、もっと棚の大きなものにすれば大丈夫だと思います。

また、スタンドをよく移動させる人は、キャスターをつけると簡単に移動ができます。

まとめ

以上、携帯を使って動画を真上から撮れるスタンドを自分で作ってみました。

なかなか便利に使えて重宝していますが、じゃっかん画像が大きめなのでもう少し高い位置から動画が撮影できるように、今より大きなネットの棚に替えるつもりです。

もし、真上からの撮影をされる方は、是非作ってみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする