不思議な話をたくさん体験しました!身近な人の死や神社での驚き実話

私は、特に霊感が強いとかではないですが、
不思議な体験をたくさんしています。

今でも不思議に思うことばかりですが、
何がそうさせているのかはよく分かりません。

もし、興味のある方は、
私のたくさんの不思議体験をお読みください。

スポンサードリンク

不思議な話しを体験談として

私が体験した不思議なできごとは、
ほとんどが知り合い関係の死に関することで体験しています。

それは、次項でお伝えしますが、
それ以外でもたまに経験することがあります。

例えば、前に熱海に行った時に、宴会や二次会が終わって
もう夜中でしたが、ホテルの部屋の椅子に座ってのんびりしていたら、
隣の窓の内側の障子が目の前でスーッと右から左に動いたことがありました。

もちろん外のサッシの内側の障子でしたから、
風の影響を受けることはありません。

手でもとにもどして、
またなるかじっと見てましたが一度っきりでした。

いまだにまだ何故障子が動いたのか?
よくわからないままです。

それから、これは私の娘がつい最近私に話してくれたのですが、
今私の娘は、彼氏と同棲してます。

その彼のおじいさんが急に亡くなってしまい、
急だったので何か言い残していることがあるかも知れないので、
家族がイタコさんへ見てもらったそうです。

そうしたら、家のどこどこが痛んでいるので、
直した方がいいとかで、見てみるとまさにそうだったそうです。

また、息子は、彼女と付き合っていて
同棲しているようなことも言ったそうです。

そうして、確認の電話が入り、
付き合っている人がいることがばれてしまったそうです。

このような不思議なことを
体験してきたのですが、
次項では身内の死の時によく起きた不思議話をいたします。

身近な人の死での不思議な出来事

では、身近な人の死で体験した
不思議な出来事をお知らせします。

まずは、父親のお母さん、
私にとってはおばあちゃんが亡くなった時のことです。

夏の暑い日に御徒町を歩いている時に、
携帯電話もない時代でしたが公衆電話ボックスを
目にしたときに無意識に家に電話しました。

そうしたら、家にいた妻がでで、
開口一番「どうしてわかったの?」と
言ったのです。

私は、「なんで?」と答えたのですが、
妻が、今ちょうどおばあちゃんが亡くなったと
実家から電話があったそうです。

私は、家に携帯電話もない時代に、
仕事中に家に電話をかけるほど愛妻家ではないです(笑)

ほんとうに、虫の知らせというやつだと思いますが、
ほんとうに自分としても理由がわからなかったです。

次の不思議体験は、今度は妻のお母さん、
つまり妻方のおばあちゃんが亡くなった時のことです。

仕事で、徳島に出張していた時でしたが、
おばあちゃんがもう寝たきりになっているとは聞いていて、
その帰りに実家に寄ることにしました。

寄るといっても、実家は兵庫県の日本海側ですので、
徳島からはかなり離れています。

なぜそんなに離れているのに、
わざわざ実家にもどったのかは覚えていません。

ただ、実家に戻って近くの本家で寝たきりになっている
おばあちゃんの脇にいって手を握って、
私の名前を言っておばあちゃんに話しかけました。

そうすると、目に涙を浮かべてしゃべることはできませんが、
ちいさくうなずいてくれました。

それから何か月かたっておばあちゃんは、
亡くなりましたがそのお葬式できいたことにびっくりしました。

それは、おばあちゃんの意識があったのは
私があの時に私に反応してくれたあの時だけだったそうです。

スポンサードリンク

その前もその後も意識がない状態で
亡くなったとのことでした。

次の不思議な話は、
父親の末っ子の妹さんが亡くなった時でした。

ある日に、寝ていた朝方に小さい家から
白い服を着た女性が私の方へ手招きをしてる夢を見ました。

妹さんは、実家近くの本家の離れの平屋に
ひとりで暮していました。

父親は、たまに自分で作った野菜を
持って行ってあげてたようです。

そして、ある日いつものように父親が
妹さんのところへ行ったら急病で亡くなってました。

そして、あとで分かったのですが、
私が夢を見た日くらいに亡くなっていて、
まさに死んだ自分を気づいてほしいための手招きだったと確信しました。

最後にもうひとつの一番最近の
不思議な話をしたいと思います。

今度は、妻の方のお母さんの話ですが、
90歳以上で亡くなりました。

そして、葬儀の後に香典返しに
最近はやりのカタログで好きなものを選べるものが届きました。

その中で、一泊の温泉ホテルができるものが
2つ載ってました。

そこで、商品よりたまには温泉もいいと思い、
一つの箱根の温泉に決めました。

その温泉は、露天風呂が有名でしたが、
当日その露天風呂でのんびりつかりながら、
そういえばここ一回来たことがあるなぁ~と思い出しました。

そして、思い出してあることに気付いて、
お風呂の中で寒気がしまいた・・・

と、言うのは、このホテルは以前家族と親族で
おばあちゃんとたまには温泉旅行をしようと決めて、
私がここに決めて皆できたホテルでした。

全国、いや首都圏だけでも、
無数の温泉ホテルや旅館はあるのに
このホテルに来る確率を考えると恐ろしいことです。

この話には、補足があって私がいい露天風呂があるところを
探してここに決めたので、後日におばあちゃんに。
あそこの露天風呂はどうだったか聞いたのでした。

すると、なんと「露天風呂には石段を降りなくてはいけないけど、
こわくて降りれなかったと・・・」

このホテル、内湯は温泉ではなかったので、
なんとおばあちゃんのために組んだ温泉旅行なのにNGでした^^;

以上、身近の人の死に関しての
私が体験した不思議な話をお伝えしました。

ほんとうは、まだあるのですが、
今回はこの辺にしておきますので。

神社で体験した不思議に話

最後に、私が神社で経験した
不思議な話をしたいと思います。

強運神社で有名な東京日本橋近くの
小網神社というところに初詣に行きました。

そして、その中にある銭洗い弁天で
500円玉を洗い、金運のお守りと一緒に
財布に入れておきました。

そして、その2週間後くらいに、
200人くらいのパーティーがあり
そこで恒例の500円玉じゃんけん大会がありました。

そして、お察しのとおり、みごと
優勝してしまいました!

それもすべてグーで勝ってしまい、
手に持てないくらいの500円だまをゲットしました。

つまり500円だまを洗って
お守りと一緒にしておいたご利益だと思うしかない出来事でした。

これについては、以下の方でもう少し詳しく書いていますので、
宜しければのぞいてみてください。

→http://luckyhappyenjoy.net/wp-admin/post.php?post=647&action=edit

まとめ

以上、私の実際に経験した不思議な出来事を
お話ししました。

これらは、皆説明ができないようなことばかりですが、
皆さんもおなじような経験をされているかも知れません。

これは何かの意味があることなのかもしれませんが、
それ以上私としてはつっこんで考えることはしてません。

起こったことを事実と受け止め、
いつも感謝の気持ちは忘れないようにしたいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする