ウォークインクローゼットとクローゼットの違いは何?メリットデメリットと費用について

住宅を新築する時に、

ウォークインクローゼットにするか?
普通のクローゼットを寝室につけるか?

どちらにするのか悩まれる方も多いです。

住宅関係の仕事を長年してきてきましたので、
ウォークインクローゼットもクローゼッも
かなりの件数納品してきました。

それは、大工工事で作った費用のかからないものから
普通の寝室より広いウォークインクローゼットがある豪邸までです。

その経験から私がおすすめする方法や安くする方法まで
色々なお役立ち情報をお伝えします。

スポンサードリンク

ウォークインクローゼットとクローゼットの違いは?

まず最初にウォークインクローゼットとクローゼットの
違いは何なのか説明したいと思います。

ウォークインクローゼットは、寝室や子ども部屋等のとなりに、
衣類などを入れる部屋を別に作った部屋です。

そして、クローゼットは、寝室や子ども部屋などの部屋の中に
家具や造作で衣類などをいれる収納のことです。

大きな違いは、寝室と同じ部屋で
衣類を出し入れできるのがクローゼットです。

そして、となりの部屋に行って
衣類を出し入れするのがウォークインクローゼットです。

このウォークインクローゼットとクローゼットの
どちらかにする判断には、2つの要素があると思います。

1つは、衣類は別の部屋に収納して、寝室を何もないシンプルな部屋にして、
寝室のインテリアや空間を楽しみたい。

もう1つは、物理的にかなりの衣類などを持っているので、
寝室にクローゼットを作るだけでは収納しきれない

このような、感覚的な問題と物理的な問題と、
そのどちらの要素も含めてなどで判断するようだと思います。

もちろん、費用の問題や実際の取れる間取りの大きさも関係しますので、
それらを含めての判断に実際はなります。

ウォークインクローゼットとクローゼットのメリットデメリットは?

次に、ウォークインクローゼットとクローゼットの
メリットとデメリットについて以下のまとめてみました。

■ウォークインクローゼットの場合■

【メリット】

・寝室にクローゼットがないのでシンプルな部屋になる。

・寝室のクローゼットより広く収納がとれる。

・お手持ちのタンスなどがある場合、寝室に置くとインテリアにマッチしなく、
邪魔の場合はあるが、ウォークインクローゼットの中で入れるとすっきりとする。

・収納量が増えるので、カバンや布団、旅行バッグなど色々なものを入れることができ る。

・寝室に服やものが散らばらなくて、ウォークインクローゼットの中に入れておける。

・整理して収納するとクローゼットより取り出しやすくなる場合がある。

・ジュエリーなどの貴重品をしまえるので寝室より防犯上すぐれる。

・金庫も置くことも可能。

・寝室の寝ている所にミラーがあるのはよくないが、ウォークインクローゼットの
中の壁に全身うつるミラーを貼ると便利。

・寝室にクローゼットやタンスを置くと、地震での転倒の危険がある。

【デメリット】

・クローゼットより通路が必要になるのでスペースが必要。

・一般的には、費用も高くなる。

・結露やカビの問題がおきる場合がある。

・2畳くらいのスペースしか取れない場合は、逆に使いづらく
ものを押し込んで物入れのなる可能性がある。

■クローゼットの場合■

【メリット】

・ウォークインクローゼットよりスペースをとらない。

・費用もウォークインクローゼットより安く済むことが多い。

・他の部屋に行かなくても同じ部屋で取り出せる。

・TV収納やドレッサーなどと一体にクローゼットを作ると、インテリア的にもよくなる。

【デメリット】

・クローゼットがあまり大きくないと、衣類以外にもバッグや帽子など
入りきらなくなる可能性がある。特に旅行バッグは入らない事が多い。

・クローゼットがあるぶん寝室が狭くなる。

・姿見をそとに出せないため、扉の裏につけることが多いが見づらい。

ウォークインクローゼットとクローゼットの費用はどっちが高い?

最後に、費用のお話をしたいと思いますが、
前項でお伝えしたとおりにウォークインクローゼットの方が部屋を
新たに作る分費用は一般的にかかります。

スポンサードリンク

ただ、作り方によってクローゼットの方がかかる場合もありますで、
一概にも言えませんのでもう少し詳しく説明します。

どちらの場合でも、それを大工さんが造作で作る場合と、
メーカー品を付ける場合、そしてオーダー家具屋さんで作る場合と
大体3つのやり方がありますが、その複合もあります。

一般的に一番安くできるが、
大工さんに作ってもらう場合です。

大工さんにポリランバーやランバーコアといわれる板を使って
帆立板といって縦方向にパネルをまず立てます。

そして、横に金物を使って棚やハンガーパイプを
お施主様との打ち合わせで付けていきます。

ウォークインクローゼットの場合は、これでできあがりですが、
寝室のクローゼットの場合は、この帆立板に建具屋さんで扉を付けます

開き扉の他に、引き戸を付ける場合もありますが、
その場合は、既製品と特注でつくるばあいもあります。

中の背壁や天井はクロス仕上げになりますので、
費用的には安くなります。

この時点では、扉のつくクローゼットの方が
高く付く可能性もあります。

この大工さんの造作の場合の欠点は、
引き出しを大工さんが作れないことが多いことです。

なので、引き出しだけは既製品を買ってきて
入れるようですがなかなかうまくサイズが合えばいいですが、
大工さんに既製品をあらかじめ決めてから作ってもらうのもいいです。

もちろんオーダーで作るのもいいですが、
費用はどうしてもかかりますが、
自分の好きなサイズでできるのは価値アリです。

次に、既製品を使う場合ですが、
これにはおおきく二通りがあります。

1つは、大工さんの造作と同じように、
ハネルで作るタイプです。

例えば、南海プライウッドさんを
よく使ったりします。

費用的にはかなり安いので、
とにかく費用を抑えたい場合にはよいと思います。

もう1つが、収納家具メーカーキャビネットタイプで、
家具の箱として付くタイプです。

この利点は、もちろん引き出しもありますし、
こまかい収納に配慮されていて使いやすいです。

ただ、この費用もピンきりで安いものから
すごく高いものまでありますので予算と相談して下さい。

最後が、オーダーで作る場合ですが、
どうしても世界にあなただけのクローゼットなので
費用は高くなってしまします。

この場合も、パネル式にするのか
キャビネット式にするのかで費用はかなり違います。

でも、自分の持ち物に合わせて作ってもらえるので
ほとんど無駄なく使いやすくできます。

打ち合わせしながらオーダー家具屋さんに
図面をかいてもらって理想の形に詰めていきます。

また、仕上げによってコストがかわりますので
サンプルをみながら決めていきます。

以上、3つのやり方を説明しましたが、
これらはウォークインクローゼットでも
クローゼットでもどちらでも同じことが言えます。

つまし、ウォークインクローゼットでも
キャビネットにして扉も付けたい方もいらっしゃいます。

従って、寝室にクローゼットをつくるか、
ウォークインクローゼットに収納を作るかの違いです。

ただ、ウォークインクローゼットにした場合は、
その部屋にしたぶんの床、壁、天井の仕上げや
証明や窓がいるのでその分はとうぜん費用としてアップします。

まとめ

以上ウォークインクローゼットと
クローゼットについて私の経験をもとにお伝えしました。

もし、間取り上ウォークインクローゼットをとるスペースがあれば
ウォークインクローゼットをおすすめします。

何と言っても寝室の空間に余裕できますし、
ウォークインクローゼットの方が何かと収納できて便利です。

ただ、生活も多様化してきていますので、
ご自分の収納量をやりたいことを
限られたスペースでの妥協点を見いだされるのがいいと思います。

ウォークインクローゼットより、書斎やホビールームなど
他に部屋がほしい方も多いです。

すばらしい新しいお家ができることを
私も願っています。

スポンサードリンク