マキタの掃除機のヘッドローラーが動かなくなりメンテナンスしました

マキタの掃除機を使っていてヘッドローラーが完全にゴミがからんで
動かなくなり、掃除するのにかなり重くて妻から直してほしいと頼まれました。

さっそく調べて見たら思っていた以上にゴミがとれなくなるくらい絡んでいましたが、
やっとの思いできれいにメンテナンスできました。

スポンサードリンク

マキタの掃除機のヘッドローラーが回らなくなって掃除が重くて大変に

マキタのCL100Dという充電式の掃除機を買って2年少し経っていますが、最近掃除するのにヘッド部分がやけに重くなり、床をかけるのにすごく力が必要になってきたと妻から言われ、直してほしいと。

男の私がかける分には力があるので正直気がつきませんでしたが、改めて使ってみると確かにヘッドの裏にある四つのローラーがまったく動かなくて、ゴミが邪魔していました。

たぶん、だんだんに固くなってきたので、ゆでガエル現象で気がつかなかったんだと思います。

さっそく調べて見ましたら、思った以上にローラーにゴミが巻き付いていました

さっそくヘッド部分を外して裏を見てみましたら、四つのローラーにかなりのゴミが絡んでいて、最初はちょっとひっぱればとれるだろうと思っていましたが、ぜんぜん指で引っ張っただけではとれませんでした。

ローラーは、中央に軸が通っていますがその軸に絡んでいるんですが、ローラーの中まで全部に渡って軸が見えないくらいしっかりと絡んでいました。

思ったより手ごわさそうなので道具を揃えながらメンテナンスを始めました。

ヘッドローラーを外してごみを掃除してメンテナンスしたらスムーズに動くようになりました

最初は、指でゴミを引っ張ってみましたがびくともしないくらい絡み付いていましたので、先のほそいものでとろうとしましたがやっぱしダメでした。

そうして一生懸命つついていたら、ポロンとローラーと軸が外れて落ちました。

外れることを知らなかったので、これはいいなと思いまず軸をローラーから外して、軸に絡んだゴミを取り除きました。やはり、軸にけっこう絡んでいたのと、軸が少し錆びていてなおさら絡んでいた感じです。

実際にローラーを外すのは、マイナスドライバーでやるのがいいですが、私はたまたま先のとがったものがありましたので、それを使って外しました。

スポンサードリンク

やっとゴミを取り除いて、今度は錆びた軸をやすりで擦って取り除きました。小さい軸なのでやすりをかけづらいので、やすりでなくて軸を持ってやすりにこするようにして錆を落としました。

そして、クレ559でもいいですが、潤滑スプレーがあればかけておいた方が錆が止まっていいと思います。私は、たまたま家にあった潤滑スプレーを使いました。

これできれいに軸がなりましたのでローラーを通してから、ヘッドにはめ込みましたが、見違えるようにローラーがスムーズに動きました。

こうして、四つのローラーすべてをなおして使ってみましたがすごく軽くなりましたので、妻も大喜びでした。

まとめ

以上、マキタの掃除機のヘッドローラーにゴミが巻き付いて動かなくなっていて、掃除が重くて大変な思いをしていましたが、
ゴミを取り除いてスムースに動くようになりました。

たぶん2年くらい何もしないでそのまま使っていたと思いますが、やなりこまめにヘッドの裏のローラーにゴミがついていたら取り除いた方がいいと思います。

また、軸が錆びていましたが、もしかしたら水が床にあってぬれた状態で掃除したのかも知れませんので、もし水でぬれた床が掃除した場合は、
ローラー部分に水がついたなら水分をとった方がいいと思ます。

スポンサードリンク