熱中症になる温度と湿度の目安は?なった時の症状の見分け方と対策

気温が上がって暑くなると
熱中症のことが心配になります。

かなり暑い日には、必ずと言っていいほど
ニュースで熱中症の事を報じています。

私も外部での仕事が多いのでどれくらいの温度や湿度で
熱中症になるのか知りたいところです。

どのような症状がでたら熱中症になったとわかるのか、
調べてみました。

また、その時にどのような対策をすればいいのかも
大事ですので同時に参考にして下さい。

スポンサードリンク

熱中症になる時の温度と湿度の目安はどれくらい?

熱中症の発生は、毎年梅雨にはいる前の5月ころから
梅雨があけた7月下旬から8月上旬に多く発生する傾向があります。

そして、最高気温が30℃を越える日の真夏日
多い年に熱中症の死亡率も高くなります

また、夜間の最低気温が25℃以上の熱帯夜
多い年ほど熱中症の死亡数も多くなります。

しかし、冷夏の年でも熱中症の発生が
かなり報告されるています。

それはどういう時かと言いますと、
急に気温があがった時です。

例えば、7月中旬で初めて30℃を越えた日などは、
かなり熱中症の発生があります。

8月の気温が高い時はもちろんのこと、
8月下旬の残暑のきびしい日にも発生が多くなります。

熱中症は、暑さに慣れていない人や
暑さになれていない時期に多く発生します。

つまり冷夏であまり暑くない日が続いて暑さに慣れてない時では、
32℃以下でもかなりに人が熱中症になることがあります。

熱中症になる場合にもちろん気温が高い時になることは分かりますが、
気温が低くても湿度が高い場合にもなります。

また、気温だけでなく室内より
日差しがきつい方が熱中症になりやすくなります。

つまり、熱中症になる暑さを判断するには
日本のような高温多湿で蒸し暑い夏では、
気温だけでは判断できません。

湿度以外にも、気流そして太陽の照り返しや輻射熱も関係しますので、
これらを含めた指標を作って判断するほうが正確です。

そこで、特に高温環境で働く人や運動する人の
熱中症の予防対策に作らた指標が、暑さ指数(WBGT)というものです。

これは、気温と同じ℃で表しますが、普通の気温とは違いますので
気象庁の気温とは違いますので注意して下さい。

ただ、このWBGTを個人がいちいち測定するのは困難ですので、
環境省のホームページで毎日情報提供しています。

また、無料でその日のWBGTを知らせてくれる
メールの配信サービスをしていますので登録してもいいです。

統計的には、このWBGTが28℃とこえるあたりから、
熱中症の死亡率が増えはじめて、高くなるに連れて急激に増加します。

従って、28℃くらいを一種の目安にして、
外出や仕事そして運動などを計画するのがいいと思います。

熱中症になった時の症状の見分け方

次に、自分がもし熱中症になってしまったとしたら、
どのような症状が出た時だといえるのでしょうか?

熱中症は、症状の重症度の程度によって、
3つに分類されています。

まず、最初のⅠ度と言われるものは、
熱失神熱けいれんの症状です。

熱失神は、立ちくらみやめまいのことで、
脳への血流が瞬間的に不十分な時に起きます。

また、熱けいれんは、よくいうこむら返りのことで、
汗をかくことで塩分の欠乏によって起きます。

その他、手足のしびれや気分の不快もⅠ度に入りますが、
これらⅠ度の症状の時は、現場での応急処置で対応できる軽症の状態です。

次にⅡ度言われる病院に搬送を必要とする、
中程度の症状があります。

それは、熱疲労と言われる症状で、
頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感がある時です。

スポンサードリンク

特に、意識がはっきりしてないとか、体がぐったりしている、
いつもと様子がおかしい時には、Ⅱ度以上と考えていいので、
病院は行ったほうがいいです。

次に、意識がない場合は、Ⅲ度の重症になりますので、
すぐに病院に搬送するようにして下さい。

Ⅲ度の具体的な症状は、Ⅱ度の症状に加えて、
呼びかけや刺激への反応がおかしかったり、
体にガクガクと全身のけいれんがある、
まっすぐに走れなかったり歩けなかったりします。

また、高体温になっていて、
体を触るとかなり熱くなっていて、
このⅢ度の症状から熱射病といいます。

以上のように、症状の程度のよって3つに分類されますが、
このような典型的なものばがりではないので注意が必要です。

つまり、熱中症は、梅雨の合間の突然気温が上昇した時や、
梅雨があけた後の蒸し暑い日など、体が暑さになれていない時に
起こりやすいとこも念頭に考える必要があります。

従って、以下の症状がある時は、
熱中症のⅡ度以上と考えたほうがいいです。

・高い体温

・顔が赤い、触ると熱い、汗をかかない乾いた皮膚

・ズキンズキンとする頭痛

・めまいや吐き気

・呼びかけに反応がなかったり、応答がおかしいなどの意識の障害

熱中症になった時の対策は?

次に、もし熱中症になった場合に、
どのような対策をするかまとめました。

熱中症は、そのまま放置すると死に至ることもあるので、
すぐに対処することが必要です。

もし、前項のような症状がある場合には、
まず意識があるかどうかを確認して下さい。

そして、意識がない場合はすみやかに
救急車を呼んで場所や状況を説明します。

そして、どの場合でも、
涼しい木陰やクーラーのきいた部屋へ移動します。

そして、衣類を脱がしたり、ベルトやネクタイ、下着をゆるめて
風通しをよくしたり、体からの熱の放散を助けます。

この体温の冷却は、できるだけ早く行う必要があり、
重症の人を救命できるかは以下に早く体温を下げるかにかかっています。

そのためには、露出した皮膚に水をかけて、扇風機やうちわであおいであげたり、
下着の上から水をかけてもいいです。

氷のうなど冷やすものがあれば、体表近くの太い静脈がある場所を
冷やすのが最も効果的です。

具体的にな、両首の付け根や両脇の下
太ももの付け根あたりを冷やします。

氷のうがない時は、自動販売機のペットボトルや
缶飲料をタオルなどのくるんで冷やすのもいいです。

ただし、熱冷ましシートのようなジェルタイプのシートを
貼っても効果がないので注意して下さい。

次に重要なのが、
自分で水分をとることができるかです。

もし、自力で飲めない場合は、
病院へ行ったほうがいいです。

自分で飲める場合は、
冷たいお水を飲ましてあげて下さい。

大量の汗をかいた時は、
スポーツドリンクや1リットルの水に塩を1~2g入れたものや
経口補水液を飲ませて下さい。

ただし、意識がはっきりしてないなど
自分でちゃんと飲むことができなかったり吐き気がある場合は、
無理に飲ませるのは危険ですのでやめて病院で点滴を打ってもらうようにしてください。

もし、症状があまりひどくなくて自分で水分をとれても、
症状が良くならない場合は病院へ行ってください。

症状が回復した場合でも、
すぐに動くと再発する可能性もありますので、
十分に休息して回復してから帰宅して下さい。

まとめ

以上熱中症のついてお伝えました。

熱中症は、暑い時はもちろんのこと、
急に暑くなった時など身体が暑さに慣れていな時も危険なこと。

熱中症の症状から重症度を判断して、
迅速な対応をしないと生命に関わると。

なので症状からの判断は大事になりますが、意識の状態をまずみて、
どちらにしても涼しい所へ移して体を冷やすことが優先順位です。

また、自分で水分補給ができるようでしたら、
適切な水分補給をして下さい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする