クローゼットの引き戸の修理する方法とは?調整と交換方法も教えます

自分の家の長年使ってたクローゼットの引き戸が
調子が悪かったりこわれたりして困っている方は多いと思います。

私の仕事でも建具と扱っていますので、
そのような修理の依頼とよく受けます。

そしてそれぞれに修理するのに特徴がありますので、
私の経験からどのように修理したらいいのかお伝えします。

また、修理をする前に調整でなおる場合もありますし、
逆に交換しないとダメな場合もありますので、
その方法についてもお伝えできればと思います。

スポンサードリンク

クローゼットの引き戸の修理する方法とは?

クローゼットが引き戸になっている場合は、
大きく分けて2通りの方式があります。

引き戸を動かすのに軽くするための車が、
床についている場合と上についている場合です。

下についている場合は、戸車と言いますのが、
床にVレールなどと言って床に金物のレールが埋め込まれていて
そこを引き戸の下に埋め込まれた戸車がまわって動きます。

下の戸車がある場合は、この戸車がすり減って
スムースに回転しなくなってしまうことが多いです。

なので、建具屋さんやリフォーム屋さんに電話して
交換してもらうのがいいと思います。

もちろん建てたハウスメーカーや
工務店がわかるならそこに連絡してもいいかも知れません。

いちばん安く上がるのは、ご自分のちかくに建具屋さんがあるなら
そこに相談してみるのがいいと思います。

もし、器用なかたなら建具を上に持ち上げると外れますので、
横に寝かせてみて戸車を見て回転がわるいと交換する必要があります。

だいたい釘で打ってとめてあるので、
マイナスドライバーで持ち上げると外れると思います。

戸車は、車輪の大きさと形状、そして車輪の材質によって変わりますので
ホームセンターなどに持って行って見てもらって買うのがいいと思います。

もうひとつの修理として多いのが、
上に枠が下がってきて建具が固くなって閉まりにくくなる場合です。

その場合は、引き戸の上を削るのが普通ですが、
これもご自分ではむずかしいので建具屋さんや大工さんに削ってもらう方がいいと思います。

建て付けといって、引き戸を閉めた時にすき間があかないように調整しながら
やるのが普通ですのでしろうとではむずかしいと思います。

次に、上に車が付いている場合ですが、
引き戸が吊るされた状態なので吊り戸とかハンガー戸といいます。

この場合も、そこについています車の回転が
スムースにできないことで引き戸が固くなることがあります。

その場合は交換する必要がありますが、
もしかなり古い金物ですと廃盤の金物の可能性があります。

その場合は、かなりきびしいですが、
建具屋さんやリフォーム屋さんに相談するのがいいです。

場合によってはレールごと交換になりますが、
レールの大きさが同じものがなかったり
引き戸の金物の加工があわなかったり結構めんどうになります。

クローゼットの引き戸を調整する方法は?

クローゼットの引き戸の調子が悪い時に、
金物がこわれてなくて調整で済む場合があります。

先ほどの引き戸の下に戸車がある場合では、調整タイプの戸車といって
プラスのドライバーで高さを上下できるものがあります。

スポンサードリンク

調整つきでない戸車では、
一般の方では調整がむずかしいと思います。

次に、車が上にあるタイプでは、
その車を上下できるようになっています。

車が引き戸の横から差してあるタイプでは、
プラスのドライバーで上下ができます。

車が建具の上にビスで止まっているタイプは、
平ったいスパナで車の下のナットをまわして上下できます。

脚立がないと手が届かないので
やはりプロの方にやってもらった方がいいと思いますが、
ご自分でやられる方は十分に注意してやって下さい。

あと補足ですが、上吊りタイプの引き戸で
レールの中にほこりが入ってギリギリ音がしたりします。

心地ない動きになる場合がありますのでやりづらいですが
ゴミやほこりをとって掃除をすると動きがスムースになる場合があります。

クローゼットの引き戸を交換する方法は?

引き戸が壊れてしまって修理や調整では
なおらない場合は交換するしかないです。

では具体的にどのような場合に、
引き戸を交換することが多いでしょうか?

・表面が傷なったり穴があいた。
・引き戸が反ってしまい引き戸同士がこすれる。
・金物が壊れて廃盤のため、金物を変える時に引き戸も変える。
・単純に今の引き戸の色やデザインを変えたい。

などいろいろな動機があると思います。

交換する時のポイントは、
今の引き戸を同じ仕上げにできるかが問題です。

なので引き戸がどのような材料が使ってあって、
どのような仕上げになっているかです。

例えば、白い平らな単純な板の引き戸であれば、
考えられる材料を仕上げは以下になります。

・ポリ合板
・メラミン化粧版
・オレフィンシート貼り合板
・シナ合板やMDF下地のウレタン塗装
・同上のEP塗装

これ以外に考えられるものはありますが、
実にいろいろな種類があるのです。

さらに引き戸が木の木目が出ている引き戸であれば、
さらに種類が増えます。

いちばんやっかいなのが、
複数枚あるうちの一本を交換する場合です。

どうしても古い引き戸と同じ材料がない場合は、
古いものと並ぶと違いが出てしまいます。

自分の許容範囲ならいいですが、
どうしても気になる方もいらっしゃると思います。

その場合は、ずべて交換するしかないですが、
かなりのコストになるので覚悟がいります。

また、主にオレフィンシートなどの建材メーカーの量産品の場合には、
単品では作れない場合がありますので注意が必要です。

どうしても単品での製作は、
手加工になってしまいますので違いが出ます。

従って、なかなか交換するのが簡単でないところがありますが、
建具屋さんなどと相談して妥協点も見出して下さい。

まとめ

以上、クローゼットの引き戸の場合の
修理方法そして調整や交換方法についてもお伝えしました。

色々ご説明したようになかなか簡単ではないところがありますが、
ご予算も含めて妥協点を見つけて対処するのがいいと思います。

車の修理でもそうですが、細かい部品交換でなおるものでも、
そっくり交換しないとダメだと言われる場合もあります。

なかなか素人で判断するのがむずかしいところあると思いますが、
よく内容を確かめてなるべくコストがかからないようのやるのがコツになると思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする