サッシの結露対策で枠でお困りの方必見!納まりと材料のおすすめは?

新築やリフォームでサッシの部屋側に付ける木製の枠を
決める場合にどうするのがいいのか分からない方も多いと思います。

スポンサードリンク

従って、建築側が安いからと
結露や耐久性の悪い枠を付ける可能性もあります。

無知だから言いなりにされ安い材料ですので、
しっかりとした知識で言いなりにならないようにして下さい。

スポンサードリンク

サッシの結露対策で枠はどう頼めばいいの?

※申し訳ございませんが、こちらは現在執筆直し中ため今しばらくお待ちくださいm(__)m

サッシの枠の納まりの代表的な2つの納まりとは?

まず、サッシに付け枠をつける場合には、
2通りのやり方があります。

一つは、窓の周囲すべてに枠を回す場合と
たて両サイドと上側には枠を回さないで、
クロスを巻き込んで、下のみ枠を回すやり方があります。

その下の板を善板(ぜんいた)言いますので、
その方法を善板納まりということが多いです。

では、どちらの方がいいのかですが、
私的には4方枠をまわす方がおすすめです。

その理由は、長年経つとどうしても枠がないと、
角の部分はクロスが汚れたり破れたりします。

結露に強いサッシの枠の種類は?

※申し訳ございませんが、こちらは現在執筆直し中ため今しばらくお待ちくださいm(__)m

まとめ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする