夏休みの工作はイベントで!東京で宿題の自由研究を小学生におすすめ

夏休みの子供達の工作をするのに、
イベントに参加するのをおすすめします。

各地で色々なイベントをやっていると思いますので、
参加してはいかがでしょうか?

特に私がすすめる理由は、
1日でできてしまう事です!

何日もかけて作ったりするのは、
終わるようでなかなか終わらないです。

なので、何回も催促しなくていいですし、
子供達も遊びの時間が増えます(笑)

私がイベントに参加した内容を
レポートしたいと思います。

スポンサードリンク

夏休みの工作をイベントでやるには東京は何がおすすめ?

夏休み中には、全国でたくさんのイベントが、
開かれていますが、その中で私がおすすめのイベントがあります。

それは、東京駅近くの東京国際フォーラムで毎年開かれています、
ものづくり 匠の技の祭典」です。

ものづくり 匠の技の祭典 2017 HP は、こちら

このイベントでは、主に東京の職人さんの
伝統的なワザを見ることができます。

今年も行ってきましたが、
本当に職人の方の伝統的な技はすごかったです。

また、実際に参加できるブースも
たくさんあり、自分の好きなものを体験できます。

そして、入場は無料だし、工作の参加費用は
かなりや安くてうれしいです。

この体験をもとに自由研究として宿題のテーマとして
まとめて提出するのもいいと思います。

また、工作できるところもかなりありますので、
事前に予約をして行かれたらいいと思います。

そして、それを宿題の工作にすれば、
1日で工作の宿題は終わらせることができてありがたいです。

では、このイベントに行った内容を
レポートしますので参考にして下さい。

夏休みの宿題の自由研究で小学生にも最適です!

このイベントは下のように、「衣 食 住 工 」を
テーマにして、それぞれでの分野での職人の技を見せてくれてます。

「衣」は、和裁の匠

「食」は、日本調理の匠

「住」は、内装仕上げの匠

「工」は、金属加工の匠

また、それぞれの分野でのブースでは、
一般の人が参加できるようになっています。

小学生から大人の人まで、
たくさんの人が参加して各々作っていました。

また、作るだけでなく、
左官や機械加工なども体験できました。

普段では絶対経験できないことができるので、
自分で体験しながら、それをテーマにさらに調べてまとめると、
立派に自由研究になると思います。

では、具体的にどのようなものが体験できるのか
以下にまとめましたので参考にしてみて下さい。

「衣」
・ミニ帽子のブローチづくり体験

・ポケットティッシュケースづくり体験

・東(あずま)袋づくり体験

・縫製のなんでも体験

・着物素材で袋物・花づくり体験

・組紐づくり体験

・浴衣の着付け体験

・その場で刺繍して小物にできる、日本刺繍体験

・「小物入れ」づくり体験

・革製パスケース作り

・銀・真鍮のストラップづくり体験

・グルーデコ帯留づくり体験

「食」
・当日受付のみ 野菜の切り方と剥きもの体験

・果実・野菜の彫刻(カービング)体験

・たまご焼き体験

「住」
・たまご焼き体験

・関守石風文鎮づくり体験

・木工体験教室

・3D石材モザイク体験

・塗り壁体験

・光る泥団子づくり体験

・レリーフづくり体験

・ホイッスルづくり体験

・実際の瓦(S型瓦)の施工体験

・組子コースターづくり体験

・石印材、柘石材の1文字落かん印づくり体験(石のはんこ)(木のはんこ)

・椅子張り体験

・小座ぶとんづくり体験

・ウレタン小物・アクセサリーづくり体験

・からくり屏風づくり体験

・クラッキング塗装体験

・楽しい!モザイクアート体験

・予約する かわいい!掛け時計づくり体験 / きれい!ミニランプシェードづくり体験(選択制)

・堆朱はしづくり体験

・だるまの塗装体験

・コースターづくり体験

・つづみの体験

・三味線、・尺八体験

・真竹笛、篠笛体、篠笛、能管体験

「工」
・ミニアーチェリーづくり体験

・空気鉄砲づくり体験

・子どもコマ大戦

・へら絞り体験

「その他」

・友禅体験

・小さなまりのストラップづくり体験

・手拭いの絞り染体験

・多色摺り木版画の和とじづくり体験

・グラスの底に文様を彫る江戸切子体験

・ベッ甲根付けストラップづくり体験

・三味線でつくる箸、飾台の体験

・小じゃみチントン ワークショップ

・キーホルダー・ストラップづくり体験

・ブラシストラップづくり体験

スポンサードリンク

・手ぬぐい染体験

・純銀製リングづくり体験

・小ぶくさ花丸ししゅう体験

・いけばなワークショップ

以上が、2017年の体験コーナーの内容です。

こんなにたくさんの体験ができるのは、
すごく貴重だと思いませんか?

これらは、500円以下の安いものや
無料のものもあります。

また、何千円もするものもありますので、
よく調べてからやってみて下さい。

そして、注意してほしいのが、
年齢制限があることです。

制限ないものもありますが、
小学5年以上のものも多いです。

その場合は、ご両親の方が体験されてお子さんに見せながら
やれるところは一緒にやってもいいかも知れません。

写真は、「塗り壁体験」を
外人の小学生が体験した様子です。

また、「へら絞り体験」を
小学生が体験している様子です。

おとなでもびびりそうな機械で
実際に体験できるのは貴重ではないでしょうか?

夏休みの宿題の工作で木を使ったものもあります!

夏休みの宿題で工作をするのに、
やはり木材を使うものを選ぶ人も多いと思います。

その理由は、金属などにくらべて加工しやすく
ホームセンターなどで材料も安く買えるからとも言えます。

私も父親が木工関係の仕事をしていましたので、
小さい頃からノミやカンナを使って木で工作をよくやりました。

このイベントでも、
木工体験教室」がありますので是非体験してみて下さい。

詳細は以下になります。

職人と一緒に①ミニイス②プランター③本棚④スマホスタンドを作成します。
作成した商品はお持ち帰りいただけます。

出展者
全国建設労働組合総連合東京都連合会

所要時間
①②40分以上
③④20分~30分程度

参加料金無料

対象年齢
①②中学生以上
③④年齢制限なし

また、「組子コースターづくり体験」も以下のようにあります。

香りのほのかな檜材を使った「組子細工」による
コースターづくりを体験していただきます。

「麻の葉」文様と「升組」文様を予定しています。
※文様により参加料金が異なります。

ブースにお越しの際にご希望をお申し付けください。

出展者
東京建具協同組合

所要時間
15分~20分
参加料金
通常:300円
笹の葉:500円
対象年齢小学3年生以上

まとめ

以上、夏休みの宿題の工作や自由研究に
体験のあるイベントに参加するのをおすすめしました。

今回紹介しました「ものづくり 匠の技の祭典」は、
その中でも体験できる数が多くて宿題にもってこいだと思います。

また、この日本の伝統の技術やワザを
小さい時から体験されるのもいいことだと思います。

これ以外にも夏休み中には、たくさんのイベントが開催されますので、
是非お子さんと一緒に出かけられるといいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする