クローゼットの折れ戸の修理する人必見!調整や交換方法【プロ目線】

クローゼットの折れ戸が調子が悪くて
修理しなくてはけなくて困っている人も多いです。

私は、長いあいだ住宅関係で働いていますので、
折れ戸の調子が悪くなって相談を受けることがけっこうあります。

その中で、修理しなっくてはいけないものや
調整でなおるものがあります。

そして、修理しきれないものは、
交換するようになります。

折れ戸のそうした問題について
プロの私からアドバイスさせていただきます。

スポンサードリンク

クローゼットの折れ戸の修理のやり方は?

クローゼットの折れ戸の具合が悪くなった時
どのようなことをしたらいいのかお伝えします。

折れ戸は、しょうじき引き戸や開き戸の比べて
こわれやすく一番相談を受けます

それは、引き戸や開き戸にくらべて、
動きが複雑な分金物などに負担がくる場合があります。

それではまず、折れ戸にはどのようなものがあるのか
説明させていただき、その種類ごとに説明させていただきます。

まず、折れ戸の材質ですが大きく分けて
木製のものと金属製のものがあります。

特に金属製はマンションにおおいですが、
鋼製の折れ戸で軽く単純な構造になっているのでそれほどこわれません。

ただ、薄い鉄板でできているので、
お子さんがぶつかったりしてこわれたりします。

この鋼製の折れ戸の場合は、
古い場合は修理がかなり難しいと思います。

私の経験では同じようなサイズの既製品に交換するか、
一度枠を取って木製の折れ戸をオーダーで作るしかないと思います。

次にもう一つの折れ戸のタイプとして、
木製の折れ戸があります。

全体的には木製のものの方が多いですが、
壊れるのはやはり金物部分が多いです。

ただ、金物が古くてどこのメーカーのものか分からなかったり、
もう廃盤になっていたり、金物メーカー自体がなかったり様々です。

従って、金物を外して検討するところから始まりますが、
どこにそれを依頼するかです。

近くの建具屋さんやリフォーム屋さんまたは、
工務店さんなど考えられます。

ただ、正直なかなか過去の金物を調べてくれるところは、
面倒なためやってくれるところが少ないです。

良心的なところがあればいいのですが、
なかなかきびしいかも知れません。

スポンサードリンク

ホームページで良心的な建具屋さんを
探して相談してみるのもいいかも知れません。

クローゼットの折れ戸の調整はどうすればいいの?

クローゼットの折れ戸が調子悪い時に、
修理を頼まなくても調整で直る場合があります。

まず、調整するにあたって折れ戸に
3つのタイプがあることをお伝えします。

1つは、いちばん簡単なピポットタイプの折れ戸で,
上下にピンが出ていてそれを回転軸にして開くタイプです。

よくあるのが、上下のピンを穴の空いた金物に
刺さって止まってますが、そのビスが緩んでいる場合です。

最悪外れたりしますので危ないですが、
穴にピンを入れて動かないようにドライバーでしっかり固定します。

その他は、特に調整できるものがないので、
それ以外であれば修理か交換になる可能性があります。

次に、折れ戸がヒンジで固定されているタイプがあります。

開き戸のヒンジと同じようなものが付いていて、
折れ戸自体が左右には動きません。

この場合は、開き戸と同じようにドライバーで、
折れ戸の調整ができます。

もし、折れ戸の上の方のヒンジと反対の方に、
ローラー式の車の金物が付いている場合は、
ドライバーかスパナで高さを調整できると思います。

最後に、フリータイプと言って、
折った折れ戸がどちらにも動かせるタイプです。

この場合も、上部のローラーの金物を
ドライバーかスパナで高さを調整できると思います。

以上3つのタイプの折れ戸の調整方法をお伝えしましたが、
これでも直らないばあいは、
折れ戸が反っていたり捻れたりしている事も考えられます。

また、金物自体が壊れていたり、建築側にの天井側が下がって
きつくなったりしている事も考えられますので、
1度専門の人に見てもらって下さい。

クローセットの折れ戸を交換するにはどうするの?

クローゼットの折れ戸の修理や調整で
直らなかった場合は、折れ戸を交換するしかないです。

その場合は、1枚だけの交換はむずかしいので、
全ての交換になる可能性が大です。

また、金物も古くて交換したい場合は、
今付いているレールと同じかそれより小さいものを探すようになります。

そうしないと、枠に加工してある溝にレールが入りません。

折れ戸の方は、既製品がそのままつけられる寸法だといいですが、
中々むずかいしと思いますので、オーダーで作るようになります。

価格的には、白とかの木目のない単色のシートやポリ合板が
いちばんやすいとおもいます。

木目のシートの場合は、
同じ木目はかなり昔ならむずかいしと思います。

なので、似たもので作るようになりますので、
ある程度の妥協は必要です。

妥協で言えば、既製品にもし近い寸法のものがあれば、
不足した分、建築で壁を作ってうまくはめ込んでもらうと
やすく上がる可能性もあります。

まとめ

以上、クローゼットの折れ戸の
具合が悪くなった時の対処の方法をお伝えしました。

折れ戸は、引き戸や開き戸と比べて
動作が単純でない分壊れやすい傾向があります。

従って扱いも丁寧に扱った方が
長持ちすると思います。

◇◇◇関連記事◇◇◇

→ クローゼットの開き戸の修理と調整方法は?ダメな場合の交換方法

→ ドアの下が擦るのをなおす裏ワザとは?蝶番を調整する工具と修理方法

→ 扉のスライド蝶番を修理はまずブランドを探す!次にかぶせ寸法が大事

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする