子供がスポーツで熱中症にならいか心配な人必見!水分補給と予防法

自分の子供が野外でスポーツをはじめたら、
暑い中での運動は熱中症になりやすいので心配だと思います。

まして、最近はヒートアイランド現象や地球温暖化で
だんだん気温が上がってきてますのでなおさらです。

私も学生時代から野外のスポーツをやっていましが、
昔と今とは状況が違っています。

今の状況の中で、お子さんが熱中症にならないように、
どのように予防した方がいいのかお伝えします。

スポンサードリンク

子供がスポーツで熱中症になる原因は?

子供が暑い日にスポーツをすると、
暑さと運動によって体温が上昇します。

そうすると、血液が皮膚の方へ行って外気に熱を逃したり、
汗をかいてその蒸発熱で体温を下げようとします。

このような体温調整がうまくいっている時はいいですが、
この熱の産生と放散のバランスがくずれて体に熱がたまってしまうと、
体温が上昇していき熱中症になってしまします。

では、どうして体温調整がうまくできなくなるかと言うと、
皮膚ちかくに来た血液が、ほんらい外気に温かくなった血液から
熱を放散しますが外気が暑いとうまく放散しません。

スポンサードリンク

温かい血液がまた体内に戻ってきますので、
体温をうまく下げることができません。

また、汗をだして熱を下げるようにしますが、
汗で水分が出ていきますので水分がなくなっていきます。

このようなことから、体温をうまく下げることができなくなり、
体温があがってしまい色々な症状が出てきます。

また、子供が熱中症になる原因は、
子供の体の状態と環境そして行動の3つの要因から発生します。

つまり、子供の体の状態では、子供の年代の特徴と
その時の体の状態によって発生の要因になります。

そして、環境では、気温や湿度が高い。日差しがつよい。風がない。
エアコンがない。急に暑くなった。などの環境に要因するところです。

最後に行動ですが、これは、激しい運動、慣れない運動、
長時間のスポーツ、水分補給がしにくいなどの要因があります。

実際の熱中症の発症は、
これらの要因が複雑にからみあって起こると言えます。

子供が熱中症にならないための水分補給方法とは?

熱中症に子供がならないその他の予防法とは?

まとめ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする