クローゼットの開き戸の修理と調整方法は?ダメな場合の交換方法

クローゼットの開き戸が壊れて、
どうして修理したらいいのか困っている人も多いようです。

私も住宅関係の仕事を長年してきて、
時々そのような話を頂きます。

修理しなくてはいけないものや簡単に調整で直るものから
交換しなくてはいけないものまで様々です。

でも実際にその場面になってどうしたらいいのか?
わからない方も多いのでプロからのアドバイスとしてお伝えします。

スポンサードリンク

クローゼットの開き戸がこわれた時の修理はどうするの?

クローゼットの開き戸がこわれる時にいちばん多いのが、
ヒンジとか丁番という開き戸が開閉するところの金物です。
ちょうつがいとか蝶番とも言います。

開き戸を開いたり閉じたりするたびに
その金物に負担がかかるのでこわれる場合があります。

特に昔のヒンジは、こわれやすいものごおおく、
だいたいお決まりのメーカーのものが壊れます。

この場合は、ヒンジを交換すればいいのですが、
1枚の開き戸には2個以上付いています。

かなり昔のものなので、同じものはない可能性が
大きいのでその扉のヒンジをすべて交換する必要があります。

交換は、建具屋さんやオーダー家具屋さんなどで対応してくれると思いますが、
金物を外してもって行ってみてもらう方が安く上がると思います。

写真も何枚か撮って見せるとよいと思います。

その他で開き戸を修理する場合は、
マグネットキャッチなどが壊れる場合です。

マグネットとか扉が閉まった時にぴったりと止まるようにする
金物が付いてますがそれが壊れる事があります。

昔の場合は、ローラータイプのキャッチが
付いている場合もあります。

どちらも似たものはあると思いますので
交換すれば大丈夫です。

これまでは、開き戸の金物が壊れた場合でしたが、
開き戸がこわれる場合もあります。

例えば、割れたり穴が開いたり、
金物から外れたりする事があります。

扉の破損は、程度によって補修はできますが、
あまりにもひどいと交換するようになります。

金物がこわれてなくて金物から外れた場合は、
ビスが効かなくなっている可能性がありますので、
ビス穴を埋め木してからすこし太めのビスで止めるなどするのがよいです。

スポンサードリンク

また、これとは逆で開き戸ではなくて、
箱や壁側の枠の方の、ヒンジの金物が外れる場合があります。

この場合も埋め木などして穴を埋めてから
再度つけると大丈夫です。

クローゼットの開き戸の調整方法はどうするの?

クローゼットの開き戸が
うまく開かない場合に調整で直る場合もあります。

クローゼットの開き戸は、
ほとんどの場合スライドヒンジと言う金物で付いています。

もしその金物であれば、
ドライバーで調整できますがなかり昔のものだと、
できないものもあります。

また、むかしのタイプのスライドヒンジは、
調整がしづらくて、なかなか素人ではむずかしいです。

比較的最近のものだと写真のように、
簡単に高さ、前後、左右の扉の調整ができます。

ある程度コツはありますが、
自分でもできると思います。

よくあるのが、観音開きの左右の扉が
すこし垂れてきて、開き戸を開けようとすると、
上の方があたってしまうことです。

この場合も調整でほとんど直ると思いますが、
扉が反っていたり捻れている場合は、すこしだといいですが、
ひどいと交換しないとダメな場合もあります。

クローゼットの開き戸を交換する方法は?

最後に、クローゼットの開き戸を
交換する方法をおつたえします。

基本的には、近くの建具屋さんやオーダー家具屋さん
相談するのが一番安いと思います。

ただ、既製品の開き戸の場合に、
どこのものなのか分からない場合が多いので
建具屋さんも分からなくてできない場合もあります。

特に、マンションの建具
そのマンションだけの色やシートで作っている場合は、
手に入らない場合があるのである程度の妥協が必要です。

また、大手の建材メーカーで作った開き戸は、
量産でつくったいるため一枚だけ作ることができない場合が多いです。

また、その場合に建具屋さんに頼む場合も、
手作りだと似たものか違うものしかできないことがおおいです。

その場合は、全部交換するのがいちばんきれいにできますが、
やはりコスとがかかってしまいます。

傷の場合は、補修屋さんで直る場合もありますので、
相談されてはと思います。

まとめ

以上、クローゼットの開き戸について、
不具合が出た場合の対処方法をお伝えしました。

開き戸の場合もほかの引き戸や折れ戸の場合と基本的には変わりませんが、
どこが問題なのかよく見極めて対処されるのがいいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする