子供が熱中症になりやすい体質は?色々な症状と知っておきたい予防法

だんだん暑くなってくると
子供がそとで遊んだり運動すると
熱中症にならないか心配になると思います。

最近は、地球温暖化やヒートアイランド現象で
昔より気温が高くなっているのでなおさらです。

自分の子供を熱中症から守るために、
どのようなことしたらいいのか?

我が子だけでなく他方のお役に立てるように、
まとめてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

子供が熱中症になりやすい体質とは?

熱中症に子供がなる場合にも、熱中症になりやすい体質と
なりにくい体質の子供がいるのは確かです。

ただ、その前におとなに比べて、
子供ならではの体質があるので注意して下さい。

人間が体温を調整するのには、2つの方法があります。

それは、血液を皮膚の血流を増やして外気に近づけて熱を放熱する方法と、
ご存知の汗をかいて熱を体外に出します。

しかし、子供は汗を出す汗腺が十分に発達していないので、
体温があがってくると汗をかかない分血流を急激に増加させて放熱をしようとします。

つまり、子供は汗っかきではあまりなくて、
熱しやすく冷めやすい体質と言えます。

そして、かなり暑い所にいたり運動すると、
体温の急激な上昇に対して放熱が追いつかなくなり
熱中症になってしまいます。

では、どのような子供が熱中症になりやすいのか、
以下にまとめましてので参考にして下さい。

・普段から運動をしていない子供

・肥満の子供

・厚さに慣れていない子供

・病気や体調の悪い子供

・脱水状態にある子供

・過度の衣類を着ている子供

・水分をとる事あまりしない子供

・ご飯をあまり食べない子供

・栄養不足の子供

・家に閉じこもり気味の子供

:熱中症になった子供の症状が出るの?

熱中症になった子供は、
色々な症状がでますが重大度で分類されています。

まずは、Ⅰ度と呼ばれる一番軽い症状ですが、
以下のものがあります。

子供が立ったままで暑い所にいると、
血液が下の方へ行くので脳への血流が減少します。

そうして、一過性の意識を失った状態になりますが、
それを熱失神をいいます。

これは、立くらみなどもそうですが、
子供の初期の症状としてよく見られます。

これは、子供の過度な皮膚血管の拡張と
未発達な血圧調整によるものだと言えるようです。

また、たくさんの汗をかくと、
水分以外にも電解質も出ていきます。

そのような時に、ミネラルウォーターや
塩分濃度のうすい飲み物を逆にとると血液中の塩分濃度が低下して
痛みをともなう筋肉の一部ふくらはぎなど筋肉けいれんをおこします。

スポンサードリンク

これは、よくいう”こむら返り”ですが、このような初期の熱中症の症状がでたときは、
すみやかに涼しい所で休んで、スポーツドリンクなどの水分補給をして下さい。

次の重大度のランクのⅡ度では、
熱疲労と言われる症状がでますのでさらなる注意が必要です。

それは、血液が放熱するために皮膚表面にいることに加えて、
運道することで筋肉へ血液が行くことで心臓に戻る血液が少なくなります。

それによって、心拍出量の減少によって脳や内臓への血流が減少して、
めまいや頭痛、吐き気などの全身の症状をともなうことがあります。

これが、高度の脱水と循環不全による熱疲労です。

体温は、40℃以上に上がることはないですが、
軽度の錯乱が見られることがあります。

脱水と循環不全がさらに悪化していくと、
ランクⅢの熱射病になります。

これは、発汗と皮膚血管拡張ができなくなり、
体温が40℃以上に上昇し、脳を含む脳などの機能の障害や
体温調整不全、意識障害までに至ります。

この熱射病の状態になると非常に危険ですので、
この前の熱疲労の状態での対策が必要です。

熱中症に子供がならないための予防方法は?

自分の子供が熱中症にならないために、
必要なのいうまでもなくこまめな水分補給です。

ただ、ここで重要なのが、
子供にこまめに水分補給をする習慣づけをすることです。

おとなにとっては当たり前の、のどが渇いたら水分を補給するということは
子供にとってはあたりまえのことではないのです。

なので、のどが渇いたら自由に水分補給をしていいことを
まず教えることから初めて下さい。

子供が大量の汗をかくような活動をする時に、
自分で水分補給ができるまでは、水分補給タイムをもうけたりして、
適切な水分補給ができるように教えてあげてください。

また、子供を十分に観察して、
顔が赤くかなり汗をかいている時は、
深部体温がかな上昇している可能性があります。

そのような時は、涼しいところで
水分補給をしながら十分な休息をして下さい。

また、子供の熱中症を防ぐこととして日頃気を付けることとして、
適度の外で遊ぶことをすすめて暑さに慣れさせることもだいじです。

そして、子供は自分で洋服を選ぶことはできませんので、
熱を放散しやすい適切な服装を選択して、
環境にあわせて服を着脱できるように適切に教えてあげて下さい。

まとめ

以上子供の熱中症についてまとめましたが、
子供特有の体質を理解していただけましたでしょうか?

暑さを避けることも必要ですが、
暑さに慣れることも大事です。

家に閉じこもりがちな子供を
たまには外で遊ぶようにしてあげたいものです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする