ソファのクッションのへたりで修理はどうする?頼む相場と方法について

長年愛用のソファーがいよいよへたってきて
お客さんが座ってみっともない感じだとイヤですよね?

このへたりをなおしたいところですが、
どれくらいかかるのか?
どこにどのように頼んだらいいのか?

よくわからないと言われる人が
多いですが、長年ソファの張り替えも
仕事で扱ってきましたのでその経験をお伝えします。

スポンサードリンク

ソファをクッションのへたりで修理する注意点とは?

ソファーのクッションのへたりは、
主に3つのことが考えられます

それは、クッションの構造によりますが、
一番多いのが座の中にあるウレタンがへたってしまっている場合です。

その場合は、中のウレタンを交換するようになります。
ウレタンも色々な固さがあるので自分の好みの固さのウレタンを
入れていもらうことができます。

もう1つのクッションの方式として、
Sバネというものがクッションになっている場合です。

このSバネはあまり丈夫でないのでへたったり壊れたりしますが、
この場合も交換になります。

格安のものだとかなりいい加減にはいったりして、
交換できないものもあります。

3つ目の方法が、バネが入っている場合ですが、
このバネがへたってしまうためです。

この場合にも、バネを交換することになりますが、
交換に手間をくいますので価格は高くなってしまいます。

このバネについては、ソファのグレードによって
品質が違ってきてもちろん粗悪なばねだと早くへたります。

以上ソファのへたりについてお伝えしましたが、
はっきり言ってこれだけかける価値があるかの問題があります。

つまり、あまり格安のソファだと
修理代の方がかかってしまうことも多々あります。

私の方でも、見積もりして金額が高くて
あきらめる方も多いです。

例えば3人がけでも5万くらいのものは、
修理代の方が高くつく場合が多いと思います。

ソファの修理の相場を見分ける方法とは?

では、実際にどれくらいの価格がかかるのか?

相場はどれくらいなのか知りたい方も
多いと思いますが、実際の相場についてお伝えします。

私は仕事の関係で椅子の張替えを
たまに依頼されます。

その場合に、外注として椅子の張替えの業者に方へ
頼みますが、その価格もまちまちです。

高いところもあれば、安いところもありますし、
できばえも業者によって腕の違いがあります。

なので頼む時は、価格面と品質面の2つを判断項目として
業者選定をしなくてはいけません。

では、どのようにして業者を
選べばいいのでしょうか?

一般の人がどのようにして
業者を選定したらいいのか?

これを見極めるのは
正直私達でも難しい問題です。

ただ、いつも頼んでいる方から言うと、
やはり実績と実際の作ったものを見て判断します。

スポンサードリンク

実績については、ホームページを見て
お客様の声や実績の内容を見て判断するしかないと思います。

その中で、一般住宅のものをやっている方が多いか、
店舗や病院など住宅以外が多いかでも判断できます。

つまり、一般の住宅を多くやっている方が、
ていねいな仕事をされますのでおすすめです。

どうしても店舗などをやっている方が、
仕事がラフで細かい仕上がりの違いが出てしまいます。

その仕上がりについては、
実際にものを見ないと判断はむずかしいです。

もしショールームがあれば
そのものを見ることもいいかも知れません。

または、椅子張り屋さんの工場に訪問できるようなら、
そこには他のお客様の仕上がったものがあると思いますので、
それを見せてもらえるといいかも知れません。

あとは、設備の整った工場の方が、
何かと色々な対応ができるので安心です。

ミシンなども厚い革でも縫えるものとか、
糸の太いものが縫えるミシンがあるとかです。

もう1つは、工場をみせてもらえたら、
その途中にものも見ることもできるし、
手際のよさを見ることも私達がやっています。

ソファの修理を実際に頼む方法とは?

では、実際に頼む時の注意点を含めて
ソファの修理の頼み方をお伝えします。

一般の方がソファーの張替えを頼む場合には、
2通りがあると思います。

一つ目は、ホームページを見て
そこに送って頼む場合です。

この場合は、配送料がかかりますが、
全国の中での選択でホームページを見て
実績のあるところに頼むことができて選択の範囲が多いので安心です。

次に、同じくホームページを見たり、
イエローページや看板などを見て、
直接椅子の張替えの工場へ頼む場合です。

この場合は、直接頼むので基本的に
自宅の近くの持ち運べる範囲になると思います。

近くであれば、引取にきてくれる業者さんのあるので
そこあたりは先方への相談です。

問題として、実際に行ってみて、
なんかあまりやってない感じで嫌な感じもあると思います。

最初は、写真などを持って行って頼めるかわからないけど、
どれくらいかかるのか?知りたので見積もりをほしいといえば
普通は大丈夫だと思います。

私の経験からでも、
ホームページはすごくて肩書もあり設備もすごいのに、
実際の行ったら一人しか行員がいなくてびっくりしたこともあります。

なので、できれば電話でもある程度金額は出ると思いますので
何軒かあたってみて金額がこなれていてよさそうな所をみつけて
実際に脚を運んでみるのが一番安心だと思います。

まとめ

以上、ソファの修理をする場合の
問題点や頼み方をお伝えしました。

頼む場合には、それが修理するに
値するかまず調べてから判断するようにして下さい。

どうして思い出のソファとかであれば
お金をある程度かけてもいいかも知れません。

できればソファがある程度いいものを買って
張替えをしながら永く使いたいものです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする