簡単な夏バテにおすすめのスタミナ料理!夏野菜や薬膳でのりきる方法

毎年の暑い夏をのりきるためには、
やはり栄養満点の食事をしっかりと食べることです。

とは言ってもこの暑い中でめんどうなものは
作る気がしないのでなるべく簡単なものがいいですよね。

ここに紹介するビルマ汁とバクテーは、
ほんとうに美味しくて栄養満点ですが作るのはかなり簡単です!

是非、試してみて下さい。

スポンサードリンク

簡単にできる夏バテを防止するスタミナ料理を紹介します

毎年暑い夏を過ぎるころに
どうしても体調がおかしくなってます

最近の暑さは、地球温暖化やヒートアイランド現象などで
むかしよりもかなり暑くなっている気がします。

なのでかなり体力を消耗しますし、逆にエアコンが効いている所との
寒暖の差も激しくてますます体調がおかしくなります。

でも、何とかこの暑さを乗り越えないといけないですが、
その時にやはり栄養満点のスタミナ料理が体を支えてくれます。

私は、東南アジアによく旅行しますが、
東南アジアの暑い気候に合う香辛料の効いたスタミナ料理は
食欲のない時でも食欲をそそり精力がつきます。

その中でよく作ったり食べたりする、
私のお気に入りの夏バテ防止の簡単スタミナ料理を紹介します。

夏バテにおすすめの食事は夏野菜いっぱいのビルマ汁

このビルマ汁を知ったのは、NHKのテレビ放送でたまたま見て
あまりにもおいしそうだったので即刻作ったのが始まりです。

ビルマ汁は、栃木県益子町の郷土料理なのですが、
その由来は、戦争でビルマにいってた人がビルマで食べたスープが忘れられなくて
再現して作ったのが始まりだそうです。

ビルマ汁は、夏野菜がたくさん入った
トマトとカレー味のスープです。

カレー味なのが食欲をそそり
私は、つい食べ過ぎるくらい食べてしまいます。

子供たちも喜んで食べていますが、
小さいお子さんには鷹の爪は少しの方がいいと思います。

益子の町の人たちも家によって作り方が違うように
自分の家用のアレンジをして作ってもいいと思います。

では、かんたんに作り方を紹介します。

①夏野菜をカットして豚肉と鍋に入れます

・使う野菜は、なす、いんげん、じゃがいも、ニンジン、玉ねぎなど好きなものを入れて下さい。
・私は、さらにニンニク、しょうが、みょうがを細かくカットして入れます。
・豚肉も一口大にカットして入れます。

②鍋に水を入れ、さらにサラダ油、塩、和風だし、鷹の爪を入れて水から煮込む

・水はひたひたに入れます。
・鷹の爪は好みによって調整して下さい。

③野菜がやわらかくなってきたらトマトとカレー粉を入れます

・あくがでたら取って下さい。
・トマトは、完熟したものを一口大くらいにちぎって入れる。

④野菜から水分がでるので塩で味を調える

スポンサードリンク

以上になりますが、基本的に鍋に野菜をぶっこんで
煮ればできる感じでほんとうに簡単ですよ!

夏バテにおすすめの食事第二弾は、薬膳いっぱいのバクテー

次に紹介するのがバクテーです。

漢字で書くと「肉骨茶」とかきますが、
いっけん中国か台湾料理のように見えますがマレーシアやシンガポールの
ローカルフードで地元の漁師さんが朝に食べる料理だそうです。

十種類以上の薬膳が入った薬膳スープですが、
スタミナ満点で豚肉のコラーゲンをあり美容にもいいと思います。

このバクテーを私が知ったのは、
マレーシアのクアラルンプールに住んでる日本人の知り合いに
食べさせていただいたのが最初です。

始めて食べた時のあまりにも美味しくて、
日本に帰ってもその味がわせすれられすに
東京でバクテーを食べさせてくれるお店をさがして何件か食べ歩きました。

自分で作る場合もかんたんで、
日本にもバクテーの素が手に入るので
スープから作らなくていいのでかんたんにできます。

では、作り方を以下に教えます。

①鍋にスペアリブ、にんにく、バクテーの素をいれて40分くらい煮込みます

・スペアリブは、事前に下ゆでしてあくをとっておくといいです。
・玉ねぎ、大根、いんげんなど好きなものを入れてもいいです。
・あくを取って下さい。

②好みでナンプラーを入れて調整して下さい

以上です。

簡単ですが、ナンプラーの素は、
kALDIのものがおすすめですが、他にもアマゾンや楽天でも手に入りますので
色々試してみて下さい。

まとめ

以上、夏バテの防止におすすめの
簡単にできるスタミナ料理を紹介しました。

是非ためしてみてほしいですが、
どちらも温まりますので寒い冬でもおすすめです。

栄養満点な料理を食べて夏バテ知らずの体になって、
暑い夏を乗り越えて下さい!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする