出石そばのおすすめのお店は?そば以外とお土産のおすすめ【地元談】

私は、出石町で生まれて高校までいました。
東京に住んで40年経ちます(^_^;)

昔は、ひなびた観光客も来ることのない城下町でしたが、
今となっては立派な観光の町になりました。

その出石に毎年帰った時は、
出石そばを食べ東京へお土産を持って帰ります。

この何十年の帰省で地元の友達にも聞いた
裏ワザ的おすすめ情報もお伝えします。

スポンサードリンク

出石そばで地元の人のおすすめのお店は?

私が小さい頃は、出石そばのお店は、
永楽」と「そば庄」さんの2軒しかなかったと思います。

なので、出石そばといえばその二店を
思い浮かべる現地の人が多いと思います。

私が毎年帰省で食べる出石そばは、
だいたい決まってます。

そば庄」、「永楽」、そして、新しいとこでは、
甚兵衛」と「一鶴」あたりで固定されています。

よしむら」は、人気なようですが、
あまり現地の人は勧めない気がします。

では、どこが1番美味しいか?と言うと、
どこもあまり変わらない気がします(笑)

私的には、やはり昔からの「永楽」と「そば庄」さんに
どちらかにほとんど行きます。

ただ、休みだったり、混んでいると
「甚兵衛」や「一鶴」に行くといった感じです。

甚兵衛」は、ミシュランにも出たようで、
地元に人にすすめられて行くようになりました。

一鶴」は、かなり新しいお店のようですが、
こちらも地元の友達からすすめられました。

結果的にはやはり、老舗的な二店が私がおすすめする出石そば屋さんなので、
はじめて出石そば食べられる方は、まずはこの二店に行かれるのが無難でいいと思います。

どこでもそうですが、元祖や老舗と新しいお店があると、
やはり古い方に行くと思います。

そして、気になるのは、甚兵衛と同じようにミシュランに載ったという
左京」ですが、今度行ってみたい気がします。

出石そば以外のおすすめのお店も紹介します

次に、出石そば以外に私がおすすめする出石の食べ物は、
ラーメンお寿司屋です。

関西の方は、ある程度食べ慣れてるかと思いますが、
東京から帰ってまず食べたいのが出石そばよりもラーメンです(笑)

あっさり系の鶏がらや豚骨醤油味、
そして大好きなもやしが入って本当に美味しんです♬

このようなラーメンをを食べられるのは、
出石の町の中にも何店かあります。

私がよく行くのは「じゃんぼ」ですが、
実家に帰省する必ずと言っていいほど通います。

町中にありますので、
歩いても行けますし、駐車場もあります。

ただ、営業時間はチェックしたほうがいいです。
「じゃんぼ」さんは日中はしまっていることも多いです。

「出石 お店の名前」で検索してみて下さい。
他の方のブログや食べログで確認できると思います。

もし、出石そば以外で食べる機会がありましたら、
ぜひ食べてみて下さい!

次に、出石そば以外におすすめなのが、
お寿司屋さんの「葵(あおい)」です。

今は、写真のような但馬の食材のメニューを貼ってなくて黒板に書いてますが、
地元の食材を美味しく安く食べさせてくれます。

人気ののどくろも安くて美味しくいただけます。

私は夜ですが、この「あおい」さんに
上京してからずっと毎年30年以上通ってます(^_^;)

地元のつまみの刺身などほか何皿か頼んで、お酒飲んで、
しめに握ってもらっても、東京の半額以下だと思います。

地元の食材に、地元のお酒はほんとうに格別です〜♬

車で観光に来て飲めないと思いますが、
気軽な親方で楽しく食べれると思います。

毎年出石に帰省すると必ず買うお土産のおすすめを紹介します。

最後に、私が出石に帰省して、
毎年買ってかえるお土産を紹介します。

絶対地元の人でしか分からないマニアックなもので、
チョーおすすめなものも紹介しますので、
機会があれば買ってみて下さい。

①出石そば

まず定番から出石そばのお土産で、
おすすめの二つのお店を紹介します。

私が毎回買うのが、「湖月堂」本店のものです。
半生と干し麺ありますが、日持ちに合わせて買うといいです。

この「湖月堂」も、大正14年創業の
かなり古い和菓子屋さんです。

おそば以外にももちろん権兵衛餅沢庵饅頭は、
むかしからある有名なお菓子ですので、
正統派の出石のおみやげとしてはおすすめです。

私的には、しょうが味の入佐煎餅が、
むかしからのなつかしくてお気に入りの煎餅です。

もう一軒出石そばのお土産のお店を紹介しますのが、
それはすこしはずれにあります「今森製麺所」です。

ここでは、最高級国内産玄そばを厳選して、工場内低温倉庫に保存しながら、
製品化する直前に自家製粉して、挽きたてのそば粉を使ってます。

もちろん自社でそばを打ち、乾燥法も独自で、そばを短くかんざし状に切って、
そばにかかる重さを極力おさえることにより、
切れ易いそばを乾燥させて作っています。

また、乾燥中のそばの劣化を防ぐために、あえて手間のかかる低温除湿乾燥により、
「挽きたて」「打ちたて」の風味を損なわぬよう仕上げています。

もちろん自家製のつゆも美味しいですの、
是非このこだわった出石そばをお土産にいかがでしょうか?

こちちらは、観光客と言うより地元の人がよく買うようですが、
たまに地元の人にここのお蕎麦を頂いたりすることもあります。

以上出石そばのどちらも、美味しいですので、
無難に喜ばれるので是非買って帰ってみて下さい。

もちろん自分家ように買って、
帰ってからよく食べてます。

はりま焼き(播磨焼き)~豊の岡工園店~

「はりま焼き」をご存知の方も多いと思いますが、
日本一のせんべいと言われるくらい美味しいせんべいです。

それがなぜ出石のお土産なのか?
と、思われる方も多いと思います。

それは、出石からくるまで10分くらいのところに、
はりま焼きの豊の岡工園店があるからです。

スポンサードリンク

ここで、「はりま焼き」などを工場直販で売っていますので、
いつもお土産を買いに行くのがお決まりになっています。

むかしはもちろん「はりま焼き」のみでしたが、
今ではたくさんの種類のせんべいや他の商品があります。

私の場合は、知り合いにももちろんですが、
会社へのお土産として買って帰りますが、
けっこう皆楽しみにしています。

この工場のお店の二階では、
ただでコーヒーやジュース、おしるこなどをのむところがあり、
また、こわれものの煎餅を食べれたり、
旅の休憩場所としてもいいです。

しかし、かなり広い敷地に工場や大きな池などあって、
煎餅だけでこれだけ儲けているのもすごいと思います。

なんせ、私が小さい頃は、おばあちゃんのぽたぽた焼きみたいな
ふうつの駄菓子でしたのでそこから大きく伸びた会社です。

どぶろく「八平達磨」

私は、これをはじめて前項で紹介しました
あおい寿司さんで飲みで驚きました!

どぶろくをのむこと自体あまりないですが、
ほんとうに美味しかったです。

このどぶろくは、おとなりの但東町で
八平だるま」の民宿もいとなむご夫婦がつくられています。

どぶろくをつくるには、もちろん許可が必要ですが、
日本の構造改革特区制度を活用して、
西日本で初めて濁酒製造免許を取得しています。

農家民宿経営されているご主人が
自ら栽培したコシヒカリを使ってしこみ、
酸味と甘みが調和したなつかしい味です。

このどぶろくを手に入れるには、
出石から福知山へぬける登尾峠方面に行く途中にある、
シルク温泉」の売店で売っています。

この「シルク温泉」もお湯がヌルヌルでお肌にさいこうですので、
温泉に入りがてらお土産に買って帰られてはと思います。

日本酒すきな方には、本当に喜んでもらえると思いますが、
体にもいいですしチョーおすすめです!

ここで一つ注意していただきたいのが、
はじめて自分用に買って帰った時にしでかしました^^;

瓶には、よく振ってからお召し上がりくださいと書いてあるのですが、
瓶をけっこうふってから栓をあけたら爆発しました(笑)

中身の半分以上が3mくらに飛び散り、
部屋がどぶろくだらけに・・・・

混ぜると振ることは、
同じではなかったです。

カレー焼き 「福ねこ屋

これは地元の人でもかなりの人が知っていない、
でも出石の住民が皆けっこうなつかしい食べ物です。

なので、出石の人に「カレー焼き」知ってる?
と私の世代の人に聞けばほとんどの人が知っていると思います。

この「カレー焼き」は、単純にいいますと、
今川焼の中にあんでなくカレーが入っていて
形も円形でなくて、金の延べ棒みたいな長い形です。

下がその外形ですが、すみませんカバンに入れていたので、
出したら少し変形してしまいました。

ほんとうは、きれいに延べ棒の形になっています。

何故このカレー焼きが出石の人にとって懐かしいかというと、
むかしは、出石中学校のそばにあり、
中学生のたまり場のようになっていました。

もちろん私もよくカレー焼きを食べましたが、
少し割ってソースをいれて食べるとほんとうに美味しかったです~♪

だから、出石の人たちは皆中学時代に、
そのカレー焼き屋さんにいっていたので懐かしい訳です。

でも、そのお店もだいぶ前に閉店してしまい、
皆あのカレー焼きをまた食べたい人が多かったと思います。

そして、ついに手を挙げてくれた人がいて、
むかしのカレー焼きを再現しています。

むかしやっていたそのお店のご主人に
聞いてアドバイスをもらいながら開店したようです。

なので出石住民にとっては願ってやまないカレー焼きだったわけですが、
まだ知名度もなくて地元でも知らない人もまだ多いと思います。

身内の話のようになってしまいましたが、
もし是非一度試してみて下さい。

手に入れるには、平日電話予約しておいて、
土曜に予約者のみ買えますので食べてみて下さい!

まとめ

以上、出石の地元出身で東京にすんでいて、
毎年帰省するときに地元の友達から聞いた情報などを
もとに出石そばやそれ以外の食べ物やお土産を紹介させていただきました。

なかなか聞けない地元の生の声は、
やはりネットや本で調べる以上の情報を聞けます。

お役に立てるかもしれませんが、
少しでも参考になったら幸いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする