耳鳴りに効く漢方の種類は?効果のある食べ物を使って改善する方法

耳鳴りが聞こえる人が
最近かなり増えていると聞きます。

そして、その年齢もだんだん若年化していて、
特に若い女性も増加しているようです。

耳鳴の原因は、ストレスによって起こることが、
かなり増えて来ていると言われています。

と、言う私も実はかなり耳鳴りがひどくて、
絶えず蝉が鳴いているような音が聞こえます。

その私が、耳鳴りを自分で治すために、
色々調べた事をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

耳鳴に効く漢方の種類は?

漢方では、耳鳴りは腎機能の低下が関係していると見られているので、
それに効くものがいいとされています。

その腎機能の低下を防ぐものとして、
くるみ、黒豆、栗、ユキノシタ、サンシュの実などが
よいとされています。

これらを積極的に食べながら、
ストレスをためこまない暮らしをして下さい。

あまり深刻に考えないで、規則正しいリズムで生活をして、
スポーツやレジャーで気分転換をはかるのがいいです。

耳鳴に効果のある食べ物と食べ方

それでは、具体的に耳鳴りに効果のある食べ物を
どのようにして食べるのかお伝えします。

【くるみの煎じ汁】

・くるみは、タンパク質、ビタミン、カルシウム、リン、脂質などの
栄養分が豊富に含まれているので、腎機能が弱って体力を落ちていて
耳鳴りがする人に効果的です。

・くるみの煎じ汁が特に、耳鳴りに効果的だと言われていますが、その作り方は、
くるみを割って、実の中心部にある褐色の木心を5グラム集める。そして、
水をなべに600ml入れてその中へ先ほどの木芯をいれて水が2/3なるまで、
煎じて煮込むとできあがりです。

スポンサードリンク

【黒豆と羊肉の煮物】

・黒豆は、優れた解毒作用と腎機能を高める働きがあります。また、コレステロールを取り除く働きもあ

るので耳鳴りを起こす動脈硬化も防いでくれます。

・腎機能が低下して耳鳴りのする時は、黒豆と羊肉の煮物がおすすめです。
その作り方は、黒豆半カップを8時間水に漬けてから、そのつけ汁に水を足して合計8カップくらいにし

て、豆を煮て沸騰寸前で豆が踊らない程度の弱火にして、豆が柔らかくなるまで3時間ほど煮る。そして、

500gの羊肉をゆでてアクを抜いてから、先ほどの煮た黒豆に入れて30分ほど弱火で煮る。
最後は、塩コショウで味を整えてからさらに30~40分ほど煮て完成。(4人分)

【干し栗の煮つめ汁】

・栗は、腎を補う作用があるので耳鳴りにいいと言われています。

・特に、栗の煮つめ汁が効果的で、鬼皮をむいて干した栗15gと600mlの水で半分になるまで煮ます。この汁を1日3回に分けて空腹時の飲むと、くるみと同様な効果が期待できます。

耳鳴りの人が食べては行けないものは?

以上耳鳴りに効く食べ物と作り方を
お伝えしましたが今度は、
耳鳴りに食べてはいけないものをお伝えします。

耳鳴りがなる人にとって、
食べては行けないものをお伝えします。

それは、お酒、カニ、エビ、香辛料です。

つまり、甲殻類、お酒、刺激の強いものと
言った感じでいます。

なかなか一度ではやめられないですが、
すこしづつでも改善していければいいと思います。

まとめ

以上耳鳴りに効く食べ物について
まとめさせていただきました。

なかなか解決がむずかしいと言わてている
耳鳴りですがこれらの食べ物を食べて
少しでも改善できればと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする